FC2ブログ

夏期休暇明けのながさき苑

尾頭橋町内会長です。8/26の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

8/26のながさき苑入口

某喫茶店で日曜日の新潟記念を検討していると、バイトのRさんより呼び出し
が入りました。ちょうど一区切りつきかけていたところでしたので、早速
ながさき苑へ突撃です。

席にスムーズに着き、今日も「三種の神器」でスタートです。夏期休暇明け、
1週間働いて久々の生ビール、堪えられません。

生ビール

枝豆

餃子

早めにつまめそうなものというマスターのご配慮でしょう。「焼売」と、

焼売

「牛スジカレー煮」を出していただきました。こちらは本日のおすすめ品の
一つ。入口のボードに書いてあった通り、暑い「夏はカレー」ですね。

牛スジカレー煮

--------

香ばしい匂いがしてきたと思ったら、「穴子の蒲焼」でした。こと匂いという
点においては、鰻の蒲焼とも遜色ありません。食べてみると、味はもちろん
鰻よりさっぱりしています。

穴子の蒲焼

小生が穴子に舌鼓を打ち始めた直後、マスターが登場。バイトのRさんもここ
で上がりということで、合流してくださいました。で、3人揃って穴子をいた
だきます。手前の穴子だけ食べかけなのは、小生がいじきたないからという
ことにしておいてください(笑)。

穴子の蒲焼3人前

そういえば、今日はRさんの相方のNさんがいらっしゃいませんね~。Nさん、
この日は早上がりだったそうです。冒頭に書いたRさんより呼び出しの件は、
Nさんの帰宅直後だったそうで、恐らくNさんの早上がりで、少し淋しくなった
からだったと小生は見ました。


せっかくの機会なので、前回のながさき苑の記事で書いていたことを実践して
みることにしました。そう、週刊競馬ブックの「PHOTOパドック」を馬術部の
Rさんに見てもらうということです。

前の記事まで書いてきた通り、小生の当週の勝負レースは新潟記念。という
ことで、セイクリッドバレー始め6頭が載ったページからRさんが選んだのは
・・・、

ナリタクリスタル と ヤマニンキングリー でした。

いやぁ、さすがです。ヤマニンはともかく、いの一番に勝ち馬のナリタです
からね~。話をお聞きしたとき、小生すでに酔っ払っていましたので、内容は
おぼろげですが、筋肉のつき方がいいとの見解でした。

この話を聞いて、早速上記2頭を1段階プラス評価。ヤマニンキングリーは、
総流しを除き、結局馬券購入対象に届きませんでしたが、ナリタクリスタル
最終的に連下筆頭に据えられたのは、まさにRさんのおかげです。

ナリタクリスタルは、前年新潟記念の勝ち馬にもかかわらず、トップハンデや
直前調教の軽さで小生も評価を下げ気味でしたから、Rさんの話がなかったら、
どうなっていたことやら・・・。

これは、今週もRさんの馬体診断が楽しみです。ちなみに、小生が当該ページ
でチェックしていたセイクリッドバレーも悪くないと言ってくれました。
こちらは、もしかしてリップサービスだったかな?

この話をしていた時点で、小生はサンライズベガやホワイトピルグリムあたり
が注目馬だったのですが、まだおぼろげだったため、見解を開陳するところ
まではいきませんでした。このあたりは、今後の課題ということにしておき
ましょう。

--------

さて、競馬のことを話しまくれば、当然ノドも乾きます。仕事は終わって
いますが、Rさんが生ビールを持ってきてくださいました。

持ってくるなりRさんが、「過去最高の出来ですよ」と自画自賛。文字にする
と、まるでどこかの厩舎談話のようですね~(笑)。ともあれ、ジョッキが凍る
ほどコキコキに冷えているし、泡の割合も絶妙で本当においしそう。飲んで
みると、ノドにしみ渡るうまさです。

コキコキに冷えた生ビール

あとは、衣がサクサクの「味噌カツ」と、

味噌カツ

「鯛の刺身」、

鯛の刺身

「フライドポテト」をいただきました。

フライドポテト

そうそう、「冷奴」もありました。醤油でなく、ラー油で食べるところが
ながさき苑風です。これ、結構いけますよ。

冷奴

飲み物も、生ビール以外に最近定番の「樽ハイアイスキャンディー」。
・・・に、メロンリキュールを入れて遊んでみました。

樽ハイアイスキャンディー メロンリキュール入り

それと、「芋焼酎ロック」に、

芋焼酎ロック

「梅酒ロック」と、まあ我ながらよく飲んだものです。

梅酒ロック

締めには、「揚げラーメン」。マスターに言わせると「お菓子感覚」です。
ちょうど、ベ○ース○ーラーメンを思い起こさせるものでした。普段の
ながさき苑ならちゃんぽん麺を使うところですが、このあたりは、マスター
のフィーリングでしょうか。

揚げラーメン

こうして、この日もながさき苑の夜は更けていったのでした。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



新潟記念祝勝会

尾頭橋町内会長です。菅首相がようやくという感じで退陣し、民主代表選は
ご存知の通り野田財務相の逆転勝利でした。小生、これまではこんな感想を
抱かないようにしてきたのですが、今回の一連の流れからはどうしてもこんな
感想しか抱けませんでした。

「誰がやっても一緒!」

さて、新潟記念の当日、早速祝勝会を行いました。実はこの日、横浜へ転勤
した馬友U氏が、帰省を兼ねて当地へ戻ってきていたのです。ということで、
久しぶりにWINS名古屋で共に勝負していた訳です。

おかげ様で小生は勝利できたのですが、馬友U氏も勝利。U氏の方はというと、
キーンランドC複勝と、新潟記念ワイド3点獲りでした。ホームグラウンド
WINS名古屋での久しぶりの再会と、U氏・小生のダブル勝利という非常に
喜ばしい結果と相成りました。


レース後17時を待って、金山駅近くの「贔屓屋」という居酒屋へ突撃しました。
ここは正直少々お高いのですが、落ち着ける店なので、競馬に勝利した日は、
よくこの店を利用させていただいています。

贔屓屋の一角

まずは、小生はいつものように生ビール、U氏は熱燗で、勝利を祝して乾杯
です。

プレミアムモルツ生ビール

ん~~、まさに勝利の美酒はうまい!! U氏も同じく、「勝利の美酒じゃ~」と
ご満悦でした。

料理は、流行りのポン酢ジュレがかかった「サーモンの炙り」やら、

サーモンの炙り

「夏野菜の天ぷら」やらを注文。こうしてみると、祝勝会といっても大して
贅沢なものは注文していませんね~。

夏野菜の天ぷら

少しだけ贅沢なのが、この「平目の刺身」あたりでしょうか。3切れほどしか
ないように見えますが、半分くらい食べたところの画像です。

平目の刺身

--------

話は少々遡りますが、この日WINS名古屋で馬友U氏と再会したのは、新潟記念
の発走10分前。小生は、締切近くにWINSへ突撃することがほとんどのため、
このタイミングはいつも通りです。

発走直前ということもあり、まずはお互いの買い目を確認することが多いの
ですが、この日もそんな流れでした。

小生の軸がサンライズベガと話すと、U氏から「エ゛ーッ」と何とも複雑な
反応が返ってきました。こういうときは、もしや・・・と思うと、果たして
U氏の本命もサンライズベガだったのです。

ただ、サンライズベガ単複での勝負まで考えていたそうですが、さすがに自重
し(笑)、これを含めた4頭ボックスのワイド馬券を見せてくれました。

すでにレースが終わっていたキーンランドCで、パドトロワ単複のうち複勝を
的中させていたため、U氏の表情には少々余裕が感じられます。

ちなみに、馬友U氏がサンライズベガに注目した理由は、パドックでの姿に
元気があったからとのこと。小生はパドックを見てもよくわからないのですが、
U氏がそうしたプラス評価を出していることは心強い限りです。

ただし、U氏が「エ゛ーッ」と反応したのには訳があって、両名の予想が一致
したときにはまずロクなことがないという実績があるからなのです。


ゲートが開いてからの様子は、小生は大体前の記事の通り。U氏はといえば、
直線残り2ハロンあたりから、「来いっ、来いっ、来いっ!」といつもの掛け声。
それはそうでしょう。本命馬サンライズベガが粘っているのですから。

結局、サンライズベガは、ナリタクリスタルに交わされながらも懸命に2着を
確保。小生は「ヨーシ、獲ったぁ!」 U氏もことのほかうれしそうな表情です。
本稿の最初に書いた通り、ワイド3点馬券を奪取していたのでした。

祝勝会のスポンサーは、馬連万馬券だっただけに、回収額で勝った小生が務め
ましたが、U氏も、この結果で通年回収率を大きく改善させました。

という経緯で、鼻息も荒く祝勝会の贔屓屋へ乗り込んだ次第です。

--------

U氏と小生の祝勝会は、テンション高く話しまくるというよりは、レースを
思い出しつつ感慨に耽るという雰囲気です。なので、傍目には淡々と飲み食い
しているように見えるかも知れません。宴の卓上はこんな感じ。

祝勝会の卓上

運のいいときはそれが続くものなのか、店で引いたスクラッチカードを削ると、
この通り。ちょっとしたグッズをもらっただけなのですが、「A賞」を引き
当てるというのは気分がいいものです。

スクラッチカードA賞

あとは、こういったものをいただき、

鰻巻き玉子

揚げチーズ餅とこんこん焼き

つくね

「小倉抹茶のシューアイス」と「チョコレートアイス」で祝勝会はお開きと
なったのでした。

小倉抹茶のシューアイスとチョコレートアイス

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

新潟記念の回顧

尾頭橋町内会長です。

昨日の新潟記念ですが、皮算用の通り勝負し、勝利を収めることができました。
当然のことながら、軸は9サンライズベガです。

新潟記念馬券1

新潟記念馬券2

この日は、いつもの通りWINS名古屋での観戦。レースは、ナリタクリスタル
好スタートを切ったところ、サンライズベガがハナに立ちました。ナリタの
位置取りはともかく、大方の、そして小生の予想通りの流れとなりました。

そして4コーナーから長い直線へ。残り400m地点でも、サンライズベガはまだ
先頭。しかし、番手を進んでいたナリタクリスタルに交わされます。大外から
も、タッチミーノットなど人気どころが襲いかかってきます。

新潟外回りだし、またいつものレースのように差し馬の餌食かと思いきや、
そこからサンライズが粘る粘る。一旦抜け出したナリタを差し返そうとするか
の如く、勝負根性を見せてくれました。

それでも小生は、いつか抜かれる、いつか抜かれると思いながら観戦していた
ため、「そのまま!」とか「残せ!」とか声援すら送れません。

結局、小生は固まったその体勢のまま、先行2騎のまさに行った行った決着を
見届けたのでした。日本ダービー(東京優駿)以来、ちょうど3ヶ月の連敗記録
がようやくストップです。

人気が割れていたので、配当はそれほど期待してはいませんでしたが、サン
ライズはもちろん、ナリタも人気落ちしていたため、新潟巧者2頭の決着にも
かかわらず、おいしい万馬券となったのでした。

--------

さて、行った行った決着だったので、当然連対馬には展開が有利に働いたこと
になります。前後半差2.7秒のSペースでしたから、これは間違いないところ
です。

ただ、通常はそれでも前が残らないのが新潟外回りなのですが・・・。事実、
2005年にヤマニンアラバスタが勝ったときはもっとスローでしたが、前は残り
ませんでした。

一つ考えられるのは、11頭立てというところ。先行2騎が絡まれなかったと
いう意味で、恐らくこの少頭数は幸いしたのでしょう。

もう一つは、これは今日になって気づいたのですが、同じ2000mの8R浦佐特別
で、やはり逃げ馬が2着に粘っていたことです。つまり、当日は逃げ馬に有利
な馬場状態になっていたのではないでしょうか?

実際、新潟記念サンライズベガは直線で馬場のほぼ中央を走っており、自身
と差し馬との馬場差を少なくすることによって、外差しを封じる効果を上げた
のではないかと考えます。ペース判断だけでなく、コース取りも含めた北村宏
騎手の好騎乗と言えるでしょう。


配当的な話でいえば、サマー2000シリーズのうち4戦が小回りコースですが、
新潟だけが異質な大回り(外回り)。ここまで小回りで速いペースのレースが
多かったので、そこで評価を落とした馬の逆襲に、ファンは虚を突かれたの
ではないでしょうか。

それにしても、トップハンデが来ない来ないと喧伝されると、あにはからんや
来てしまうとは。面白いものです。

--------

ちなみに、今年小生の期待に応えてくれた軸馬は、ほとんどが逃げ馬です。
きさらぎ賞リキサンマックス、フェブラリーSトランセンド、オークス(優駿
牝馬)ピュアブリーゼ・・・。弥生賞プレイだけが、3番手を進んだ馬でした。

言い訳をしておけば、小生は逃げ馬好きではなく、穴馬好きなのであって、
逃げ馬は穴になりやすいため、軸に取ってしまうことが多いと思っています。
って、これって立派な逃げ馬好き?

--------

[おまけ]

こちらは、WINS名古屋の夏のイベントで、万馬券的中者にプレゼントされる
「万馬券的中証明書」です。小生も、ちゃっかりいただいてまいりました。

万馬券的中証明書
(画像をクリックすると、別ウィンドウで拡大表示します)

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

小生の本命馬当てクイズ 新潟記念

尾頭橋町内会長です。先日、小生の本命馬当てクイズの記事を載せたところ、
今週もK-BARうまなりのマスターから挑戦状が届きました。

From: 元・K-BARうまなりマスター
To: 小生
Subject: 毎週送りますよ~
Message:
今週はどっちでしょうか?

札幌なら
(1)シャウトライン
(2)ショウナンカザン
(3)ガルボ

新潟なら
(1)サンライズベガ
(2)トウショウウェイヴ
(3)オペラブラーボ

でどうでしょうか?

--------

新潟記念、(1)サンライズベガで正解です!
さすがマスター。小生の先行馬好きをよくご存知ですね。

これで、通算戦績はマスターの11勝8敗となりました。
メールの題名にもあるように、「毎週送りますよ~」との心強いお言葉を
いただきましたので、来週以降の楽しみが一つ増えました。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

新潟記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎9サンライズベガ
○8プティプランセス
▲3セイクリッドバレー
以下△2,5,6です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

巷間言われるように難解なレースですが、やはり逃げ馬不在で、通常先行する
サンライズベガに期待しました。2年連続複勝圏とコース実績もあり、馬体重
も絞れたようですから、無謀な狙いではないと考えます。

あとは、スローで軽量の差し馬と考えれば、牝馬2騎は外せないでしょう。

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

8/19のながさき苑

尾頭橋町内会長です。8/19の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

8/19のながさき苑入口

信州の旅から戻ってまいりましたが、この日も小生は夏期休暇。前回に引き
続き、私服でお邪魔しました。店内に入ると、「いらっしゃいませ!!」という
バイトのRさんの動きが一瞬止まりました。

「どうしたんですか? 今日は」とRさん。ああ、そういえばバイトのお二人は
先週休みだったので、小生の私服姿は初めてなんですね。普段のお疲れ気味
のクールビズから、この日の真っ赤なポロシャツ姿は、確かに印象が違うかも。

着てるものは違いますが、「三種の神器」はいつも通りです。いつもながら、
このコキコキに冷えたジョッキを見ると、テンションはアゲアゲです。

コキコキに冷えた生ビール

枝豆

餃子

三種の神器でしばらく飲み食いしていると、続いては本日のおすすめ品、
「海鮮八宝菜」です。

海鮮八宝菜1

海鮮八宝菜と名付けるだけあって、海老やらイカやら大きなホタテ貝やら、
魚介類で一杯。7割方は魚介類で埋まっていそうな勢いで、見た目にもおいし
そうです。といいつつ、個人的な好みだけでいえば、一番好きな具材は椎茸
なのですが(笑)。

海鮮八宝菜2

--------

このあたりで頃合いとなり、マスターとバイトのRさんとNさんが合流して
くださいました。

席に着くなり、Rさんが先週の競馬の報告をしてくださいます。
「先週(のクイーンS)、単勝で勝ったんですよ!!」

お~、素晴らしい。素質馬アヴェンチュラで勝負でしたか。最終的に1番人気
だったとはいえ、単勝2.7倍だったので、なかなかの勝負師です。この馬しか
勝つように見えなかったということで、さすが馬術部で鍛えた相馬眼が物を
言ったのでしょうか。

Rさんの話では、初めて単勝馬券を購入したそうで、そのレースで勝てたのは
とてもうれしそうでした。ちなみに、同じ日の北九州記念は、馬単で負けた
そうですが。

一方、小生はと言えば、10着デルマドゥルガーを軸にして勝負でしたから、
完敗もいいところです(泣)。Rさんは、馬術部らしくパドック派のようです
から、週刊競馬ブックの「PHOTOパドック」でもお見せして、次回あたり
ご教授いただきたいものです。

このまま競馬話に進んでいきそうなのですが、さすがにバイトのNさんもいる
ので、それにどっぷりという感じにはなりませんでした。今のところ、Nさん
は競馬に縁がなさそうです。今後もこうして会食ができるようなら、マスター
とRさんと共謀して、競馬に慣れていってもらおうかな。


さてさて、マスターたちとともに登場したのは、「鮪ステーキ」です。

鮪ステーキ

本日のおすすめ品は「鮪のカルビ焼」なのですが、マスターの気分で(?)、
ここはステーキに。鉄板がステーキらしくていい味出してますね~。ソースと
絡んで、ほんの少し焦げ目のできた鮪から立ち上る、香ばしい匂いがもう
堪りません。

見た目にボリュームはありますが、そこは鮪ということで、さっぱりとした
食感も兼ね備えています。食欲増進、食欲増進。


他には、「ちゃんぽん醤油味」やら、

ちゃんぽん醤油味

「牛スジ土手煮」や「鶏の唐揚」などをいただきました。ちゃんぽんといえば、
普通は豚骨系のスープなのですが、鮪とはいえ、鉄板ステーキもあったので、
味に変化を付けるマスターの意図だったようです。

ちゃんぽん醤油味と牛スジ土手煮と鶏の唐揚

こうして、ながさき苑の夜は更けていったのでした。

ながさき苑の看板

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

小生の本命馬当てクイズ継続中。

WINS名古屋とJR中央線

尾頭橋町内会長です。台風11号と12号が、揃って日本を狙うかの如く不気味
に南海上を北上しています。先週末は多少しのぎやすくなったのですが、台風
のせいかまた蒸し暑くなりましたね~。

さて、8/21札幌記念の当日、WINS名古屋へ向かっていると、こんなメールが
届きました。

From: 元・K-BARうまなりマスター
To: 小生
Subject: 今日は札幌記念ですよね?
Message:
会長の狙い目は

(1)マカニビスティー
(2)アルトップラン
(3)アクシオン

で、どうでしょうか?

--------

今は「元」がついた、K-BARうまなりのマスターからでした。

K-BARうまなり閉店ということで、七夕賞前夜祭の日を最後に「小生の本命馬
当てクイズ」は途絶えていたのですが、実は小倉記念の週から密かに再開して
いたのです。

で、ハズレです(笑)。
小生の札幌記念の本命馬は、先日の皮算用通り、コスモネモシンでした。
同馬は惜しくも(?)4着でしたね。


札幌記念はハズレでしたが、ここまでのマスターの戦績は次の通りです。

小倉記念・・・エーシンジーライン(正解)
関屋記念・・・リザーブカード(正解)
クイーンS・・・デルマドゥルガー(正解)
札幌記念・・・マカニビスティー(ハズレ)

あっ、「正解」というのは、小生の本命馬を正解したという意味ですよ。
それにしても、クイーンSまでマスターの3連勝とはやられました。

これで、通算戦績はマスターの10勝8敗となりました。
今週末も、小生の本命馬予想を送っていただけるのでしょうか? 楽しみです。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

夏期休暇前のながさき苑

尾頭橋町内会長です。昨日の島田紳助氏の引退発表には、少々驚きました。
その筋とのメールのやり取りがあったとのことですが、そうしたメールの存在
がなぜわかったのでしょうか?

会社(吉本興業)のパソコンを使い、会社のネットワークからメールをやり取り
していたのなら、内部調査のみでもわかる可能性はあります。しかし、普通に
考えれば個人の携帯なりを使うでしょうから、内部調査をしてもメールの存在
はわかりません。恐らくはタレコミがあったのでしょう。

と思って、昨夜の記者会見内容を読み返してみると、確かに「外部の方から
情報提供」があったとのこと。やはり、タレコミがあった訳ですね。

--------

さて、8/12の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

8/12のながさき苑入口

小生は、この日夏期休暇の前日でした。解放感たっぷりにゆっくりと飲める
はずなのですが、翌日からの信州旅行準備ができていなかったため、これを
済ませてからの突撃。結局、遅い時間の突撃はいつも通りでした。

これもいつも通り「三種の神器」を。今日はデジカメも持参なので、携帯と
違いアップの画が撮りやすいです。

生ビール

枝豆

餃子

アップついでに、ジョッキの飲み口をアップで撮ると、ところどころ氷が
シャーベット状になって付いていて、ジョッキが凍るほどよく冷えていること
がわかります。

コキコキに冷えた生ビール

続いては「揚げ出し豆腐」に、

揚げ出し豆腐

「焼売」に、

焼売

「ゲソ唐揚」と「イカリングフライ」と「海老フライ」。
時間が遅いこともあり、この日はサクサクと料理が出てきました。

ゲソ唐揚とイカリングフライと海老フライ

こちらは言わずと知れた「フライドポテト」、

フライドポテト

そして、「フランクフルト」です。

フランクフルト

--------

何だか今日は、揚げ物が多いですね~。なぜかというと、小生が揚げ物好き
だからです。というのは半分正しく、半分間違っています。実は、小生が
お邪魔したとき、マスターが不在で、料理はすべてながさき苑のホープS氏
が作っていたのです。

たびたびここで書いているように、ト○○系各社は今夏土日稼働なのですが、
その関係で前日の木曜日から夏期休暇に入っていたのです。ということで、
さすがにお客さんも少なく、S氏一人で厨房を回していたという訳です。

そういう事情もあって、いつものバイトのお二人も休みで、小生は淡々と飲み
食いしておりました。


しかしそんな折、満を持して(?)マスターがいらっしゃいました。マスターと
ともに現れ出でたのが、「サーロインステーキ」です。少し中に赤味を残す
ぐらいの焼き加減で、柔らかくてうまいです。食欲増進、食欲増進。

サーロインステーキ

淡々と飲むのも、S氏の揚げ物をいただくのも決して悪くないのですが、少し
勝手が違うかな。やはりながさき苑はこうでなくては。

一緒に「ウィンナー」もいただき、

ウィンナー

「ハイボール」なんぞを飲みつつ、マスターとまったりとした時間を過ごした
次第です。

ハイボール

締めには「焼きそば」をいただき、夏期休暇前のながさき苑の夜は更けて
いったのでした。

焼きそば

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

札幌記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎10コスモネモシン
○2アクシオン
▲3ヤングアットハート
以下△4,12,13です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

寿司くるくる三たび

尾頭橋町内会長です。いつもながら、今日も暑いですね~。ただ、今日は曇り
がちで、名古屋の予想最高気温も31度(前日比-4度)と昨日ほどの蒸し暑さは
ありません。このまま秋になることはないでしょうが、少しでもしのぎやすく
なってほしいものです。

さて、8/6の土曜日は寿司くるくるへ突撃いたしました。

寿司くるくる看板

くるくるへお邪魔したのは、題名の通り3回目なのですが、前回、前々回は
連れがいましたので、単独での突撃はこの日が初。小心者の小生は、若干
緊張しつつ暖簾をくぐりました。

寿司くるくる入口1

店内に入ると、早速大将が声を掛けてくださいました。
「おー、来てくれたか! ありがとうな!」

あ~、うれしいですね~。いくらくるくる超常連馬友O氏のつながりだとは
いえ、たかだか2回お邪魔しただけの小生に、こうして気安く声を掛けて
くださるとは。

お品書きはありますが、調子に乗っておまかせでお願いしました。

くるくるお品書き1

早速付け出しをいただきます。

付け出し1

付け出し2

忘れていました。くるくるに突撃したら、当然これです。
まあ、ながさき苑でも芳我館でも、生ビールは一緒でしたね。失礼しました。

生ビール

生ビールでのどを潤していると、「刺身盛合せ」の登場です。

刺身盛合せ

--------

この日は土曜日なのですが、店内は静か。大将の話では、やはりト○○系の
土日稼働のあおりで、金・土曜日はお客さんが少ないそうです。ながさき苑
でもそんな話がありましたが、名古屋でのト○○系の威光は想像以上に絶大な
ものがあるようです。

大将といろいろ話をしていると、生ビールが進む進む。付け出しと刺身盛合せ
で2時間近くも飲んでしまいました。

で、ようやく寿司が登場。

寿司一人前1

ん? 大将、前より寿司が多くないですか? とお聞きすると、ネタを残しても
もったいないので、多めに握ってくださったとのことでした。ありがたい
心遣いをいただいたので、遠慮なしにガンガンいただきます。

寿司一人前2

この後も、別の常連さんが差し入れられたという、ワインもごちそうになり
ました。それも赤白ともです。

白ワイン

赤ワイン

飲みかけだったとはいえ、2本合わせて約1本分空けたので、もう絶好調。
店内で流れていたプロ野球中継に声援を送り、
(大将も小生と同じく中日ファンでした)

店内でのプロ野球中継

酔いに任せて店内の画像をバシバシ撮っていました。

くるくるお品書き2

赤いちゃんちゃんこ

カウンター1

カウンター2

店内の暖簾

そんな小生の様子を見てか、さらに酒肴を出していただき、

酒肴

ご機嫌さんの中、くるくるの夜は更けていったのでした。

寿司くるくる入口2


ちなみに、帰り道もご機嫌さんで、帰宅するまでデジカメで撮り続けていたと
いうのは、ここだけの話です。

地下鉄栄駅入口の風景

--------

P.S.
先日旅先で寛いでいると、馬友O氏から電話が。O氏は寿司くるくるで飲んで
いたのですが、そのときの大将の話によると、拙ブログを読んでくるくるへ
ご来店のお客さんがいらっしゃったとのことでした。

寿司くるくる」で検索しても、現状拙ブログは簡単に出てこないようなの
ですが、本当だとすればありがたいことです。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

8/5のながさき苑

尾頭橋町内会長です。今日は蒸し暑いですね~。カンカン照りというよりは、
じっとりとした暑さです。秋雨前線が南下してきているので、このような蒸し
暑さになっているようです。涼しい信州から戻ってきた身にはやはり堪えます。

さて、8/5の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

8/5のながさき苑入口

この日は、バイトのRさんから呼び出しが。すわ、お客さんが少ないのではと
急行すると、いつもの金曜とほぼ変わらないながさき苑でした。

まあまあ、とりあえず「三種の神器」からいただきましょう。

生ビール1

枝豆

餃子

ものの5分で登場したのが、「蟹玉」でした。お約束通り、今日も巨大です。
画像では大きさがわかりにくいですが、やはり玉子7,8個ほどは使っている
ようです。

巨大な蟹玉

続いては、「蟹もずく」。マスターにお聞きすると、蟹とオクラと湯葉が
入っているとのこと。ながさき苑らしく、湯葉で量を稼ぐ訳でなく、蟹身が
しっかりと入っています。さっぱりとした味わいで、これを雑炊にして
食べたいように感じました。

蟹もずく

続いて「蟹焼売」なのですが、何でしょう、この蟹身のはみ出し方は。
小生の記憶する蟹焼売は、蟹身をほぐして具に練り込んだものなのですが、
これは蟹身がそのまま入っています。それは皮からはみ出すに決まっています。
ゆでた蟹身をそのまま食べているようなプリプリ感。食欲増進、食欲増進。

蟹焼売

---------

ここで、マスターお気に入りの席にテーブル移動。新人バイトのNさんは
用事があり帰宅されましたが、マスターとバイトのRさんが合流してください
ました。

卓上の様子

Rさんに今日の呼び出しの話をお聞きすると、小生を呼び出してからお客さん
が急に増え、いつも通りの数になったそうです。今日の小生は、ながさき苑の
福の神かな?(笑) お客さん相手だけに、客入りを予測するのはなかなか難しい
ものです。


で、今日も登場しました。「海鮮サラダ」です。

本日の海鮮サラダ1

海鮮サラダと一口に言っても、毎回食材と盛り付けは全然違っています。上の
画像からも一見してわかる通り、今日のメインは蟹です。本日おすすめ品の中
に蟹もずくがありましたが、ここまでの料理の流れからしても、この日はいい
蟹が入荷したのではないかと思います。

2枚の画像は、皿を180度回転させて撮っているのですが、ドレッシングも
よく見ると和風とサウザンとを食材に合わせて使い分けていて、なかなか芸の
細かさを見せています。

本日の海鮮サラダ2

海鮮サラダや先程の蟹玉などをつついていると、出てまいりました。
「SPF豚の網焼き」と、

SPF豚の網焼き

季節の五点セットメンバーでもある、「骨付牛カルビ焼」です。
少々しのぎやすいとはいえ、やはり夏真っ盛り。焼肉は、見た目といい、
香ばしい匂いといい、もちろん味といい、この時期に相性抜群ですね~。
食欲増進、食欲増進。

骨付牛カルビ焼

当然、生ビールも進みます。

生ビール2

四方山話をしながら、宴も後半。「牛スジ土手煮」を肴に、

牛スジ土手煮

「ハイボール」に移りました。

ハイボール

締めにはスイーツ。といっても、今日は奇をてらわず、マスターとRさんは
「夏の大人のスイーツカクテル」。

夏の大人のスイーツカクテル

小生は、「樽ハイアイスキャンディー」でした。

樽ハイアイスキャンディー

ちなみに、先日書きました樽ハイアイスキャンディーのお作法はこちら。

樽ハイアイスキャンディーのお作法

こうして、この日もながさき苑の夜は更けていったのでした。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

帰宅しました。

白樺の木

尾頭橋町内会長です。

昨夜、信州の旅より帰宅いたしました。0時を回ってからの帰宅だったのです
が、そのときの気温が27.5度。信州・蓼科の昼間の気温とほぼ同じです。
帰宅後は、久しぶりに背中にじっとり汗をかきながら睡眠を取っていました。
これが日常というものなのですね。

また、ボチボチ更新させていただきますので、よろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

夏期休暇のお知らせ

尾頭橋町内会長です。
小生、尾頭橋町内会長は、ただいま信州にて夏期休暇中です。

次回更新は今週後半の予定ですので、よろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

クイーンSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎2デルマドゥルガー
○4アニメイトバイオ
▲5アスカトップレディ
以下△1,7,14です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

7/29のながさき苑

尾頭橋町内会長です。前の記事でも書きましたが、昨夜の暑さは堪えました。
睡眠不足気味だったこともあり、寝苦しいながらも睡眠は取れたのですが、
さすがに扇風機は朝まで回しっ放しでした。

さて、7/29の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

7/29のながさき苑入口

店内へ入ると、奥の方から1人飛び出すようにやってきました。あれっ?
先々週にお店を辞めたはずのMさんです。たかだか半月ぶりといえば半月ぶり
ですが、そのMさんが歓迎してくださいました。

とはいえ、私服姿ですので、バイト復帰という訳ではなく、月末なので給料を
受け取りに来ていたようです。で、その流れでこの時間まで飲んでいたという
訳です。Mさんのテンションが結構高かったので、小生がお邪魔するまでに
大分飲んだのかと思いきや、2杯しか飲んでいないそうです。

ご本人曰く、「雰囲気で酔った~」とのこと。Rさんという先輩がいたり、
短期とはいえ慣れ親しんだながさき苑の雰囲気に、リラックスして飲めたの
でしょう。


そんな話をしつつ席に着き、いつもの「三種の神器」をいただきます。

生ビール

枝豆

餃子

ぐびぐびと生ビールを飲んでいると、バイトのRさんが「季節の五点セット」
が今日から変わったと教えてくれました。小生が、ながさき苑の料理を撮って
いることは、Rさん先刻ご承知ですので、メニューの撮影を勧められました。

では、遠慮なく1枚。

季節の五点セットメニュー

肉料理は、先週までの牛タン塩焼から「骨付牛カルビ焼」に変わり、また、
「鱧の湯引梅肉ソース」もセットに加わり、「刺身こんにゃく」と相まって
夏らしさを出しています。


ということで、季節の五点セット先鋒として、「茄子の揚げ浸し」です。
画像では漬物っぽくも見えますが、そうではありません。その名の通り少々
揚げてはありますが、油っこいことは一切なく、さっぱりとしています。
ちなみに冷製です。

茄子の揚げ浸し

続いて、五点セットから「ソフトサラミ」と、

ソフトサラミ

「刺身こんにゃく」です。画像の隅に一部写っていますが、タレは醤油では
なく、餃子のタレ風(餃子のタレそのもの?)なピリ辛です。

刺身こんにゃく

「骨付牛カルビ焼」は、タレと塩2種類味付けがあるそうで、どちらにするか、
焼く前にマスターが聞いてくださいました。小生は、タレをリクエスト。
しばらくして登場したのは・・・、

お約束通り、タレと塩の両方でした(笑)。ということで、五点セット4品目、
「骨付牛カルビ焼」です。

骨付牛カルビ焼

このセット内容を見れば一目瞭然ですが、マスター曰く、今回の季節の五点
セットのメインは、あくまでこの骨付牛カルビ焼だそうです。「カルビは骨付
の方が格が上」だとも。

そこまでマスターが話すだけのことは確かにありますが、小生が印象的だった
のは、肉自身の味の濃厚さです。塩味の方はもちろんですが、タレの方も、
そのタレに負けない味です。あと、骨付なので、骨に肉が残るともったいなく、
つい食べるのに時間が掛かってしまいます。


続いては、五点セット5品目の「鱧の湯引梅肉ソース」と思いきや、
「鱧の天ぷら」、

鱧の天ぷら

そして、「鱧の吸物」でした。先週、鱧の湯引をいただいたので、マスターと
しては同じものでは芸がないと考えたそうです。

鱧の吸物

--------

先の「骨付牛カルビ焼」のあたりで、マスターと、バイトがはねたRさん、
そして新人バイトのNさんが合流してくださいました。先に合流していた
元バイトのMさんと合わせ、今日は5人での賑やかな宴となりました。

そのMさん、ながさき苑を辞めてから飲んでいないかと思いきや、ちょく
ちょく宅飲みをするそうです。頻度にして週1程度ですが、2,3杯ほど飲まれる
とのこと。

酒にはあまり強くないMさん、先程も書いた通りこの日は2杯でハイテンション
でしたが、意外や酒自体はお好きなようです。


そうそう、新人バイトのNさんのご紹介が遅れました。Rさんより1つお姉
さんということで、Rさん、Mさんとはほぼ同世代。ですが、少々大人っぽい
感じがします。例えて言えば、ショップ店員さん風でしょうか。

小生がながさき苑へお邪魔したときの、いきなりハイテンションなMさんとの
掛け合いを見て、目を丸くしていたのではないでしょうか。入店早々ですし。
あっ、ちなみに1歳半の猫と二人暮らしだそうです。


Rさんも、今日は後輩のMさんがいて、楽しそうです。そういった雰囲気も
手伝ってか、この日は、皆さん帰りの時間を少し遅くしてくれました。

--------

宴の最中は、前記の骨付牛カルビ焼や、鱧の天ぷらなどをつまみつつという
感じでした。

この他にも、「海鮮サラダ」も登場。

海鮮サラダ

マスターの言葉を借りれば、「鯛が野菜の下敷きになっていて、見た目で
損している」ということですが、鯛を下敷きにしたのは恐らく理由があるの
でしょう。ドレッシングが多めにかかっていることから推理すると、鯛にも
よく味を付けて、よりサラダ感覚を出したかったのではないでしょうか。


この後女性陣は、Rさんが前々から飲みたかったという「夏の大人のスイーツ
カクテル」へ。コーヒーフロートよりは、やはり「大人のクリームソーダ」を
所望されました。

大人のクリームソーダ

マスターと小生は、身体のことを考え(?)芋焼酎をぐびぐび。

芋焼酎ロック

締めには「シューアイス」と、

シューアイス

こちらも身体のことを考え「青汁」でした。

青汁

この後、若い女性に惹かれたか、いつの間にか他の常連さんも合流しつつ、
ながさき苑の夜は更けていったのでした。

本日おすすめ品メニュー

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

あつい~~~。

夏の空 夏の雲

尾頭橋町内会長です。残暑お見舞い申し上げます。

今週になって、猛暑がぶり返してきましたね~。
「残暑」どころの騒ぎではありません。
自室では扇風機生活のため、あまりの暑さに集中力欠如です。
本日、ながさき苑の記事を書いていたのですが、たまらず断念。

どなた様も、熱中症には十分お気をつけください。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

関屋記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎8リザーブカード
○6サトノフローラ
▲5セイクリッドバレー
以下△10,3,2です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

関屋記念も、比較的リピーターの活躍が目立つレースです。
ならば、リザーブカードは関屋2,3着の実績があり、穴馬券の軸に最適です。

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

7/22のながさき苑

尾頭橋町内会長です。昨日は、夏の高校野球の組合せ抽選会がありました。
愛知代表の至学館高校は、創部6年目での甲子園ですから、相当な快挙です。

至学館高校 愛知大会優勝の号外

で、甲子園初戦の対戦相手は、東大阪大柏原(大阪)に決定。がんばってほしい
ものです。

さて、7/22の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

ながさき苑の看板

今日のおすすめは、このような料理たち。どんな出会いになるか楽しみです。
確か1年ほど前までは、店先にこうしたおすすめの看板はなかったのですが、
日々お客さんを呼び込もうという工夫を凝らしているのだと思います。

7/22のながさき苑入口

ほぼいつも通りの時間に店内へ入ってみると、お客さんで賑わう、ほぼいつも
通りのながさき苑でした。マスターに言わせると、客入りは8割ぐらいの回復
だそうです。それでも、素人目に見れば十分賑わっているので、飲むときの
テンションは上がります。

ということで、いつもの「三種の神器」を。

生ビール

枝豆

餃子

続いて、「鱧の湯引き梅肉ソース」。本日のおすすめ品です。マスターの話
では、瀬戸内産だそうです。

ハモの湯引き梅肉ソース

やはり、鱧は夏の風物詩ですね~。湯引きで見た目にも涼やか、口にすると
あっさり、そしてさっぱり。そして、梅肉ソースのすっぱさが食欲を引き出し
ます。

特筆すべきは、骨がまったくと言っていいほど残っていないことです。小生が
これまでに食べた鱧料理は、まず小骨が残っていたもので、その残り具合も
また鱧の食感と理解していました。しかし、こうまできれいに取り除いて
あれば、小生としては、ながさき苑の鱧に軍配を上げます。


こちらは、「穴子天ぷら」。メンバーは穴子となすと獅子唐です。小生の
天ぷら好きは以前にも書きましたが、ああ、何と天ぷらはおいしいもので
しょうか。食欲増進、食欲増進。

穴子天ぷら

単純に、ここまでの主要な料理を並べてみました。食べ物3品にタレ3つという
次第です。

食べ物3品にタレ3つ


さてさて、本日の真打ち登場です。前日が土用の丑の日だったので、もちろん
これ。「蒲焼」です。

鰻の蒲焼1

いかがですか。丸々としているでしょう。アップにするとよくわかります。

鰻の蒲焼2

照りもピカピカとよく効いています。一切れ口にすると、まさに教科書通り、
表面はこんがりとして中はホクホクです。食欲増進、食欲増進。

自家製のたれもよく合っています。この自家製というところもマスターの
こだわりで、後で見せていただいたのですが、のタレが大量に仕込んで
ありました。

また、細かなポイントですが、山椒を振りかけようとすると、山椒のビンが
冷やしてあったのです。マスターに理由をお聞きすると、少しでも風味が
損なわれないように、とのことでした。

松江の旅の記事で触れましたが、小生、蒲焼も大好物です。好きな
ものを食べるということは、人生の大きな楽しみです。こういった瞬間を味わ
えるのもまた、ながさき苑へお邪魔する理由の大きな部分だと思います。

そういえば、鱧に始まり、穴子、と、今日は細長い魚ばかり続いています。
これは、長生きできそうですね~。ちなみに、小生はよく「あんたは長生き
するよ」と言われますが、やはりそれは違う意味?

--------

蒲焼を大方食べ終わったころ、マスターとバイトのRさんが合流してください
ました。

上から、

コキコキに冷えた生ビール1

下まで、コキコキに冷えた生ビールで乾杯です。

コキコキに冷えた生ビール2

今日は、先週までバイトでいたMさんが辞めて初めての週末。Rさんは、やはり
「Mさんがいなくて淋しい」のだそうです。まあ、Mさん自身とは部活で会える
のだそうですが、バイトさん一人なのは、やはり違うのでしょう。

話題はいつの間にか、名古屋弁談義になっていました。それも、名古屋人でも
気づきにくい名古屋ことばの話です。

「でら」とか「えらい」などというのは、誰でも名古屋弁とわかって使って
いるのですが、

「鍵をかう」(=鍵を掛ける)

という言葉が名古屋弁と知ったときには、小生激しく驚いた記憶があります。

こちらは当地でやや有名ですが、

「放課」(=学校の休み時間)

という言葉も、他所ではまったく通じないそうですね。事実、今も「放課」と
入力するために、「放課後」と変換して1文字消したぐらいですから。

一番最近知った、気づきにくい名古屋弁では、

「机を吊る」(=机を(引きずらずに)運ぶ)

という表現。「吊る」という言葉は、引きずらずにというニュアンスをよく
表しているように思えるのですが、何とか他所で通じないものですかね~。
(←無理)

ちなみにRさん、どれもご存知でした。さすが現役の学生さんです。

--------

話をしながらいただいたのは、「げその唐揚」、

げその唐揚

「牛タン塩焼」、

牛タン塩焼

「愛媛ジャコ天」でした。食欲増進、食欲増進。

愛媛ジャコ天

そして、宴後半の酒は、このところ「ハイボール」です。氷を入れて飲む
ところが、意外にポイント高しです。

ハイボール

本日の締めは「お好み焼き」。画像ではぐちゃぐちゃになっていますが、
取り分け前の画像どころか、一口食べたところでの画像ですのでご容赦を。
取り分ける前は、きれいな形でしたよ!

お好み焼き

こうして、今日もながさき苑の夜は更けていったのでした。

お客さんがいなくなった後の店内

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

7・16 K-BARうまなり閉店の日

尾頭橋町内会長です。今日は、また少し暑さがぶり返しました。週末あたり
からは、しばらく真夏らしい暑さが続きそうです。ただ、またも台風9号が
南海上にあり、こちらの影響が気になるところです。

さて、とうとうやって来てしまいました。7月16日、K-BARうまなり閉店の
日です。

アイビスSDの新聞

前回のK-BARうまなりの記事で書きました通り、当日は蒲郡競艇のナイター
レースで打つという企画に参加していたため、22時の到着でした。

今週はお祭り騒ぎという話でしたが、何とか席に着くと、まずはおしぼりが
品切れ。駆け付け一杯の生ビールをいただこうとすると、今度は前夜の金曜日
に完売ということで、瓶ビールが出てきました。なるほど、確かにお祭り騒ぎ
だったようです。

実際、この日お邪魔して席に着くときも、先客の方と入れ替わりで気を遣う
ほどの状態でした。

当日いらっしゃったお客様は、小生の知る常連さんだけでも、N氏夫妻、
T氏、Aさん、M氏といった方々。今日の口取りは、そのT氏からの差し入れ。
SKE48とは、さすがT氏です。

SKE48のクッキー

存じ上げない方でも、小生が店にいた2時間弱の間に、4,5組ほど入れ替わり
立ち替わりご来店でした。マスター曰く、「これでも今週一番暇」ということ
ですから、この1週間の忙しさが実感できようものです。

これだけ忙しいなら、どこかの売り尽くしセールのように、閉店する閉店する
と言い続ければいいじゃん、という戯言もどこからか聞こえてきます。

お客さんの数も多いので、特定の話題で盛り上がるというより、それぞれ知り
合い同士で話し込むという雰囲気でした。7月初めあたりから、店内で放映の
グリーンチャンネルは音を消して流しているのですが、その効果もあって話が
弾むようです。

もっとも、BGMがまったくない訳ではなく、代わりに流れていたのはこちら。
「今週は好きにやらせてもらう」とは、マスターの言葉です。

RCサクセション BEAT POPS

--------

話をしながらいただいたのは、「パノラマ中京」。
ストロボを発光させずに撮影したら、ピンボケになってしまいました(泣)。

パノラマ中京

K-BARうまなりで一度でもメニューをご覧になった方なら、先刻ご存知の
オリジナルカクテルです。

ちなみに、K-BARうまなりのオリジナルカクテルは、他には「カサマツ」、
「DONCO」、「日本ダービー」があります(表記が違っていたらスイマセン)。

どれもやや甘口でアルコール控えめ。多くのお客さんに飲んでもらいたいと
いうマスターの想いからだったと聞きます。その想いを味わう機会も、もう
最後なのですね・・・。いや、いつの日か必ず、このカクテルたちに再会
できる日が来ると信じましょう。


パノラマ中京と云えば、改装前の中京競馬場では、名鉄の名車パノラマカーが
売店として静態保存されていました。あのパノラマカーは、中京改装後も残る
のでしょうか? パークウインズとしては営業中なので、現場確認すればわかる
とは思いますが。近いうちに一度見に行こうかな。

--------

最後に、小生の定番「ジンバック」をいただき、これにてお開き。ちょうど
一緒に帰り支度だった、T氏とAさんとともに、店の前までマスターにお見送り
いただきました。

過分にもマスターからお礼の言葉をいただいた後、マスター最後の一言。

「競艇に流れないように。」

・・・(笑)。了解いたしました!


K-BARうまなりの入っているビルから出た後、Aさんを駅までお送りする役目を
仰せ付かり、駅までご一緒することになりました。実際は、乗車駅がたまたま
同じだっただけなのですが。

5分あまりの道すがら、話す内容は、当然のことながらK-BARうまなり閉店の
ことです。この日の客入りを体感すると、こんなにお客さんがいるのにどう
して・・・という感想は、やはり共通する思いでした。その上でAさん、
「何となくそうかな~」という気はしていたそうです。

続けて、こんな分析もされていました。「中京で競馬をしても、東京・大阪へ
余裕で帰れる地域性も不利だったかも」。なるほど、鋭いところを見ておられ
ます。逆に、その地域性を活かす手段が見つかればよかったのでしょうね。

--------

K-BARうまなり閉店の日、何とかお邪魔できたことは幸いでした。しかし、
混雑の中ただ顔を出しただけという感覚が残ったのも事実です。そう、恒例の
「小生の本命馬当てクイズ」ができなかったからです。というのは半分冗談
ですが、マスターとあまりお話しできなかったのは、心残りでした。

ところで、小生がK-BARうまなりへお邪魔するようになったきっかけは、笠松
でお馴染みの予想屋「大黒社」さんでした。

大黒社さんは、以前、某競馬雑誌で連載されていたのですが、当時小生は、
その某雑誌を毎号読んでいました。その、大黒社さんのブログの中でたまたま
K-BARうまなりのことを知り、勇気を出して(?)突撃したのが一昨年の春でした。

それから2年3ヶ月という期間、中京ツアーあり、予想大会あり、打上げありと
楽しませていただきました。もちろん、新たなる人のつながりを得たことは、
大いなる喜びでした。常連さんやら競馬関係者やら、そして、こうした出会い
の場を提供してくださったマスター。

皆様、本当にありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。

K-BARうまなり、またいつの日か・・・。

閉店の日のK-BARうまなり前

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

暑中お見舞い申し上げます

氷柱

尾頭橋町内会長です。画像は、本日某所で見つけた氷柱です。遅い時間に
撮影しましたので、大分溶けてしまっているようですが、少しでも涼を感じて
いただければ幸いです。

さて、読者の皆様、暑中お見舞い申し上げます。また、いつも拙ブログを
お読みいただき、ありがとうございます。

この夏は梅雨明けが早く、例年より長期間猛暑にさらされる恐れがありました。
しかし、天候不順ながら、幸いにもこのところ暑さはほどほどで、ここ愛知県
では、「猛暑日」という声をしばらく聞きません。

とはいえ、8月は今日明けたばかり。このまま推移するとはとても思えません。
まだまだ続く暑い季節。折から、そこかしこで節電が推進されています。
皆様、この8月どうぞご自愛ください。

--------

ところで、拙ブログが本日600アクセスを突破いたしました! いつも変わり
映えのしない言葉で申し訳ありませんが、やはり皆様のご愛読のお陰です。
重ねてお礼申し上げます。

500アクセス突破のお礼をさせていただいたのが7/19ですから、10日あまり
で100アクセスをいただいたことになります。携帯用ページでのカウンター
を設定してから、やはりアクセス数が急増していますので、携帯からお読み
いただく読者様がいかに大きな割合を占めているかがわかります。

今後とも、拙ブログ「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲