FC2ブログ

WINS石和で旅打ち ~信州の旅2日目~

尾頭橋町内会長です。

信州の旅は2日目の朝を迎えました。実に気持ちのいい朝です。夏の高原の朝
ですから当然といえば当然ですが、久しぶりに快眠というものを味わいました。

それから、連泊ということで日程にも余裕があり、朝食ぎりぎりまで寝られる
のも、宵っ張りの朝寝坊をモットーとする小生にとっては高ポイントです。

ちなみに、同行の馬友U氏は、小生と正反対の早寝早起き。この朝も付近を
散歩していたそうです。ということで、U氏と小生、就寝と起床時間はお互い
干渉しない不文律になっております。もちろん、後の日程に影響しないよう、
朝食の時間は極力守るようにしていますが。


8時となり、その朝食の時間を迎えました。この日の朝食はこんな感じです。

2日目の朝食フルメンバー

この気温ですので、ホットコーヒーに温かいスープ、何よりホットサンドは
食欲が進みます(食後に外気温を見たら、何と17度でした!)。

ホットサンド


この日の予定は、WINS石和での旅打ち。ですから、朝食後はしばし予想タイム
となりました。

実は、馬友U氏、7月以降休日変更のあおりで競馬ができない状況にありました。
今回旅打ちを日程に組み込んだ理由は、一つにそうしたU氏ののリクエストが
あったからです。もちろん、GWの山陰でも旅打ちをした小生にとって、異論
などあろうはずがありません。

問題は、信州から最も近い馬券売場が山梨県ということです。いえ、距離は
いいのです。距離は。中央道一本で行けるので、ドライブコースとしては、
むしろ快適なぐらいです。それより、標高1600mの高原から甲府盆地まで
標高差1300mを下る訳ですから、またも灼熱地獄に戻る点が・・・。

まあ、暑いと言っても炎天下を歩き回る訳ではないので、競馬のためには止む
を得ません。ということで、11時にもなったので舞留優夢を出発です。実に
いい青空ですね~。

舞留優夢出発時の青空

--------

途中、中央道の双葉SAで「和風ラーメン」を食べ、

和風ラーメン

付近で若干道に迷いましたが、

洗濯の自由を掲げる石和のクリーニング店

14時過ぎに無事WINS石和へ到着しました。

WINS石和外観

先程の双葉SAでもそうだったのですが、少し歩くだけとはいえ、やはり甲府
盆地は暑いですね~。WINS石和の館内も節電のため空調が弱め。中にいても
快適とまではいきません。まあ、このご時世、節電は仕方ないのですが。

そのWINS石和の内部はこんな感じ。

WINS石和館内

天井が高いためか、ホールがいささかだだっ広く感じられます。だだっ広く
感じたのにはもう一つ理由があって、先程書いた通り到着が14時過ぎだったの
ですが、ホールへ行くと、U氏と小生2名の座れる場所程度は、比較的楽に見つ
けられたのです。

当日行われるレースも違うので一概には比較できませんが、WINS名古屋は
もちろん、小生の行ったことのある広島や米子のWINSでも、この時間帯で席に
多少なりとも余裕があるというのは記憶がありません。この地区の競馬人口に
比して、WINSの施設が立派なのでしょうか?

もうひとつ感じたのは、WINS石和の静かさです。

もちろんWINSですから、競馬場のようにワーワー大声を出すファンはそういま
せん。ですが、普通ならゴール前になると、「そのまま!」とか、「差せ~!」
とか、「エビナ~!」とか(笑)、声が掛かるものなのですが、ここはほとんど
そういう声が聞こえません。

館内のファンの数のせいかも知れませんが、先に挙げたWINSはすべて関西圏。
もしかしたら、関東圏とファン気質に少なからず違いがあるのかも。


さて、この日の結果ですが、小生は当日アップした皮算用の通り、クイーンS
で撃沈。馬友U氏は、北九州記念と2重賞勝負で、ボウズではなかったのですが
戦果はそこそこというところでした。

北九州記念払戻金

--------

勝負を終えて宿へ戻ると、

舞留優夢へ帰還

ほどなく夕食の時間でした。本日ももちろんフレンチのフルコースです。

オードブル

スープ

魚料理

珍しくビールをあまり飲む気がしなかったので、今日はワインにしました。
なぜか馬友U氏に(その後ろのお客さんに?)ピントが合ってしまっていますが、
ただの失敗作ということにしておいてください。

ワイン

肉料理1

火がよく通っていますが、口にすると実に柔らかな肉です。

肉料理2

デザート1

フレンチらしく、デザートにも手が掛かっています。

デザート2

ちなみに、舞留優夢のダイニングはこんな雰囲気です。今年開業25年という
ことで、設備はいささか古びた部分もありますが、清掃は行き届き、全体と
して心温まる感じがします。

ダイニングの雰囲気

こうして、信州の旅2日目の夜は更けていったのでした。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



灼熱の夏から別天地・信州へ ~信州の旅初日~

尾頭橋町内会長です。

7月の「中国版新幹線」事故に続き、今度は上海の地下鉄で事故ですか。日本
では、最近の鉄道の大事故といえばJR福知山線の脱線事故ですが、小生の記憶
に残っているのは、近鉄青山トンネル事故と、北陸トンネル火災事故あたり
です。

こうして日本も通ってきた道ですから、中国の一連の事故についても、冷静な
目で見るべきだと思います。ただ、事故が起きた路線は4時間後に運行再開
したそうですが、中国側も原因究明を蔑ろにせず、再発防止が図られるよう
願って止みません。

--------

さて、先般少し触れましたが、先月の夏期休暇信州への旅に行ってまいり
ました。しばらくの間、このときの紀行文を綴っていきたいと思います。
(GWの山陰の旅の話も未完結なのですが・・・こちらはまたいずれ。)

今回は一人旅ではなく、馬友U氏との旅。U氏とは、夏に旅をするのが何年来
の行事になっておりました。今年は、U氏の転勤などで実現が危ぶまれました
が、最終的には運よくほぼ例年通りに旅することができました。我々の幸運に
まずは感謝です。

で、目的はもちろん避暑。とにかく暑い街を抜け出そうということです。
それと、馬友U氏との旅打ちも一応(笑)目的です。

旅程は、夏期休暇中の4泊5日。ただし、U氏は休暇の関係で1日早い帰宅です。
名古屋を出て、信州・女神湖の宿に泊まり、そこをベースに観光するという
計画です。

--------

旅行概要はこれぐらいにして、紀行文に移りましょう。

8/13の土曜日、馬友U氏宅に11:00に集合。日程は4,5日あり、またお互い
それなりの年齢なので(笑)、初日は移動日と決め込んで遅めの集合です。
信州へは、小生の車で移動です。

U氏を迎えに車から降りると、まだ午前中というのにとにかく暑い暑い。この
時点で、気温はすでに30度を大きく突破していました。気分的には、とにかく
早く灼熱地獄から脱出し、涼みたい一心です。

経路は、名古屋市内→名古屋高速→中央自動車道→諏訪IC→女神湖というもの
です。片道300km弱の道程ですので、日程的には十分余裕があります。


盆の期間だけに、中央道ではさすがに渋滞もありましたが、まずまず想定の
範囲内。渋滞で腹も減ったので、中央道の駒ヶ岳SAに立ち寄って昼食を取り
ました。

12時台は過ぎているものの、渋滞があったぐらいですからレストランもそれ
なりに混んでいます。

混雑する駒ヶ岳SAレストラン

ここでは、「ソースひれかつ丼」をいただきました。ソースかつ丼は、長野県
南部、わけても伊那市を中心とした地区の名物となっています。

ソースひれかつ丼1

ソースが十分衣に行き渡っていますが、決してぐちゃぐちゃになることなく、
もちろん基本となるひれかつの揚げ具合も、肉のうまみが感じられるいい
頃合いです。ご存知ない方は、味が濃過ぎないかと懸念されるでしょうが、
キャベツと一緒に食べるので、いいバランスだと思います。

ソースひれかつ丼2


昼食を終え、その後は渋滞もなく、諏訪ICより高速を流出。多少出口は混み
合っていましたが、

諏訪IC

数分でクリアし、まずはインター近くで買い出しです。

買い出ししたリカーショップ

先程の駒ヶ岳SAもそうだったのですが、信州まで来たと言っても、このあたり
はそれほど標高も高くなく、名古屋ほどではないにせよ暑いです。15時過ぎと
いうこともあり、外気温は30度ほどあります。買い出しを済ませたところで、
そそくさと宿へ向かいます。

--------

そこから車を走らせること約40分。車は一気に高度を上げ、標高1600mの地へ。
女神湖を見下ろすその場所が、ようやく今日の目的地です。

ペンション舞留優夢」(ぶるうむ)へ到着しました。

女神湖の宿 舞留優夢

到着前後に雷雨の歓迎を受けましたが、車内で待機するとほどなく天候回復。
外へ出ると、・・・「涼しい!!」

もちろんこれを求めてやって来たのですから当たり前なのですが、16時ごろで
25度というのは、まさに別天地です。これで5日間、愛知県のあの蒸し暑さ
から解放されると思うと堪えられませんね~~~。

涼しさに感動しつつチェックインを済ませ、3泊お世話になる部屋はこちら。
狭過ぎることもなく、何よりも窓から入ってくる空気の涼しさは実に心地よい
です。多少散らかっている点は、解放感の成せる業ということでお許しを。

舞留優夢室内1

舞留優夢室内2


チェックイン後多少時間があったので、入浴を済ませた後、お待ちかねの夕食
です。こちらの夕食は、ご主人の作るフレンチのフルコース。今日の料理は
こんなメンバーでした。

食前酒

オードブル

スープ

魚料理1

アップにしても、白身魚がジューシー。見た感じもおいしそうですが、実際口
にしても油っぽいこともなくさっぱりと楽しめます。

魚料理2

肉料理

デザート

コーヒー

食事時にビールをいただきましたが、部屋に戻ってからも、馬友U氏と軽く
酒盛りでした。酒の酔いに高原の涼しさも手伝って、眠気を催しつつ高原の夜
は更けていったのでした。

白樺高原のきまり

--------

ペンション 舞留優夢
(ぺんしょん ぶるうむ)

長野県北佐久郡立科町蓼科牧場北443
0267-55-6866
チェックイン15:00 チェックアウト10:00

信州 長野県 蓼科 白樺高原 女神湖・白樺湖でのご宿泊 ペンション 舞留優夢へようこそ
(舞留優夢公式ホームページ)
http://www2.ocn.ne.jp/~bloom/

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

9/24の寿司くるくる

尾頭橋町内会長です。土日は競馬予想等で忙しく、結局長袖を出さずじまいで、
今朝も半袖通勤でした。外は肌寒かったですが、気温が低いため電車では
エアコンがついておらず、逆に蒸し暑いぐらいでした。今週は、まだ半袖で
粘った方がいいかも知れません。

さて、9/24の土曜日は寿司くるくるへ突撃いたしました。

くるくる入口

連休の中日ですが、お邪魔してみるとほどよい感じの客入りです。大将とサシ
で飲むのはもちろん楽しいのですが、お店としてはお客さんがいないといけ
ません。

当然のように、口開けは「生ビール」と「枝豆」です。

生ビール

枝豆

今日の酒肴や惣菜はこんなメンバーでした。

漬物

だし巻き玉子と角麩

こんにゃくなど

3番目の皿はこんにゃくなど温めてありましたが、台風15号通過後すっかり
涼しくなってきたので、温かいものがありがたくなってきました。

台風15号といえば、先日の名古屋は浸水や大規模な避難勧告があったので、
小生のところは大丈夫だったかと、大将が聞いてくださいました。幸い、大将
も小生も取り立てての被害はなかったので、何よりでした。

聞けば、大雨だった20日も台風が上陸した21日も、くるくるは営業していた
とのこと。何と、両日ともそれなりにお客さんがいらっしゃったそうで、少々
驚きました。

ちなみに、以前のくるくるは路面店だったのですが、そのころは台風の日には
結構客入りがよかったそうです。というのは、帰宅できない人が来店するため
で、「錦三」という名古屋随一の盛り場ならではの現象と思います。

--------

あとは、いつものように「刺身盛合せ」を。

刺身盛合せ

コハダがあるところは、やはり寿司店らしいですね。酢締めにしてあるので、
そのままでもいけます。

コハダの酢締め

そして、もちろん「寿司一人前」もいただきました。

寿司一人前1

寿司一人前2

その後は、他のお客さんと地元の祭りの話をしたり、大将がなぜかお持ちの
ルービックキューブで遊んだりと、まったりと過ごしたのでした。

ルービックキューブ

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

神戸新聞杯の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎1ステラロッサ
○12ダノンミル
▲11フレールジャック
以下△7,5,6です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

酒処 つれづれ

尾頭橋町内会長です。
燻製厨房芳我館の後、飲み友B氏とともに次なる店へと突撃いたしました。
5分あまり歩いて着いたのが、ここ「酒処 つれづれ」です。

つれづれ入口

芳我館で結構飲んでいたのですが、ここまで歩いてのどが渇いたので(?)、
またも「生ビール」で乾杯です。

生ビール

一杯やっていると、飲み友B氏のお友達、T氏が登場。小生は初対面でしたが、
誠実そうな方で、話も面白く、そもそも小生がすでに酔っ払っていることも
あって、5分もしないうちにすっかり打ち解けて話をしていました。

T氏の職場が、たまたま小生のそれと同じ方面だったこともわかり、仕事の
ちょっとした苦労話など話しておりました。

--------

酒肴でいただいたのが、「きんぴらごぼう」。ザ・居酒屋という酒肴ですが、
実際いただける店は案外多くない気がします。

きんぴらごぼう

こちらは「〆鯖」です。入口のおすすめ品看板には、「酢鯖」と書いてあり
ます。きれいな切り口ですが、鮮度が高くなければこうはいかないでしょう。

〆鯖

そして、「秋刀魚の刺身」。塩焼は前週にながさき苑でいただきましたが、
刺身は今シーズン初。秋を感じますね~。画像ではおいしそうに撮れているか
どうかわかりませんが、舌に乗せたときのとろけそうな感覚は堪りません。

秋刀魚の刺身

--------

つれづれは、ご主人と奥さんのお二人で営業されているようです。若干ご年配
に見受けますが、動きや受け答えはさすがご商売。しっかりしていらっしゃい
ます。意外だったのはご主人の服装で、上はワイシャツにネクタイ姿。ご主人
なりの美学が伝わってきて、実に清々しく感じました。

店内の様子はこんな感じです。

店内の様子

座席は、10数人座れるカウンターに腰掛けて飲むというスタイル。狭過ぎず、
広過ぎず、お二人で切り盛りされるというところからすると、程よい広さの
店内です。いかにも、昔ながらの居酒屋さんという雰囲気が感じられます。

昔ながらといえば、窓の錠前も昔ながら。昔はこういう錠前でしたね~。
小生も、懐かしく思い出されました。

昔懐かしいタイプの窓の錠前


店の入口には土曜22時までと書いてありましたが、B氏やT氏との語らいも
楽しく、結局その時間を大幅に過ぎてまで飲んでしまいました。この日は、
お客さん自体も多かったようですし、恐らくある程度はお客さんの様子を見て
判断してくださっているのでしょう。

どうも、ごちそうさまでした。

つれづれの看板

--------

酒処 つれづれ
(さけどころ つれづれ)

名古屋市中区栄一丁目22-18
052-231-1590
17:00~24:00
土曜・日曜・祝日定休

つれづれ - 大須観音/割烹・小料理 [食べログ]
(最寄駅は地下鉄大須観音駅となっていますが、伏見駅からでもほぼ同じです)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23022121/

--------

(2012/2/13追記)
同店は、2012年2月より土曜日も定休日となりました。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

久しぶりの芳我館

尾頭橋町内会長です。台風15号が過ぎ去り、一気に秋らしくなってきました。
通勤も、もうクールビズは終了にしようかと思案中です。

さて、9/17の土曜日は「燻製厨房 芳我館」へ突撃いたしました。前回お邪魔
したのが、6月に馬友U氏の送別会で使わせていただいたときでしたから、
3ヶ月近くも空いてしまいました。

芳我館入口

どこのお店へ突撃しても、飲みに来たのならまずは「生ビール」です。

プレミアムモルツ生ビール

以前にも触れましたが、こちらの生はプレミアムモルツ。庶民的ではあります
が、小ざっぱりしたこの店の雰囲気に合っていると思います。

実のところ、小生がながさき苑でスーパードライの虜になってしまうまでは、
一番好きなビールはモルツだったのです。ですから、こうして通わせていただ
ける店にプレミアムモルツがあるというのは、うれしいものです。


すぐ出てくるものということで、この日は「燻製小盛り」からいただきました。
以前いただいた燻製盛合せと比べても、量が違うだけで燻製の種類は同じです。
燻製厨房だけに、とりあえずの酒肴としてはお勧めです。

燻製小盛り

今日もいただきます。「名古屋コーチン盛合せ」です。

名古屋コーチン盛合せ1

どの部位も新鮮で実においしいのですが、今のお気に入りは、焼きなら心臓、
刺身ならレバーですね。

名古屋コーチン盛合せ2

レバーを胡麻油につけていただくと、もちろんとろけそうな食感。胡麻油の
香ばしい匂いと味も相まって、油断するとつるつるとすぐに食べ切ってしまい
ます。実は、芳我館でいただける鶏の部位は他に10種類以上あるのですが、
これからは他の部位にも挑戦していきたいものです。

レバーを胡麻油につけて食す

--------

こうして撮っていると、どちらからともなしにデジカメの話になりました。
大将も奥さんも、デジカメは使ったことがないそうです。昔はちょくちょく
写真を撮っていたそうですが、奥さんに言わせると「『写ルンです』から
止まってます」とのことです。

写ルンですとは、久しぶりに聞きましたね~。小生、自分のカメラは、光学
一眼レフ→光学コンパクトカメラ→デジタルコンパクトカメラと変遷して
きましたので、写ルンですは、カメラを忘れた数度しか使ったことがあり
ません。

ちなみに、大将も奥さんも、デジカメはパソコンができなければ使えないと
思っておられるようで、小生、飲んだ勢いもあり、誤解を解こうといろいろ
話をしましたが、力不足で今一つ納得していただけなかったようです。

その場の結論は、何かの景品ででも当たらないとダメかな~、というところに
落ち着きました。

--------

そんな話をしているうちに、飲み友B氏が偶然にも芳我館へ来店されました。
B氏は拙ブログに初登場ですね。簡単に書けば、飲み友B氏は元々ながさき苑の
マスターのご友人で、そんな縁でながさき苑で何度も一緒に飲ませていただ
いた間柄です。

ここ芳我館も、元々はB氏の行きつけで、巡り巡って小生もお邪魔するように
なった次第です。

飲み友B氏が拙ブログ初登場ということは、ブログを始めた昨年末以降会って
いなかった訳で、久しぶりの再会です。当然のように話し込み、あっという間
に1時間ほどが過ぎ去りました。今日の芳我館の画像が少なめなのは、恐らく
それが理由です。

話をしながらお聞きしていたのですが、B氏はこの後別のお友達との飲み会が
あるとのこと。そこへ小生も連れて行ってくださることになり、この日は
B氏とともに芳我館を後にしたのでした。ごちそうさまでした。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

9/16のながさき苑

尾頭橋町内会長です。結局、昨日の帰宅は、おかげ様で何事もなく平常通り
でした。愛知県では、昼前から台風15号上陸時刻の14時ごろは、まさに暴風雨
でした。しかし、それを過ぎると雨はほとんど止み、強風ながら風も弱まり、
台風直撃の割には交通機関への影響は最小限で済んだのです。

さて、9/16の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。今週も、秋刀魚の絵が
看板に描いてありますね。

9/16のながさき苑入口

いつも通り賑わう店内に入り席に着けば、まずは「三種の神器」で一心地です。

生ビール

枝豆

餃子

今日もいいペースで料理軍団登場です。先鋒は「土手煮」から。

土手煮

次鋒は、この日のおすすめ品「牡蠣フライ」。牡蠣って、もう少し寒い時期が
旬ではないかと思うのですが、おすすめということならやはりこの時期はよく
出回るのでしょう。事実、その翌々日に別件で飲んだとき、やはりそこでも
牡蠣フライがおすすめになっていました。

牡蠣フライ

中堅が「刺身盛合せ」。今日は、こちらもおすすめ品になっています。一人
でもいただける、比較的コンパクトな皿ですが、5種盛りと中身はしっかり
しています。

刺身盛合せ

--------

このあたりで、マスターとバイトのRさんが合流してくださいました。バイト
のNさんの方は、残念ながら時間がなく、タイムカード打刻とともにご帰宅
でした。でも、わざわざこちらに帰りのご挨拶をしてくださいました。

小宴の席には、副将「鮪ニンニクステーキ」。こちらは、厨房で焼いた状態で
登場です。醤油ベースと思われるタレと、そしてニンニクの少し焦げた香りが
堪りません。食欲増進、食欲増進。副将にふさわしい存在です。

鮪ニンニクステーキ

そして「松茸とシメジの陶板焼」。副将の次は大将なのですが、大将はまだ後
に控えていたので、こちらも副将格です。で、松茸だけに、こちらも香りが
いいですね~。焼きながら漂う香りに、つい話も上の空に(?)。

松茸とシメジの陶板焼

いやいや、上の空ではないですよ。Rさん、最近弓道の稽古時間が長く、
「腕に筋肉がすごく付いた~」と話してくれました。何でも、弓道の昇段試験
が近く、Rさん自身は昇段直後で受験できないのですが、仲間の稽古に付き
合っていると、ついつい長時間になってしまうそうです。

ちなみに、Rさんは参段とのこと。参段とはすごいと小生が話すと、「四段
まではすぐ上がれますよ~」とRさんは言います。「そこから先は?」と聞くと、
Rさん、即座に指で「OKサイン」を作りました。

ああ、そうなんですか。やはり世の中OKサインな訳ですね。小生、武道関係は
まったくの門外漢ですので、勉強になります。何でも、話は聞いてみるもの
ですね。

--------

さて、Rさんもこのあたりで帰宅。なおも小生、マスターと話し込んでおり
ましたが、先程少々触れた通り、これで終わるながさき苑の訳がありません。

とりあえず、酒は「ハイボール」に変えて仕切り直し。

ハイボール

遂に大将の登場です。今日の大将は「水炊き」です。

水炊きの具材1

水炊きの具材2

具材はこんな感じ。上の画像で右下隅に写っているのは「角麩」です。関東の
方なら、ちくわの形をしていない「ちくわ麸」と思っていただければお分かり
かと思います。


マスターの手によって、水炊きが煮えてきました。おいしそうですね~。
少しわかりにくいですが、この鍋は深さ10数cmあり、とても2人用の大きさ
ではありません。

水炊き1

後から麺も入れて出来上がり。この日は、9月とはいえまだ残暑が残っていま
したが、暖かい鍋をおいしくいただきました。

水炊き2

あとは「夏の大人のスイーツカクテル 大人のコーヒーフロート」をいただき、

夏の大人のスイーツカクテル・大人のコーヒーフロート

「青リンゴサワー」で締めと相成りました。ごちそうさまでした。

青リンゴサワー

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

昨日の帰宅状況

尾頭橋町内会長です。
昨日は台風15号の影響による大雨のため、名古屋市では広範囲に避難勧告が
出され、対象者は100万人超にも上りました。名古屋市の人口が200万人超と
記憶しておりますので、同市の2人に1人が避難対象となった訳です。

そういう状況だったので、昨日の帰宅は大変でした。
結論としては、普段1時間余の通勤時間が、2時間半も掛かってしまいました。

日中の名古屋およびその周辺での豪雨で、JR・名鉄とも名古屋駅を中心に不通
となり、動いているところでもダイヤは大幅に混乱。

JR東海運転状況

小生が乗ろうとした列車は、10分遅れで到着。着いたと思ったら、そのまま
20分停車です。それも、普段を大幅に超えるすし詰め状態です。

ようやく動いたものの、その後もノロノロ。あろうことか、途中駅でも積み
残し気味の乗客が乗り込んでくるので、車内は埼○線を思わせる(?)押しくら
まんじゅうでした。

幸いだったのは、乗換がうまくいき、そこからはほぼスムーズに行ったこと
です。それでも、乗換駅では改札止も行われ、殺気立った感もあり、何とも
疲れる帰宅でした。

--------

さて、小生はただいま通勤途中です。今晩の帰宅はどうなるのでしょうか?
まあ、それより台風自体が心配ですね。
どなた様も、お怪我などなされませんように。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

ローズSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎3ハッピーグラス
○1リヴァーレ
▲4マイネジャンヌ
以下△6,8,11です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

典型的逃げ馬不在ということで、今週もイン前重視予想です。

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

プチ・リニューアルしました。

尾頭橋町内会長です。また台風が近づいて来ましたね。しかも、今回も高気圧
に押さえられてノロノロです。大雨が長く続きそうな雲行きで、紀伊半島など
前回の被災地は心配です。自然の猛威の前には祈るしかありませんが、せめて
早めの避難をお願いします。

さて、本日はプチ・リニューアルのお知らせです。
仏語と英語混じりという突っ込みは、なしの方向でお願いします(笑)。

--------

(1) スマホ用ページの開設【スマホから閲覧の方対象】

スマートフォン用ページを開設いたしました。スマホの方は、これまでより
閲覧しやすくなると思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

ただし、小生はスマホを持っていないため、画面表示の検証がキチンとはでき
ません。もし、閲覧上何か問題がございましたら、お手数ですがコメント欄等
で小生までお知らせください。


(2) リンクの追加【全閲覧者対象】

「アンモニア猪木のスレずれ臭っさ~」というブログを追加いたしました。
K-BARうまなりで常連さんだったK氏こと、アンモニア猪木さんのブログです。

氏は競馬はもちろん、音楽とプロレスと駄洒落を(?)激愛されるお方。これら
趣味ネタだけでなく、時事ネタにも駄洒落込みの独自な視点で斬り込んでおら
れます。ブログタイトル通り実にユニークで読み飽きないので、是非ご一読
ください。


(3) カウンター画像の更新【全閲覧者対象】

秋らしく、紅葉の画像にしてみました。気分で、またすぐに変えてしまうかも
知れませんが。


(4) タグクラウドの公開【PCから閲覧の方対象】

ご存知の方には釈迦に説法ですが、小生が各記事に設定したタグ(キーワード)
を、横串で見る機能です。例えば、「予想大会」という言葉をクリックすると、
関連記事が並ぶという具合です。もしよろしければ、暇潰しにでもプチプチ
してみてください。

--------

リニューアル内容は、以上です。
今後とも、拙ブログ「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

9/9のながさき苑

尾頭橋町内会長です。毎日毎日残暑が厳しいですね。「暑さ寒さも彼岸まで」
とは言いますが、今日の名古屋の最高気温は33.2度。この暑さで、秋の味覚
にも影響が出ているとか(▼参考記事▼)。来週あたり秋雨前線が南下しそう
ですので、気温が下がるのはそのあたりになりそうですね。

さて、9/9の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

9/9のながさき苑入口

おっ、「秋刀魚の塩焼」の文字の上に、秋刀魚の絵が。恐らく初めて書く話
なのですが、入口の看板や、店内メニューの手書き部分は、マスターの奥さん
がすべて書いていらっしゃいます。

ちょっとした遊び心かも知れませんが、この絵、意外に目を引きますね~。
きっと今日は秋刀魚を食べさせていただけるのでしょうか。楽しみです。


店内へ入ると、この日はほぼいつも通りの客入りでした。で、席に着けば当然
「三種の神器」の登場です。

生ビール

枝豆

餃子

餃子と相前後して、マスターからひょいっと渡されたのがこちら。
「粕漬」です。それも唐津の粕漬だそうです。

唐津の粕漬

小生、唐津の粕漬が名物なのかどうかもよくわからなかったので、軽く調べて
みました。唐津といえば、佐賀県でも玄海灘に面した地域で、海の幸が豊富
です。そんな海の幸を使った粕漬が、唐津の名産の一つになっているとか。
粕漬だけに、日本酒がよさそうな気もしますが、ビールとの相性もいいです。


こちらは、「ちくわ」と「さつま揚げ」。ちくわは長崎産だったと記憶して
います。

ちくわとさつま揚げ

何ということはないちくわに見えますが、さつま揚げと比べると、妙に太い
ように見えませんか? 実はこのちくわ、太さが5,6cmほどあり、結構食べ応え
があります。

長崎も海の幸が豊富なので、練り物の生産が盛んだとか。ネット上で見ると、
「練り物王国・長崎」というフレーズも、少なからず発見できます。なるほど、
ちくわのこの太さも納得です。侮りがたし、練り物王国。

--------

このあたりでマスターが登場し、バイトのRさんとNさんも、先週と同様合流
してくださいました。

まずは、全員揃って生ビールで乾杯。Nさんは、初めてのころから乾杯には
生ビールで参加してくれていましたが、一方Rさんは、生ビールを飲むように
なったのは最近です。確かRさん自身も話していたと思いますが、だんだん
ビールに慣れてきたようですね。


今日の話題は、ペットの話からでした。Rさんは、ハムスターを飼っていて
実家にはインコがいるとのこと。一方Nさんは、猫と暮らしているそうです。

Nさんの猫の話は、確か初めてのころにお聞きしたような気もしますが、猫と
いうところがNさんらしい。どちらかといえばチャキチャキしたRさんに対し、
Nさんはおっとりとした感じです。小生の感覚ではありますが、そんなNさん
の雰囲気に、猫は合っているような気がします。


その後の話題は、相変わらず小生酔っ払っていてあまり記憶がないのですが、
いつになく盛り上がり、2時間ほども話し込んだのでした。おかげで、Rさん
による、週刊競馬ブック「PHOTOパドック」診断は聞き忘れてしまいました。
だから小生がセントウルSで負けた、・・・というのは単なる言い訳です。

--------

ところで、マスター登場とともに出てきたのが、「骨付牛カルビ焼」。
この夏は、ずっとこれがながさき苑のおすすめ品になっているのですが、
少し甘めの自家製カルビソースと相まって、相変わらずいい味です。

骨付牛カルビ焼

そして、「蛤の酒蒸し」。こちらも本日のおすすめ品です。大粒な蛤は、もう
プリップリですよ。

蛤の酒蒸し

こちらもおすすめ品、「秋刀魚の塩焼」です。

秋刀魚の塩焼

画像は小生の分しか写っていませんが、一気に4人分、つまり4尾も出てくると
テーブルの上は壮観です。4尾の秋刀魚の焼けた匂いは、もうたまりません。
よだれが落ちそうになるとは、まさにこのことです。食欲増進、食欲増進。

一口いただくと、丸々とした身はもうホクホク。ここまで、結構いろいろな
ものを食べているのに、ガツガツと食らいついてしまいます。

ちなみに、秋刀魚の食べ方のきれいさは、マスター>RさんとNさん>小生の順
です。マスターはさすが料理人、秋刀魚を頭から食べて、ほどんど残りがあり
ません。一方小生は、それなりに骨から身を外しているのですが、所々に身が
残ってしまいました。はい、これから精進します。


この日のながさき苑は、これだけでは終わりません。
何でしょう、この大盛りな野菜は。

しゃぶしゃぶの野菜

何でしょう、この霜降り牛肉は。霜降り具合も絶妙です。

霜降り牛肉

答えは、もちろん「しゃぶしゃぶ」でした。

しゃぶしゃぶ

初めは、ながさき苑のホープS氏が、しゃぶしゃぶ鍋を出してくださったの
ですが、この肉と野菜の量ではとても間に合わないので、大振りな鍋に変えた
ほどでした。

牛肉と野菜だけならともかく、実はこの鍋の底には豚肉も入っているのです。
このあたり、マスターのこだわりがありありと見て取れます。霜降り牛肉だけ
でも贅沢なのに、豚肉まで入った日には、もう降参するしかありません。

マスターのこだわりには、まだ続きがあり、胡麻だれは当然のように自家製。
その上、胡麻だれにおろしニンニクをプラスするのです。すると、胡麻だれの
味と香りに一段と深みが増します。

絶妙霜降り牛肉をサッと湯掻いて、しんなりと煮えた野菜とともに、ニンニク
入り自家製胡麻だれにつける。その時点で、何とも言えないいい匂いが漂い、
脳に強烈な勢いで食欲が注入されます。まさに、食欲増進、食欲増進、大増進
です。

牛肉に残るほのかな赤味と、クリームシチューのような胡麻だれの色のコラボ
を楽しみつつ一口。牛肉は柔らかく、肉汁と胡麻だれとのコンビネーションで、
本当にうまいとしか言いようがありません。幸せな気分になりますね~。

RさんもNさんも、本当に幸せそうな表情をしています。同じテーブルで、
そんな姿を見ているマスターも、実にうれしそうです。

鍋底で煮えている豚肉ももちろんいただきましたが、牛肉とは違った食感が
楽しめ、こちらもvery goodでした。


「ハイボール」を飲みつつ、しゃぶしゃぶを食べつつ、四方山話をしつつ、
ながさき苑の夜は更けていったのでした。

ハイボール

--------

残暑が秋の味覚直撃 マツタケが、ナシが…

日テレNEWS24


▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

9/3の寿司くるくる

尾頭橋町内会長です。先週の中ごろは「新涼」などと書いておりましたが、
今晩の愛知県は蒸し暑いです。こうして、行きつ戻りつしながら秋が深まって
いく訳ですが、この蒸し暑さ、もう少し何とかならないものでしょうかね~。

さて、9/3の土曜日も寿司くるくるへ突撃いたしました。

寿司くるくるの看板

この日は、常連さんと思しき先客がカウンターに。ということで、先週と同様
奥まった場所のテーブル席に通していただきました。

早速、生ビールと枝豆をいただきます。

生ビール

枝豆

続いて、こんな流れで料理が登場。

小海老の揚物とだし巻き玉子

刺身1

今日は、早めに「寿司」も出してくださいました。寿司の後ろで控えめにして
いるラッキョウが、意外に高ポイントな酒肴です。

寿司一人前


この後は、大将に新潟記念の的中報告などしながら、先週の如くまったりと
飲んでおりました。ただ小生、前夜のながさき苑での祝勝会でしこたま飲んだ
影響か、今日はいつもほどビールが進みません。大将にも、
「今日は飲みが悪いね~」と突っ込まれてしまいました。

そんな小生を見てか、追加燃料の投入。

冷奴

刺身2

現金なもので、新たな酒肴が入ると元気が出てきます。ちょうど、あとから
何組かお客さんがいらっしゃり、店内がなかなか盛況に。こぞって生ビールを
飲んでいたら、生ビールの樽が空になってしまいました。

樽は間もなく補充されたのですが、そんなこともあって、今日も赤ワインを
いただきました。ワイングラスの脚が短めということで想像がつくかも知れ
ませんが、結構大きなグラスです。

赤ワイン

大きなワイングラスでしたが、元気が出てきていたし、時間も結構あったので、
結局きれいに飲んでしまいました。


締めには、なぜか「冷やしうどん」。実は、最初に触れた先客の常連さんも
小生と同様ゆっくりと飲んでおられ、その方からのリクエストでうどんを
食べるという話になったのです。

冷やしうどん

見た目にも涼しげで、大将の作ったつゆにたっぷりとつけていただくと、
少々疲れた胃袋には実に心地よい味わいです。


大将、本日もどうもごちそうさまでした。

寿司くるくるの暖簾

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

小生の本命馬当てクイズ セントウルS

復興支援ポスター DOWN WITH NUCLEAR POWER

尾頭橋町内会長です。今日で東日本大震災からちょうど半年。遠く離れたここ
愛知県では、ほぼ何事もなかったかのように1日が過ぎていこうとしています。
しかし、こういう節目の日ぐらいは、その日、そのときを思い返す必要がある
のではないでしょうか。

さて、本日もいつものようにK-BARうまなりのマスターから挑戦状が・・・、
届くはずなのですが・・・。

お~、15:30ごろにようやく届きました。どれどれ。

From: 元・K-BARうまなりマスター
To: 小生
Subject: 今日は京成杯の方ですか?
Message:
今、起きました

(1)マイネルファルケ
(2)メイビリーヴ
(3)フライングアップル

でどうでしょうか?

--------

あら~、レース選択自体が間違いでした。レースを間違えた時点で、マスター
の負けと言いたいところですが、まあノーカウントが順当なところですね。

また、来週の挑戦状を楽しみにしたいと思います。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

セントウルSの皮算用

尾頭橋町内会長です。
中央場所に戻ってくると、秋競馬ですね~。G1も近づき、楽しみな季節です。

さて、今週の穴馬券です。

◎2ヘッドライナー
○7サンカルロ
▲1エーシンリジル
以下△9,12,14です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

力差が大きいメンバーと見て、今週は小生としては堅めの予想です。
誰しも考える開幕週の逃げ馬。問題はどれを取るか、ということですが、
ヘッドライナーはこれ以上ない好枠を引きました。

ヘッドライナーの逃げなら乱ペースはないと考え、相手も比較的堅いところで。
阪神1200mはタフなコースですので、1400mでも良績のあるサンカルロを相手に
狙いました。

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

8/27の寿司くるくる

尾頭橋町内会長です。8/27の土曜日は寿司くるくるへ突撃いたしました。

寿司くるくるの暖簾

「お~、来たか~。こっちこっち!」

大将に声を掛けていただき、今日は少し奥まった場所のテーブル席に通して
いただきました。大将は、この場所でテレビなど見つつ寛いでいらっしゃい
ましたので、どうやらここが大将の定位置のようです。

前回まではカウンターあたりに通していただいていたので、くるくるへの突撃
4度目にして、小生大出世かも知れません(笑)。ということで、この日は大将
とサシで飲む形になりました。

とりあえずは生ビール。

生ビール

前回のくるくるの記事でも書いたのですが、大将の話によると拙ブログを
読んでくるくるへご来店のお客さんがいらっしゃったとのことでした。大将は
またも小生に「ありがとうな~」とおっしゃってくださいました。

小生微力ではありますが、せっかくお邪魔させていただいているくるくるの
ためになれば、こんなにありがたいことはありません。

とりあえずと言っては何ですが、酒肴に「枝豆」と「イカの塩辛」です。

枝豆とイカの塩辛

イカの塩辛

「刺身」と「だし巻き玉子」です。後ろに見えているのは秋刀魚でしょうか。
青魚が新鮮で、おかげでビールも進みます。

刺身とだし巻き玉子

こちらは「カレイの煮付け」、だったと思います。大将にお聞きしたのですが、
すでにこの時点で結構酔っていて今一つ記憶が定かでありません。

カレイの煮付け

--------

この日は土曜日なのですが、例のト○○系の土日稼働の影響か、他にお客さん
はなし。大将と、まったりと飲んでおりました。

くるくるの大将が競馬好きというのは、初めてお邪魔したときからすでに
わかっているので、中京スポーツを広げて翌日の新潟記念の話などをしていま
した。

小生が、「穴ならサンライズベガですよ~」と話すと、
大将は、「よぉ買うな~」などと付き合ってくださいます。

ちなみに、大将の競馬好きは、くるくる超常連で、小生をここへ連れて来て
くれた馬友O氏も知らなかった事実だそうです。それを知ったときは、O氏自身
驚いていましたが、大将・O氏共に競馬のキャリアが長いのに、何とも不思議
なものです。


そんな話をしつつ、箸休めという感じで、「漬物」をいただきました。

キュウリの漬物

そして、お待ちかねの「寿司」の登場です。この日も、大盛でいただいて
しまいました。大将、ごちそうさまです。

寿司一人前

あとは、チーズを酒肴に赤ワインをいただき、

赤ワインとチーズ

この日放送していた世界陸上を見ながら、大将といろいろ話をしていました。

世界陸上の司会者お二人

こちらは、男子100mに出ていたフランスのクリストフ・ルメートル選手。

世界陸上 クリストフ・ルメートル選手

白人選手として初の9秒台を出したそうですが、そんなことより競馬ファンに
とっては名前がややこしい。クリストフ・ルメールだと、日本によく来るあの
騎手になってしまいます。そのおかげで、ルメートル選手の名前も一発で覚え
てしまいました。


こちらは、予選を10秒10で流して勝ったウサイン・ボルト選手。まさか、翌日
の決勝でフライング一発失格になろうとは・・・。

世界陸上 男子100m予選のゴール前

世界陸上 ウサイン・ボルト選手

赤ワインをほぼ空けてしまったあとは日本酒で。これだけちゃんぽんで飲めば、
もちろんご機嫌さんもいいところです。

日本酒

こうして、くるくるの夜は更けていったのでした。

花金ビルの看板

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

新潟記念W祝勝会!

尾頭橋町内会長です。一つ前の記事でも書きましたが、今晩も涼しくなって
きました。今朝のニュースによると、今日の愛知県の最低気温は10月上旬並み
だったそうです。このところ、朝晩はまさに「新涼」という言葉がぴったりと
合う過ごしやすさです。

さて、9/2の金曜日にも、新潟記念祝勝会を行いました。金曜夜の宴といえば、
舞台は当然ながさき苑。今回のメンバーは、馬友N氏、N氏の彼女のAさん、
そして小生です。N氏とAさんにとっては、初ながさき苑です。

9/2のながさき苑入口

前回、オークスの祝勝会が約3週間後だったため、宴としては楽しかったの
ですが、充実感がもう一つだったという反省に立ち、今回は1週間以内という
日程にこだわりました。

ところが、この夜は台風12号上陸が懸念されるタイミング。延期も心配され
ましたが、強風は吹きすさびながらも、幸い降雨があまりなかったため、
何とか無事に開宴することができました。


祝勝会とはいえ、ここはながさき苑。今日もスタートは「三種の神器」です。
枝豆の画像がありませんが、話に夢中で撮り忘れました。代わりに(?)、餃子
は2人前。やはり2列並ぶと食べ応えがありますね~。

生ビール

餃子

ところで、この日はながさき苑突撃時に、すでに土瓶蒸しが用意してあり
ました。祝勝会ということで、事前に予約したからなのですが、この時点で
まだ火は入れません。何の土瓶蒸しかは、後ほどのお楽しみということで。

用意してあった土瓶蒸し

「口取り」もすぐに登場しました。よく考えたら、小生ながさき苑で予約して
の宴会はほとんど記憶がありません。それだけに、これはこれで宴会らしくて
新鮮な感じがします。

口取り

口取りに感心している場合ではありません。飛び道具が登場しました。
「刺身盛合せ」です。

刺身盛合せ

ながさき苑初体験の、N氏とAさんのお二人はこれを見てびっくり。まずは、
ハマチの尾頭が余裕を持って盛り付けられる、この大皿。そして、大皿一杯に
盛り付けられた刺身の数々。そのハマチに、鮪、秋刀魚・・・。
「見ているだけでお腹一杯」という声も聞こえてきたような気がします。

それでも、メンバー内で一番若いAさん、
「ヤル気が出てきた」と頼もしい一言です。そうそう、ガッツリ行きましょう。
小生も、食欲増進、食欲増進。

--------

ところで、本記事のタイトルが「W祝勝会」となっているところにお気づき
でしょうか?

実は、馬友N氏も新潟記念で大勝利を上げたのです!

馬友N氏の新潟記念的中馬券

それも、3連単とワイドのダブル的中。そして、その3連単は、な~~んと3頭
ボックスで的中でした。ちなみに、馬連でも万馬券だっただけに、3連単は
10万馬券でした・・・。いやはや、恐れ入りました。


馬友N氏、話したくてうずうずしていましたので、もちろん馬券自慢をして
いただきました。当日、馬券購入までの道程はというと・・・

初めは3-5、つまりセイクリッドバレー-ナリタクリスタルのワイド1点の予定
だったそうです。その理由は、馬柱を見たときに2頭が光って見えたからと
言います。その時点で、ワイドが的中なんですね~。


ここまでは、すでにレース翌日にN氏から聞いていたところです。
では、サンライズベガは?

ワイド1点もありですが、これだけでは面白くないと思い、N氏はさらに馬柱を
精査しました。そこで気になったのが、もちろんサンライズベガ

専門紙などの記事を見るまでもなく、新潟記念のメンバーには逃げ馬が不在
でした。すると、先行馬のサンライズベガがもし逃げれば、展開利は見え見え。
穴馬ならこれと思い至る過程は、小生とまったく同じでした。

それを補強する材料が、小生と違うところです。馬友N氏の予想スタンスは、
厩舎重視というもの。サンライズベガの所属厩舎は、音無厩舎。誰もが知って
いる有力厩舎ですから、今回あたり走りごろではないかと推理した訳です。
厩舎面では、むしろセイクリッドバレーの方が不安なぐらいだったそうです。


その新潟記念のレース中、サンライズベガナリタクリスタルが2頭で行って
いるときには、内心しめしめだったそうです。ここまでは小生と同じです。

違いは、直線に入ってからでした。小生は、(実際には声も出ませんでしたが)
「そのまま、そのまま!」という思い。しかしN氏は、
「丸山~っ、何しとんじゃ~~!!」でした。いやいや、きっと実際には叫んで
いないと思いますよ(笑)。

そのココロは、セイクリッドバレー=丸山騎手がインを突いてきたことにあり
ます。新潟開催も7週目となり、内が荒れていたので、逃げていたサンライズ
ベガ=北村宏騎手も、馬場のほぼ中央に持ち出していました。番手のナリタ
クリスタルはもちろん、有力差し馬はその外を差してきます。

ところが、そんな中セイクリッドバレーだけがイン差しを敢行。内枠だった
だけに仕方ない部分もありますが、結果クビ差残ったからよかったようなもの
の、冷や冷やの気分に変わったゴール前という一幕でした。

結局、この新潟記念、馬友N氏・U氏の両名に小生と、3人も的中した訳ですが、
ゴール前の表情は、まさに三者三様。実に面白いものです。

--------

さて、馬券的中に饒舌になるほどに、料理も酒も進みます。マスターが先ほど
の土瓶蒸しに火を入れてくださっていたので、このあたりで食べごろとなり
ました。

中味は、「鱧と松茸の土瓶蒸し」でした。鱧と松茸とは、夏から秋へと移り
変わる、まさにこの時期らしい組合せですね。鱧は湯引きという通り相場かと
思っていましたが、さっぱりした鱧は土瓶蒸しにもよく合います。

鱧と松茸の土瓶蒸し


初めに書いた通り、この日は台風でお客さんも少なかったので、マスターと、
バイトのRさん、Nさんもここらで合流してくださいました。

様子見がてら(?)登場したのは、「じゃがバター」。

じゃがバター

それから、「穴子の柳川鍋」。

穴子の柳川鍋

こちらは、様子見と言っては叱られるメニューです。正調柳川鍋なら現首相
ですが(笑)、残念ながら小生はドジョウ料理を食べたことがないので比較でき
ません。

ドジョウは、その名の通り泥くさい味がするとも聞きますが、それに対して、
こちらは癖のない穴子。ですから、実に食べやすく、冷めないうちにとあっと
いう間に平らげてしまいました。


続いては、「鰹のタタキ」に、

鰹のタタキ

「鯨の刺身」でした。さすがにAさんあたりは、鯨の、それも刺身を食べた
ことはないようですが、それでも初挑戦の鯨の刺身に舌鼓を打っていました。

鯨の刺身


その後は、バイトのRさんのご指導のもと、日曜の新潟2歳S予想大会となった
はずなのですが・・・。

小生は酔っ払ってしまったらしく、その結論は残念ながら記憶がありません。
残っていたのは、競馬ブック上の「ダローネガとアドマイヤ」という殴り書き
のみという次第です。

こうして、ながさき苑の祝勝会の夜は更けていったのでした。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

小生の本命馬当てクイズ 新潟2歳S

尾頭橋町内会長です。今般の台風12号で被害に遭われた方々には、お見舞い
申し上げます。当地愛知県では、午前中まで雨が残っていましたが、午後から
はほぼ天候回復。台風一過とはこのことか、今晩はひんやりとして一気に秋の
気配を感じます。

さて、昨日の新潟2歳S、いつものようにK-BARうまなりのマスターから挑戦状
が届きました。

From: 元・K-BARうまなりマスター
To: 小生
Subject: 今週は小倉?新潟?
Message:
小倉なら
(1)キンシツーストン
(2)シゲルスダチ
(3)ハギノコメント

新潟なら
(1)ダンスインザマミー
(2)ハッシュドトーン
(3)ヒシマーベラス

でどうでしょうか?

--------

残念ながら、今回はハズレです。さすがにマスターも、今回は読みづらかった
ようですね。これで、通算戦績はマスターの11勝9敗となりました。

もちろん、小生自身としても読みづらいレースでした。小生、近走実績は重視
しませんが、過去実績は重視するので、2歳戦は予想精度がかなり落ちます。
というより、早い時期の2歳重賞は、当たったためしがないはずです。

幸い穴党としては、配当が安かったので、次週に気持ちを切り替えやすいのが
何よりです。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

新潟2歳Sの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎12プレノタート
○11ジャスタウェイ
▲6アドマイヤリリーフ
以下△4,15,17です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

9月のご挨拶

復興支援ポスター 中秋の名月には東北銘菓でお月見

尾頭橋町内会長です。
いつも拙ブログをお読みいただきありがとうございます。
また、初めて拙ブログをご覧いただいた方もありがとうございます。

おかげ様で、先月末に通算800アクセスを達成し、1,000アクセスの大台
も見えてまいりました。アフィリエイト等には興味がないのですが、皆様の
アクセスが励みになります。

さて、このところ新潟記念関係の記事が続き、すっかり競馬ブログらしく
なったでしょうか。いやいや、元々拙ブログは競馬ブログであります。
今後は、さらに競馬濃度を上げるような記事を書いていきたいと思います。
といいつつ、競馬濃度を薄める記事も書くつもりですが・・・。

台風12号が接近し、地域によってはすでに大雨になっているようです。
どなた様も、お気をつけください。

今後とも、「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲