FC2ブログ

5/25のながさき苑

尾頭橋町内会長です。

いささか旧聞に属しますが、すでに先週沖縄では梅雨明けしました。ここ
愛知県あたりと比べると、沖縄の梅雨時は例年1ヶ月早いですから、この時期
の梅雨明けは少しもおかしくないでしょう。

この分だと、中京最終週は梅雨明け後になるのでしょうか。暑さ自体は決して
好きではありませんが、暑い中競馬観戦をし、その後でコキコキに冷えた
生ビールを飲む・・・。これは最高においしい生ビールになりそうで、楽しみ
になってきました。



さて、5/25の金曜日もながさき苑へ突撃いたしました。

5/25のながさき苑入口

ながさき苑の暖簾をくぐると、見慣れぬ顔が。おっ、新しいバイトさんが入店
されたようです。新人さんのお名前はMさん。念のために書いておくと、以前
にいらっしゃったMさんとは別人です。さすがに、イニシャルで書くとかぶり
やすいです。

続いて、お休みだったバイトのRさんも登場。今日はうれしいことが重なり
ました。

いつも通りの「三種の神器」ですが、いつも以上にうまいですね~。

生ビールと枝豆

餃子

続いては「真鯛の刺身」に、

真鯛の刺身

「大アサリ浜焼」の登場。

大アサリ浜焼

バイトさんの二人の入店・復帰にマスターも張り切ったようで、ご自慢の
鯨料理を出してくださいました。こちらは、「生鯨の赤身の刺身」。

生鯨の赤身の刺身

普通のユッケに見えますが、こちらは「鯨のユッケ」です。鯨のユッケとは、
ちょっと珍しいですね。もっとも、普通の(牛肉の)ユッケは、今や外ではまず
食べられない代物になってしまいましたが。

鯨のユッケ

そんな勢いで、早くも大皿が登場しました。料理名はハッキリとは覚えており
ませんが、「豚唐揚の中華風あんかけ」とでもいう内容です。皿の大きさは、
新聞と比較していただければ一目瞭然かと思います。

豚唐揚の中華風あんかけ



新人バイトのMさんは残念ながら帰宅されましたが、Rさんとマスターが合流
してくださいました。

早速マスターが出してくださったのが「シーフードサラダ」。小生、すぐに
いただこうとすると、マスターからストップが掛かりました。何かと思えば、
カセットボンベでサラダを炙り出したのです。

シーフードサラダを炙る

「炙りシーフードサラダ」の出来上がり。確かに身が締まり、香ばしさも出て、
飲みながらつまむには、より優れていると感じました。

炙りシーフードサラダ

さあ、2度目の大皿登場です。こちらは「トンテキ」。大皿の大きさは、当然
先程の豚唐揚と同じです。その上、ご覧の通り山盛りですので、眼前にすると
相当迫力があります。

巨大なるトンテキ1

画像的にはこちらのアップの方が迫力があると思います。大きさばかりでは
なく、味の方も抜かりはありませんでした。ながさき苑ご自慢のSPF豚という
良質な食材と、少し焦げたソースと相まって、この量を感じさせず3人で完食
いたしました。

巨大なるトンテキ2


もちろん、食べ物ばかりでなく、目前となった日本ダービーの話が何よりの
酒肴となりました。ダービーの思い出だったり、今年の狙い馬だったり、
狙いたくない馬だったり、飲んだ勢いに任せて放談三昧。ちなみに、小生の
狙いたくない馬は、当然ワールドエースでした(笑)。

日本ダービーの新聞

ダービーの話をしつつ、「梅酒ロック」をちびちびとやりつつ、この日も
ながさき苑の夜は更けていったのでした。

梅酒ロック

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



今週から中京開催!

尾頭橋町内会長です。

遂に消費税が増税されてしまいますね。363対96ということですが、あまり
にも庶民感覚からかけ離れた票差です。小生多くは語りませんが、次回の国政
選挙まで絶対に今日の思いを忘れないようにしたいものです。


さて、嫌な話はここまで。いよいよ今週末から地元中京開催がやって来ます!
金山駅には、こんな巨大な垂れ幕が登場しました。

第2回中京競馬開催の巨大な垂れ幕

「17年ぶり 夏の中京が帰ってきた!」

ご覧の通りキャッチコピーはこんなフレーズなのですが、小生にとっては
違和感ありまくりです。小生が競馬を始めたころは、2回中京は一昨年までと
同様5月開催。梅雨時に変更されては・・・、というのが正直な感想です。

おまけに、中京の芝中距離重賞は、
  • 以前・・・(1回)中京記念 → (2回)金鯱賞 → (3回)中日新聞杯
  • 今年・・・(1回)中日新聞杯 → (2回)中京記念 → (3回)金鯱賞

とすべて移動。他場の重賞も変更があったとはいえ、何もここまで変えなくて
もいいのではないでしょうか。中京記念がマイル重賞に変わったということ
だけでは、とても説明がつきません。


とはいえ、穴党としては、開催時期の変更は穴馬券の大チャンス。文句を言っ
てもしばらく開催時期は変わらないのですから、前向きに捉えて、今開催は
穴狙いを一層楽しんでいきたいと思います。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

宝塚記念の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎3ヒットザターゲット
○6エイシンフラッシュ
▲8アーネストリー
以下△2,7,9です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

5/11のながさき苑

尾頭橋町内会長です。

一昨日の台風4号に続き、今度は台風5号がやって来ました。正確には、午前中
に温帯低気圧に弱まったのですが、6月にこうした台風の連続襲来は記憶に
ありません。梅雨時なので、雨自体は我慢するしかありませんが、通勤が大変
なので風雨のセットは勘弁してほしいものです。


さて、5/11の金曜日もながさき苑へと突撃いたしました。

5/11のながさき苑入口

前回お邪魔したのは、GW後半の前夜とイレギュラーな日でしたから、いつも
通りのながさき苑は半月ぶりとなります。ちなみに、記事は起こしません
でしたが、4月中も週末のながさき苑は皆勤賞でした。

これまたいつも通り、「三種の神器」からスタートです。

生ビール

枝豆

餃子

小生は23時ごろの突撃でしたが、さすがに前回と違い通常の週末ですので、
マスターはまだまだ忙しそう。ということで、ヴィクトリアマイルの新聞を
読みつつ、

ヴィクトリアマイルの新聞

「季節の五点セット」をいただいて、マスターをお待ちしました。五点セット
の最初は、「牛スジビーフカレー煮」。牛スジは何日もかけて煮込んでいる
そうで、玉ねぎは完全に溶けてしまうほど。マスターご自慢の一品です。

牛スジビーフカレー煮

続いて「ポテトチーズ」。

ポテトチーズ

3点目は「博多辛子明太子」。

博多辛子明太子

そして4点目は、「蟹丸ごと唐揚」。蟹の種類は聞き忘れましたが、脚を広げ
て幅15cmほどの小振りな蟹です。「丸ごと」唐揚ですから、胴の部分も含め
丸ごとかぶりついていただきます。

蟹丸ごと唐揚

5点目は「タコブツ」なのですが、こちらのみ後での登場でした。後で考える
と、マスターなりの理由があったようです。勿体つけるほどのことではあり
ませんが、理由はタコブツが出たところで触れましょう。



蟹丸ごと唐揚を完食したあたりで、マスターが合流してくださいました。普段
なら、かなりの割合でバイトのRさんもご一緒してくださるのですが、Rさんは
4月後半からしばらくお休みをされていました。残念。

それでも、マスターとの間では、先週の春天祝勝会の勢いが残っており、この
日もプチ祝勝会の趣となりました。ということで、まずはマスターと乾杯!

マスターと小生の生ビール

この時期の定番、「大アサリ」をいただきました。

大アサリ

ここからは、刺身3連発でした。まずは「タコブツ」から。そう、タコブツが
ここで登場した理由は、刺身をまとめて食べ比べようというマスターの意向
だったようです。

タコブツ

続いて「カンパチの刺身」。

カンパチの刺身

そして祝勝会らしく、「アワビの刺身」も出してくださいました。ながさき苑
では、以前にアワビの肝をいただいたことがあるのですが、これはかなり苦く、
文字通り珍味に属します。それに比べて刺身は遥かに食べやすく、コリコリ
しておいしくいただきました。

アワビの刺身

そうそう、「ウニ」も登場し、

ウニ

卓上はこんな感じで賑わいました。

卓上の様子1

後半は「ヒゲのハイボール」にスイッチ。

ヒゲのハイボール

「プチ」祝勝会とはいえ、マスター、小生ともお互い気分が高揚していたよう
で、この日も宴は遅くまで続いたのでした。

卓上の様子2

ちなみに、この日の締めは「カレーチャーハン」。もちろん、しっかり完食
させていただきました。

カレーチャーハン

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

宝塚記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

昨日の台風は、通過速度が速かったせいか、ここ愛知県では幸いそれほど被害
がなかったようです。個人的には、昨日の帰宅時に足元がずぶ濡れになった
のが大被害ではありましたが・・・。


さて、今週末の重賞は、春のG1最終戦である宝塚記念です。

年末年始などでもそうなのですが、こういう節目のときに過去を振り返ると、
本当に過ぎ去るのは早いものです。中京リニューアルだ、高松宮だと騒いで
いたのが、つい昨日のような感覚です。

特に今春のG1は、2年ぶりの中京開催や春天的中など、個人的にはお祭り状態
で、よけいに時の流れが早く感じた次第です。

そういえば、今春はG1生観戦3回、旅打ちも3回。重複がありますので、計4回
WINS名古屋以外で勝負いたしました。「尾頭橋町内会長」としては、ちょっと
ホームグラウンドを留守にし過ぎましたね。そんなこともあり、今週の宝塚は
地元に腰を落ち着けての勝負です。



前置きついでに、もう少しだけ前置きを。

昨年の宝塚記念の皮算用でも、同様なニュアンスで触れましたが、ここ何年か
の宝塚記念は、メンバー的に文字通り中距離最強決定戦の趣となっています。
その傾向に違わず、今年も四冠馬を始め豪華メンバーが揃いました。こうなる
と、トーセンジョーダンが出られないのは残念なところです。

こういう目移りするようなメンバーともなると、買うファンの馬券哲学だっ
たり、更には馬券美学であったりが現れると思います。

そんなとき、よく「こういう(豪華メンバーの)レースは好きな馬から買え」
などとおっしゃる方がいらっしゃいます。もちろん、好きな馬から買うという
予想方法自体は、一つの方法論として間違っていないと考えます。

ただ、基本的に(=ほぼ毎回)好きな馬から買う、というのではなくて、「こう
いうレースだから」好きな馬から買うというやり方は、予想の放棄ではない
でしょうか?



前置きはこれぐらいにして、今週もいつもの小生算出予想人気一覧を公開いた
します。( )内が予想人気です。

(1) ルーラーシップ
(2) オルフェーヴル
(3) ショウナンマイティ
(4) エイシンフラッシュ
(5) トゥザグローリー
(6) ウインバリアシオン
(7) アーネストリー
(8) ビートブラック
(9) フェデラリスト
(10) マウントシャスタ
(11) スマイルジャック
(11) ナカヤマナイト
(11) ネコパンチ
(11) ヒットザターゲット
(11) ホエールキャプチャ
(11) モンテクリスエス

(カワキタコマンド、トレイルブレイザーは回避予定とのことです)


何と、四冠馬オルフェーヴルが1番人気を譲るという結果が出ました。

片やオルフェーヴルは春天惨敗、片やルーラーシップは香港でG1勝利と、前走
成績は対照的ですから、この結果も仕方ないかも知れません。ですが、穴党と
しては良血馬の1番人気ほど買いたくない馬はありません。人気が必要以上に
被りますから。

小生、確かに昨年の有馬記念ではルーラーシップを軸に勝負いたしましたが、
それはもちろん人気薄だったからです。同馬は、大トビで本来小回り向きとは
言えないキャラ。対してオルフェーヴルは、兄ドリームジャーニーを持ち出す
までもなく、ピッチ走法で小回り向きです。

予想1,2番人気両頭については、現状こうしたスタンスで対応していこうと
考えております。



それでは、現時点での小生の注目馬、すなわち穴馬は次の通りです。


・ヒットザターゲット

宝塚記念の舞台、阪神2200mは内回りコース。すなわち小回りコースです。
となれば、先行馬有利は必定。同馬は先行馬であり、有利な脚質です。また、
中央場所での実績は少ない馬ですが、逆にローカル=小回りは走り慣れている
と言えます。

さらに、週刊競馬ブックの「データカプセル」というコーナーで、何と同馬が
本命に抜擢されているのです。データ分析による予想は、一般的に消去法に
なることが多く、そのため穴馬を見逃しがちですが、予想11番人気が本命なら
話は別です(笑)。


・フェデラリスト

こちらは、母ダンスパートナーという良血馬。先程触れたように、小生良血馬
は嫌いですが、この人気薄なら狙う価値が出てきます。

また、今年の大阪杯では並み居る強豪を抑えて1番人気に支持されました(2着)。
現に、アーネストリー、ナカヤマナイト、ローズキングダム、そしてトーセン
ジョーダンに先着しているのです。もう一つ、小回りが共通する中山巧者で
あることも見逃せません。


・ビートブラック

スポーツ新聞の見出し的に書けば、「ビートブラックもう一丁!」といった
ところでしょうか。現に春天を勝った馬がこの人気なら、それだけでもう一丁
狙う価値があります。

また、春天優勝馬ながら、実は阪神巧者である点も重要です。そしてもう一つ、
同馬はやはり先行馬だったという点です。ちなみに、回避した2頭は先行馬
ですので、同型が減って優位性が増しています。


今日のところは、以上です。



P.S.
この皮算用をほぼ書き終わるかという時点で、馬友N氏と宝塚記念の話をする
機会がたまたまありました。N氏の見解は、何と小生とほぼ真逆だったことに
ビックリです。これで狙い馬の間口が広がったので、N氏か小生のいずれかが
的中できるのではないでしょうか(←プラス思考)。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

日本ダービー(東京優駿)ツアー

尾頭橋町内会長です。

台風4号、来ましたね~。ここ愛知県では、ちょうど帰宅時間に風雨とも強く
なりましたが、何とか無事に帰宅できました。愛知県東部に再上陸したという
情報もありますが、この時間には少し風雨が収まってきたようです。
(▼参考記事▼)


さて、日本ダービー回顧の記事でも触れました通り、今年は東京競馬場へ日本
ダービーを観戦に行ってまいりました。

フェブラリーS現地観戦のときは、高速ツアーバスで東上しました。ですが、
さすがにあのバス事故もあったので、今回は新幹線で品川へ。

品川駅に到着したのぞみ156号

府中なら、品川でなく東京経由でよさそうなものですが、最初の目的地は
こちら「恵比寿ガーデンプレイス」でした。

恵比寿ガーデンプレイス前

ここでは、一昨年オープンした「ヱビスビール記念館」へ。

ヱビスビール記念館入口

入場すると、館内はなかなかの雰囲気です。

ヱビスビール記念館館内

記念館というだけあって展示もあったのですが、

ヱビスビール記念館の展示物

ほとんどの時間、小生は「テイスティングサロン」で飲んだくれておりました。
テイスティング、すなわち試飲といっても、1杯400円を払って飲むので、実態
はビアホールのようなものです。

ヱビスビールとチーズ盛合せ

さすがヱビスビールの総本山、泡も実に細かく完璧ですね。

細かな泡のヱビスビール



恵比寿を後にして、次に向かった先は神田でした。神田といっても、目的地は
書店街ではなくもちろん飲み屋街です。

神田の飲み屋街

ここでは、飲み友O氏との飲み会という趣向でした。O氏とは、ながさき苑で
1/20に飲んで以来久々の再会です。

お目当ての店は、飲み友O氏の行きつけで「やきとん酒場 神田とら八」と
いう居酒屋でした。

神田とら八の店内

とりあえず、いつもの通り「生ビール」で乾杯。先程はヱビスでしたが、
今度はアサヒスーパードライであります。

生ビール

いいピッチで飲みつつ、話題はやはりお互いの近況報告。O氏は以前より若干
環境が変わったらしく、いろいろ苦労があるようです。深刻な話から下世話な
話まで(笑)、サシだからこそ話せることも多く、時の経つのも忘れてという
表現は、まさにこのときのことを指すのでしょう。


そんな話をしていれば、飲み食いも進みます。調べたところ、とら八は都内に
支店が何店舗かありますが、いわゆる全国チェーン店系の居酒屋ではないよう
で、そういった店とは一線を画したものがいただけました。

かぶらの味噌和え

イカ刺身

鶏皮と地鶏のねぎま

中でも飲み友O氏のおすすめは、こちらの「ガツさし」。ご覧の通り内臓系
ですが、生臭さはなくさっぱりとした味です。ビールにもいいですが、より
焼酎に合うと思いました。

ガツさし

ということで、途中から「いいちこ」を飲み始め、結局900mlボトルを開けて
しまったのです。先程触れた通り話も弾んだので、結局22時まで5時間近くも
飲んだ次第でした。

その後O氏と別れて府中の宿へと向かい、この夜はバタンキューでした。

京王新宿駅



日付は変わって、5/27の日本ダービー当日。

東京競馬場前のこの並木道、いつ来てもいい雰囲気ですね~。地元中京競馬場
を別とすれば、小生、府中は最も好きな競馬場ですが、この並木道がその理由
の大きな部分を占めるのです。

東京競馬場前の並木道

記念入場券を買って場内へ。入場券の主は、もちろん去年の三冠馬。

2012年 第79回日本ダービー(東京優駿)記念入場券

好天にも恵まれ、これぞまさに最高の競馬日和。この先の結果がどうあれ、
ここまでの雰囲気を味わえるだけでも、府中に来た甲斐があったというもの
です。

好天のパドック前

実は、上の画像はこの日陣取った場所です。ご覧の通り、スタンドのパドック
側に当たります。好天のダービーデーということで、10時近くに入場していて
は、当然コース側はすでに満席という訳。

小生、ただでさえ早起きが苦手なところに、前夜の飲み会も重なり、さすがに
早朝から並ぶほどの元気はありませんでした。


日本ダービーの現場とはいえ、この日も場内での行動パターンはいつもと変わ
らないものでした。

すなわち、定位置をあまり動かず、ひたすらダービー予想に専念。一部芝の
レースを観戦しましたが、

東京4Rのゲート入り

あくまでダービー予想の一環として馬場状態を見るためで、馬券勝負はして
おりません。まあ、JRAにとっては嫌な客だと思います。

格好を付けて申し上げれば、予想スタンスを変えず、あくまでメインの的中に
向けて集中したいというのが理由になります。

もっとも、こと今回のツアーに関しては、ヱビスビール記念館から飲んだくれ
ていたせいで、前夜まったく予想をしていなかったという、切羽詰まった理由
があったのですが(笑)。



さて、いよいよ日本ダービー出走馬がパドックを周回し始めました。パドック
だけに観客数の割には静かですが、それだけに緊張感が高まってきます。

この40分後、ダービー馬の栄誉を勝ち取ったディープブリランテ。

ディープブリランテ

実に惜しい2着だったフェノーメノ。

フェノーメノ

皐月賞馬ゴールドシップ、そしてコスモオオゾラ。

ゴールドシップとコスモオオゾラ

1番人気ワールドエース。

ワールドエース

そして、小生が期待したジャスタウェイ、とベールドインパクト。

ジャスタウェイとベールドインパクト


さあ、馬券を購入し、馬場の前へと移動しました。泣いても笑っても、間も
なくダービー本番がやって来ます。

ダービーを待つ観客たち

G1ファンファーレに拍手する観客たち。画像に撮ってしまえば、他のG1と同じ
ような光景ですが、この瞬間はやはり競馬ファンにとって年に1度の特別な
時間。小生もそうでしたが、多くのファンにとって最も気分が高揚する拍手
ではないでしょうか。

G1ファンファーレに拍手する観客たち

ゲートオープン! 2分20数秒後、雄叫びを上げさせてくれー!!

ダービーのゲートオープン直後

・・・残念ながら、小生は雄叫びどころか、直線では声一つ上げられません
でした。

代わりに見られたのが、岩田騎手の男泣き。直前2週の騎乗停止も含め、様々
な思いが去来したのでしょう。ただ、もろに判官贔屓ではありますが、ハナ差
2着に敗れた蛯名騎手の方が、もっと多くの回数ダービーで涙を呑んできた訳
ですから、どうせ馬券でやられるなら蛯名騎手にやられたかったところです。

ダービーを制した岩田騎手の男泣き



さて、小生はジャスタウェイ軸で馬券は撃沈でしたが、レース回顧の記事
触れた通り、馬友U氏がスマッシュヒットとめでたい結果となりました。勝敗
に関係なく打上げの予定ではありましたが、馬友U氏の祝勝会として開催でき
るのは何よりです。

新宿へと移動し、開店と同時に突撃したのは、「てけてけ 新宿総本店」と
いう店でした。こちらは、フェブラリーSツアーのときにお邪魔し、3ヶ月ぶり
の再訪です。

てけてけ新宿総本店外観

基本的には焼鶏の店のようですので、メニューの最初はこんな具合。

てけてけのメニュー

まずは、馬友U氏の日本ダービー勝利を祝して乾杯です。

生ビール

てけてけの看板メニュー「博多水炊き」。画像は鶏肉しか写っていませんが、
もちろん野菜や他の具もあります。前回もご紹介した通り、博多らしく豚骨
ベースのだし汁です。

博多水炊き

「皮パリっ! 眠り鶏のグリル」。あえて「皮パリっ!」と名付けている通り、
皮がパリパリしています。揚げてあるのかと思ったのですが、メニューでは
焼物に分類されているので、なるほど、だからパリパリしている訳ですね。
鶏皮好きには特にお勧めできると思います。

皮パリっ! 眠り鶏のグリル

他にもいただきましたが、画像は定番「塩つくね」と「ねぎま」です。こちら
では、ねぎまのことを「ど根性串」という料理名で呼んでいます。

塩つくねとど根性串(ねぎま)

馬友U氏と飲むと、締めには甘味をいただくことが多いです。今日も「自家製
とろとろプリン」で締めました。

自家製とろとろプリン

競馬の思い出をまた一つ胸にしまって、東京駅から新幹線に乗り込んだので
ありました。

のぞみ265号発車前の東京駅



台風4号 三重・鳥羽市から中継(動画)

日テレNEWS24


▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

マーメイドSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎11マイネエポナ
○2スマートシルエット
▲3グルヴェイグ
以下△4,7,13です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

天皇賞(春)祝勝会(2) ~土日連続の宴~

尾頭橋町内会長です。

先日の競馬は、梅雨入り後初めてのレースとなりました。東京のエプソムCは、
4角~直線でほぼ全馬外へ持ち出し、あたかも小倉最終週のようでした。雨上
がりで良馬場まで回復したので、てっきり内に殺到すると思ったのですが、
とんだ見立て違いです(10Rまで見ていなかっただけの話ですが・・・)。

ただ、15番人気3着のマイネルスターリーに騎乗した柴田大騎手の談話では、
内側が乾いていて、ノメらなかった」という件もありました。もし、同馬に
もう少し鋭い脚があれば、皐月賞のゴールドシップのようなレースになった
かも知れませんね。



さて、先日「天皇賞(春)祝勝会(1)」という記事を起こさせていただきました
が、"(1)"があるということは、少なくとも"(2)"があるということになります。
その通り、5/12と13の土日に祝勝会がありましたので、その模様をご紹介いた
します。


まずは、順番通り5/12(土)の集まりから。

この日のメンバーは、馬友N氏、N氏のお友達Aさん、N氏の後輩M氏という構成
でした。この顔触れは、3月に行った中京ツアーのメンバーマイナス1という
面々です。

中京ツアーのときは、たまたま運よく小生がフィリーズレビューと中京メイン
の中京スポーツ杯を的中した日でした。しかし、当日は諸事情で流れ解散と
なり、祝勝会ができず残念な気持ちが残っていました。そんな想いもあった
ので、早めに忘れ物を取り戻せたのは何よりでした。


前置きはここまでにして、金山にある某居酒屋で宴会開始です。まずは
「生ビール」を大ジョッキで・・・

と、通常はここで大ジョッキの画像を入れるところなのですが、初っ端から
「生大」を頼むというテンションの高さに、すっかり撮影を忘れてしまって
いました。

春天の的中自慢に始まり、ヴィクトリアマイル予想やら、その他諸々競馬談義
に花が咲き、あっという間に3時間近くが経過した次第です。

馬友N氏たちとの春天祝勝会卓上の様子

「だったん板そば」をいただき、一次会は締めとなりました。

だったん板そば(韃靼板蕎麦)



その後は、二次会で近くのカラオケボックスへ移動。

ここでは、さすがカラオケ現役世代のAさんです。水を得た魚のように場を
仕切り、曲の予約もほぼ考えることなくどんどん入ります。

初めは、小生でも耳にしたことがある曲も多かったのですが、そのうちアニ
ソンのオンパレードに。聞けば、アニソンなら何時間でも歌えるとのこと。
意外な面を見せてもらいました。

馬友N氏も、なかなかの美声を披露してくださいました。カラオケはあまり
得意でないとの事前情報もありましたが、どうして、そんな感じはほとんど
見受けられませんでした。

M氏はといえば、歌うのは苦手だが、人が歌うのを聞くのは好きといいます。
ということで、歌うことはありませんでしたが、場の雰囲気を楽しんでくれた
ようです。

小生は、いにしえの某アニソンで絶叫したような気もします。この絶叫で途中
脚は使いましたが、M氏を除く3名のローテーションで、2時間のカラオケを
小生も何とか完走できました。

もっとも、馬友N氏は、限界以上に脚を使わされたとこぼしていたような、
いなかったような・・・。

土曜日の宴は、こうして締めとなりました。



日付は変わり、5/13の日曜日。

この日は、馬友U氏とWINS名古屋でヴィクトリアマイルの勝負をし、その後
祝勝会という流れでした(当日はU氏の勝利!)。

場所は、いつか行こうとU氏と話していた「札幌かに本家」です。

札幌かに本家の前菜三種

まずは、「生ビール」で乾杯。1杯目は座って早々あっという間に空にして
しまったので、実はこの画像、2杯目のものです。小生、ヴィクトリアマイル
では完敗だったものの、さすがにこのときばかりはハイテンションだったよう
です。

生ビール

あとは、馬友U氏とのいつものパターンで、淡々と競馬談義をしながら、淡々
と飲み食いをする我々。

店が店だけに、登場する料理は蟹尽くしです。

流氷かに北海造り他卓上の様子

ズワイかにすき

かに太巻寿司

蟹の旬は一般的に冬なのでしょうが、馬友U氏も、「うまいっ」と言いつつ
蟹身を勢いよくほじり出していたほど。そこはさすが専門店だけに、おいしく
いただきました。


土日両日にわたり、楽しく競馬談義をしながら、いくばくかのおいしいものも
いただくことができました。小生は穴狙いですので確率は高くありませんが、
またこうして祝勝会を開けるよう、引き続き精進したいと思います。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

エプソムCの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎11ヤマカツハクリュウ
○5レディアルバローザ
▲6トーセンレーヴ
以下△13,14,15です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

天皇賞(春)祝勝会(1) ~5/2のながさき苑~

尾頭橋町内会長です。

ながさき苑の記事が随分久しぶりになってしまいました。新年度以降の突撃分
が書けておらず、さすがに追いつけそうもありませんので、やはり春天祝勝会
の日から再開したいと思います。

ということで、遡って5/2の水曜日。ゴールデンウィーク後半の前夜という
ことで、ながさき苑へ突撃いたしました。

5/2のながさき苑入口

いつもと同様23時近くの突撃だったのですが、世間的には連休の谷間で、
さすがに普段の金曜日よりはお客さんも少なめです。そんな訳で、店内は
ながさき苑のホープS氏が一人で切り盛りしていました。

S氏に「三種の神器」を出していただき、

生ビール

枝豆

餃子

NHKマイルC号の競馬ブックを読みつつ飲んでいると、マスターが登場してくだ
さいました。

NHKマイルCの競馬ブック

登場するや開口一番、「天皇賞、獲ったでしょう。」 その時点でもあまり
覚えていなかったのですが、どうやら春天の前々日、小生はビートブラックと
マスターに力説していたようなのです。



ということで、早速春天祝勝会と相成りました。マスターが用意してくださっ
たのは、ながさき苑名物の鯨メニューでした。

テーブルに並んだ鯨料理

まずは、「鯨ベーコン」。

鯨ベーコン

「皮鯨の湯引き」。

皮鯨の湯引き

「さえずり」(鯨の舌)。

さえずり(鯨の舌)

「鯨の尾羽雪」。

鯨の尾羽雪

そして、「鯨の香味揚げ」です。

鯨の香味揚げ

祝勝会ということで、今までながさき苑で見たことがなかった「竹鶴」まで
登場しました。

竹鶴


春天をスマッシュヒットした高揚感、そして、小生の祝勝会としては実に秋天
以来のキッチリ半年ぶり(フィリーズレビューで小当たりしてはいましたが)。
その上、竹鶴という口当たりのよいウィスキーで燃料補給されていますので、
マスターとの競馬談義は普段より2時間以上も遅くまで続きました。

卓上の様子

遅くまで飲んでも、気分がいいので当然のように締めもいただきます。
「焼きそば」と、

焼きそば

「焼プリン」を平らげて、ながさき苑の夜は更けていったのでした。

焼プリン1

焼プリン2

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

安田記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎9フィフスペトル
○15リアルインパクト
▲13シルポート
以下△2,11,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

6月のご挨拶

尾頭橋町内会長です。

いつも拙ブログをお読みいただきありがとうございます。

風薫る5月から、梅雨入りするであろう6月に時は移りました。時の流れは正直
なもので、暑い寒いといいながらも暑く感じる日がだんだん増えてきました。

クールビズの浸透で、今週は6月を待たずしてそんな服装のビジネスマンが
多く見られています。といっても、ジャケットにノーネクタイという出で立ち
が主流のようで、そこは一線を守っているようです。今日6/1は名実ともに
衣替えとなりますので、今日からはノージャケットの方が増えるのでしょうか。

小生自身はものぐさですので、ノージャケット、ノーネクタイの習慣は歓迎
です。ただ、背広等カチッとした服装は、加齢とともに訪れる体形の崩れを
ごまかす、いやいや、補正するという側面を持つと思っていますので、小生の
クールビズは、ただのだらしないオヤジに見えているような気もしますが。



同点の9回表に登板する岩瀬投手

ところで、昨夜は今年初めてナゴヤドームへ行き、中日×オリックス戦を観戦
してきました。中日は、同点の9回表に守護神岩瀬投手を投入しましたが、
結果は引き分けでした。

昨シーズンより、東日本大震災以降の節電対策で3時間半ルールが導入され、
今季も各チーム引き分けが多いです。ただ、観戦の興味から言えば、やはり
12回まで行う一昨年までのルールの方が楽しめますね。


それでは、今月も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲