FC2ブログ

安田記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

昨日今日と、調教中に悲しい出来事が相次ぎましたね。ジョワドヴィーヴルが
昨日安楽死になったと思ったら、今朝は、安田記念出走予定のフィフスペトル
までもが同じ運命に・・・。後者は、昨年の安田で小生の本命だっただけに、
よけい残念です。ともあれ、2頭の冥福を祈りたいと思います。



気を取り直して、今週もG1恒例、小生算出予想人気一覧を公開いたしましょう。
( )内が予想人気です。

(1) グランプリボス
(2) ショウナンマイティ
(3) カレンブラックヒル
(4) ロードカナロア
(5) ダークシャドウ
(6) ダイワマッジョーレ
(7) サダムパテック
(8) ナカヤマナイト
(9) ダノンシャーク
(10) ヴィルシーナ
(11) グロリアスデイズ
(12) ヘレンスピリット
(13) エーシントップ
(13) シルポート
(13) マイネイサベル
(16) ガルボ
(16) サクラゴスペル
(16) スマイルジャック


昨年の安田記念、マイルCSでいずれも2着だった、グランプリボスが予想1番
人気と出ました。前哨戦のマイラーズCを快勝していることなどが、評価され
ているようです。

一方、両レースの優勝馬はといえば、安田記念のストロングリターンは、ケガ
で放牧中。マイルCSのサダムパテックは、京王杯SCの7着で評価を落として
います。小生の予想通り7番人気なら、おいしそうですが、鞍上はダービーを
勝った武豊騎手。久々のユタカ効果で、もう少し買われそうな気もします。



こちらもいつも同様、過去10年の安田記念における、穴馬傾向について調べて
みました。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・0頭
  • 先行・・・2頭
  • 差し・・・8頭(うち3連対)
  • 追込・・・1頭

府中マイルのイメージ通り、差し・追込馬有利、逃げ・先行馬苦戦と見ていい
でしょう。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・5頭(うち1連対)
  • 中枠・・・4頭(うち1連対)
  • 外枠・・・2頭(うち1連対)

連対数はちょうど分散しているものの、外枠がやや苦戦傾向です。



今年の安田記念のメンバーは、まさに多士済々。短距離からは、絶対王者と
なったロードカナロアが勇躍参戦。一方、中・長距離路線からは、ショウナン
マイティやダークシャドウが顔を出しました。おまけに、例年同様香港馬も
登場。予想は困難を極めそうです。

そんな中、現時点での小生の注目馬は次の通りです。

  • グロリアスデイズ
  • マイネイサベル
  • エーシントップ

前者2頭は、上で有利と指摘した差し馬です。グロリアスは、昨年に続いての
参戦ですが、その後重賞を初勝利し、実績を上積みしています。一方、マイネ
は、ひところに比べ、近況はすっかり安定してきています。斤量56kgも、この
ところ背負い慣れています。

後者のエーシンは、不利なはずの先行馬から。ですが、唯一の3歳馬で、斤量
は54kgと、牡馬同士では4kgも恵まれています。他馬と比べてもそうですが、
自身の前走比で-3kg。当然、減少幅はメンバー中最大です。


さて、先回は大ハズレだっただけに、今回は少しでも的中に近づけたいところ
です。もちろん、バントで当てにいくのではなく、狙いはホームラン。せめて
ヒット狙いで、攻める所存です。

本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



WINS名古屋改築工事その後(12) ~日本ダービー開催日~

尾頭橋町内会長です。

一昨日の日本ダービー、期待したミヤジタイガは、何と最下位という結果。
最低人気が最下位ですから、当たり前ではあるのですが、何ともお恥ずかしい
やら、残念やらという思いでした。また、今週から出直しです。


さて、そのダービー開催日。今年は遠征せず、ホームグラウンドWINS名古屋で
の勝負でした。たびたびお伝えしているように、現在新館部分のみの営業で、
フロアが約1/3になっております。ということで、混み具合はどうだったので
しょうか?

小生の結論としては、次の通りです。

  • 馬券購入の面・・・支障がない程度の混雑度
  • 観戦の面・・・モニターにあまり近づけず、見づらかった


いつもは、締切時刻ギリギリにWINSへ突撃することが多いのですが、さすがに
今回は30分ほど早めに突撃いたしました。そのためか、入口付近はそれほど
混雑していませんでした。

ダービー当日のWINS名古屋入口付近

一方、入館してみるとなかなかの混雑で、券売機前はこんな感じ。

ダービー当日のWINS名古屋券売機前1

ただ、券売機付近は、レース観戦できるモニターが皆無に近く、そのおかげか、
馬券購入に支障が出るほどの状況ではありませんでした。

ダービー当日のWINS名古屋券売機前2

そうなると、観戦エリアに人が溜まるのは、自明の理。小生、京都のメイン
終了直後から、実況モニターの下へ向かったのですが、すでに正面からは近づ
けず、斜め方向から見る羽目になりました。

ダービー当日のWINS名古屋観戦エリア

この日、馬友O氏とWINS内で落ち合う予定だったのですが、レース直前はO氏も
身動きが取れず、結局レース後の合流となった次第です。

ということで、こういったピークの日は、馬券購入はともかく、レース観戦に
は一工夫が必要なようです。早めに突撃して、モニター前に陣取るか(だだし
椅子は皆無)、馬券を先に買って、別の場所で見るか、というところでしょう。


本日のところは、以上です。また気づいたことがありましたら、レポートいた
します。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

日本ダービー(東京優駿)の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

今日も朝からいい天気になりましたね。穴党的には、雨は好きなのですが、
やはり、晴れているとWINSへ出かけるのも気持ちいいものです。絶好の天気の
ダービー。好勝負を期待したいと思います。今日は、WINS名古屋が相当混み
そうなので、早めに突撃いたします。

さて、今週の穴馬券です。

◎18ミヤジタイガ
○8ロゴタイプ
▲2コディーノ
以下△1,10,15です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

日本ダービー(東京優駿)の皮算用

尾頭橋町内会長です。

今年も遂にやってまいりました、「競馬の祭典」日本ダービー。馬券を買う
ファンにとっては、有馬記念と並ぶ二大レースであります。もちろん、馬主、
調教師、騎手など競馬界の方々にとって、究極の目標であることは、小生が
今さら述べるまでもありません。

いずれにせよ、春競馬のクライマックスであることは間違いありません。
ただ、穴党の小生にとっては、あまり肩肘張るとよくありませんので、あく
まで、51週分の1というつもりで、予想を進めたいと思います。



さて、3週ほどサボっておりましたが、今週はG1恒例、小生算出予想人気一覧
を公開いたします。( )内が予想人気です。

(1) ロゴタイプ
(2) キズナ
(3) エピファネイア
(4) コディーノ
(5) ヒラボクディープ
(6) メイケイペガスター
(7) レッドレイヴン
(8) アポロソニック
(8) タマモベストプレイ
(8) テイエムイナズマ
(11) フラムドグロワール
(12) マイネルホウオウ
(13) アクションスター
(13) サムソンズプライド
(13) ペプチドアマゾン
(13) ミヤジタイガ
(17) クラウンレガーロ
(17) ラブリーデイ
(17) バッドボーイ・・・(除外対象)


今年は、皐月賞馬ロゴタイプが予想1番人気と出ました。「今年は」と書いた
理由。それは、昨年皐月賞馬を差し置いて、皐月2着のワールドエースが1番
人気になったからです(小生算出人気・実人気とも)。

この予想人気は、「週刊競馬ブック」での評価を元にしております。という
ことは、ロゴタイプの皐月は強い勝ち方で、負けて強しという馬がいなかった
という評価を、競馬ブックはしている訳です(ただし、関東本誌は◎キズナの
ため、記事の見出しはキズナになっています)。

言い方を変えれば、皐月賞組は大方勝負付けが済んでいるので、別路線組で
ある、キズナあたりの予想人気が高くなる訳です。そうなると、逆に穴馬は、
皐月賞負け組に潜んでいると考えられます。



ここで一旦予想人気を離れ、過去10年の日本ダービーにおける、穴馬傾向に
ついても調べてみました。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・1頭
  • 先行・・・3頭(うち2連対)
  • 差し・・・6頭(うち1連対)
  • 追込・・・2頭

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・4頭(うち1連対)
  • 中枠・・・4頭(うち1連対)
  • 外枠・・・4頭(うち1連対)

うーん、脚質にせよ、枠順にせよ、目立った傾向はなさそうですね~。考え方
を変えれば、好走条件が幅広く、この2つのファクターについては、どこから
でも狙えることになります。



ということで、出走予定馬の中から、小生が面白そうに感じた馬を挙げると、
次の通りです。

タマモベストプレイ
タマモホットプレイはじめ、兄弟が揃って短距離馬だけに、距離不安が懸念
されています。そんな中、一連のクラシック戦線で、距離を延ばしつつ堅実な
成績を残してきました。

同馬は、スプリングSで皐月賞馬ロゴタイプの2着。今年のクラシックは、ロゴ
タイプが一歩抜け出したとはいえ、それでも混戦模様を呈しています。こんな
ときは、こうした渋いタイプが、またも堅実に走ってしまうかも知れません。

ミヤジタイガ
弥生賞2着も、皐月賞16着と大敗し、完全に人気落ちとなりそうです。ところ
で、今週はここまで降雨もなく、ダービー当日も晴れの予報。先週のオークス
勝ち時計は2:25.2と、昨年のジェンティルドンナには及ばないにせよ、恐らく
オークス史上2位の好時計でした。今週も、時計は速くなりそうです。

ロゴタイプにせよ、今回も上位人気のコディーノにせよ、レコードホルダー
ですが、実はミヤジタイガも、中山1800mで2歳レコードを記録しています。
府中は1走して7着ですが、こうした速い馬場なら大駆けの可能性はあります。

マイネルホウオウ
前2頭は皐月賞負け組でしたが、あえて別路線組からこの馬を。今回、2頭しか
いないG1馬なのに、こちらは人気薄が予想されます。NHKマイルCで勝っただけ
に、同馬も距離不安がささやかれているようです。しかし、スプリングSでは、
ロゴタイプの0.3秒差3着と、力差自体はそれほどないと考えられます。

また、マイネルホウオウは、NHKマイルCを1:32.7という速い時計で優勝して
います。予想される良馬場で、好走した府中が舞台ならば、再度浮上の可能性
も十分です。

ちなみに初めの2頭は、今年の皮算用で本命にし、馬券になった馬。いわゆる
「お世話になった馬」です。小生、こういう側面を通常は重視しませんが、
今回も人気薄なら話は別です。


さて、本日はダービーの出走馬と枠順が発表されます。いよいよ、本番の足音
が近づいてきました。小生、今年は現地でなく、WINS名古屋での観戦予定です
が、年に1度の祭典、楽しみたいと思います。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

8,000アクセス突破のお礼

WINS名古屋新館と青空

尾頭橋町内会長です。

いつもお読みいただいている皆様、拙ブログをご愛読くださいまして、ありが
とうございます。また、初めてアクセスしてくださった方々も、ありがとう
ございます。

皆様のおかげをもちまして、拙ブログのアクセス数が、本日8,000を突破いた
しました!

7,000アクセス到達の折、1,000アクセス積み増しに約50日と書きましたが、
今回は約40日と、さらに早い到達でした。たまたま、春のG1シーズンという
こともあろうかとは思いますが、本当にありがとうございます。



そのG1ですが、先日のオークスは、期待したフロアクラフトが17番人気5着。
直線早めに先頭集団へ躍り出て、一瞬夢を見ました。その後、勝ち馬の後ろで
ヨレて、力差は感じましたが、あの騎乗をしてもらえば御の字です。

とはいえ、「惜しい」は所詮負け戦。馬券的には、デニムアンドルビーで本命
勝負したのとなんら変わりはありません。G1戦線は、ここ3週好配当が続き、
うち2週は馬連万馬券。小生としては、非常に悔しい日々が続いております。
「惜しい!」が「獲った!」に変わるよう、さらに精進したいと思います。

今週は、いよいよ「競馬の祭典」とも称される日本ダービーです。だからと
いって中途半端に当てに行くことなく、今週も自分らしく穴馬券を狙う所存
です。



拙ブログのことに話を戻しますと、個人的に激動だった4月以降、投稿ペース
が正直落ちている現状です。いろいろありましたが、幸い(?)競馬の方は、1週
休んだだけで続いております。ですから、ブログの方も、徐々に投稿ペースを
戻していきたいと思います。

また、予想通り延び延びになっている(笑)、スマホ用ページのリニューアルに
ついても、ボチボチ取り組みたいと思います。今のところ、安田記念後のG1の
谷間か、遅くとも夏競馬の間には実施する予定です。


それでは、今後も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

オークス(優駿牝馬)の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎12フロアクラフト
○5デニムアンドルビー
▲13エバーブロッサム
以下△6,10,16です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

WINS名古屋改築工事その後(11) ~本館解体工事~

尾頭橋町内会長です。

今回は、久しぶりにWINS名古屋改築工事の話題に触れたいと思います。今年
1月初めより閉鎖している本館部分は、以前にも書きました通り、解体・新築
工事を行うことになっています。

ですが、1月以来4ヶ月間、このように外壁を覆ってはいたものの、なかなか
本格的な解体に入っていませんでした。ちなみに、こちらは3/3時点に撮った
本館部分です。

3/3時点のWINS名古屋本館部分

しかしながら、5/12に中1週でWINS名古屋へ突撃してみると、様子が変わって
いました。ゴールデンウィーク前あたりから、ようやく解体工事が始まった
ようです。こちらが、上とほぼ同じ場所から撮った本館部分です。

5/12のWINS名古屋本館部分

いかがでしょう? 明らかに、工事部分の覆いが低くなっていますね。わかり
にくいので、もう少しアップで撮った画像がこちら。そこにあったはずの本館
建物がなくなり、重機まで入っています。

5/12のWINS名古屋本館解体工事

作業予定看板が掛かっていたので、こちらも撮ってきました。「解体作業」
とか、「ガラ小割り作業」とかハッキリ書いてありますね。

WINS名古屋改築工事作業予定看板

小生、工事の常識はよくわかりませんが、2棟くっついていた建物の片方を
取り壊す訳ですから、4ヶ月解体できなかったのも、無理ないように思います。
増して、週末のみとはいえ、残った建物(新館)は営業を継続しているのです
から。



何度となく触れておりますが、全体の工事スケジュールを再度書いておきます。
(一部小生の推測あり)

  • 2012年6月 新館改修(本館のみで営業)
  • 2013年1月 本館解体・新築(新館のみで営業)
  • 2014年7月 プレオープン(新築後の本館のみで営業)
  • 2015年5月 全面リニューアルオープン

外から見る限り、建物の解体自体はほぼ終わっているようです。ということで、
いよいよここから1年あまり掛けて、新築工事が行われることになります。
完全に小生の推測ですが、それだけの期間がありますので、工事スケジュール
に大きな遅れはないと考えます。

1年あまりと、少し先が見えてきた感がありますから、来年夏のプレオープン
が楽しみになってきました。



もっとも、その間に、2度のダービーと1度の有馬記念がありますので、そこは
やはり心配です。そのダービーは、もう目の前。ということで、ダービー2週
前である、5/12の館内はこんな感じでした。

5/12のWINS名古屋館内

画像はヴィクトリアマイル直前の様子ですが、ここ一連のG1開催日と大きく
変わった様子はありませんでした。

日本ダービーということで、人出がどれだけ上積みされるかはわかりませんが、
一連の混雑緩和策で、何とか発売制限等にはならないのではないでしょうか?


本日のところは、以上です。また気づいたことがありましたら、レポートいた
します。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

宍道湖サンセットクルージング

尾頭橋町内会長です。

ここ2週のG1は、荒れましたね~。特にNHKマイルCは、単勝10番人気が優勝し、
2着も6番人気でしたから、馬連でも万馬券。せっかくの万馬券出現でしたが、
獲り逃がしてしまい、非常に残念です。少なくとも、勝ち馬は相手に押さえて
いただけに、買えない馬券ではなかったのですが・・・。



このゴールデンウィーク、小生、実は松江周辺へ旅に出ておりました。松江へ
は、昨年の連休以来1年ぶりの再訪でした。

松江城や、「塩見縄手」と呼ばれる旧武家屋敷群など、城下町の主要な観光
スポットは、今年も同様に訪れました。そうしたあたりは、昨年の記事で触れ
ましたので、今回は、昨年訪れなかったスポットをご紹介したいと思います。
それが、題名にした「宍道湖サンセットクルージング」です。


松江が夕日の名所であることは、昨年もご説明いたしました。その部分を再掲
いたします。

水都松江は、(中略) 何と言っても宍道湖自体の水の恵みと、そこに沈む夕日
の美しさを外しては語れません。

松江市は、宍道湖に面した西側が開けており、またその宍道湖も東西約17kmと
大きな湖であるため、ちょうど湖に夕日が沈むように見えるロケーションなの
です。


大きな地図で見る

ということで、昨年は、「宍道湖夕日スポット」へ行き(上の地図"A"の位置)、
宍道湖に沈む夕日を、陸上から眺めておりました。

そこで今年は趣向を変えて、島根半島に沈む夕日を、湖上から眺めようという
訳です。

宍道湖は、遊覧船が約1時間ごとに運航されております。その最終便が、日没
に合わせて運航されていて、これを「サンセットクルージング」と呼んでいる
のです。



さて、乗船した5/4、松江は朝から雨でした。それも、かなりの本降り。

雨模様の松江城外堀

ですが、昼前には雨も止み、曇ったり晴れたりしながら、夕方にはすっかり
快晴となりました。こちらは、大橋川に掛かる松江大橋から眺めた夕日です。

松江大橋から眺めた夕日

曇や雨なら乗る意味はありませんが、天候の急回復に、慌てて乗船場へ向かい
ました。乗船時に撮っていなかったので、これは下船後の画像です。

宍道湖遊覧船 第2乗船場の出航時間表

ほぼ定刻に、遊覧船「はくちょう号」が到着。

宍道湖遊覧船「はくちょう号」

小生は後部デッキに陣取り、いざ出航。ちなみに、デッキは椅子を10数脚しか
置けませんが、もちろん乗船客で一杯でした。

出航直前のはくちょう号より夕日を望む

乗船場は、市内を流れる大橋川の畔にあるため、大きな橋をいくつかくぐって
宍道湖へと出ます。

宍道湖大橋

遊覧船は、昨年訪れた宍道湖夕日スポットや、

船上から見た宍道湖夕日スポット

その目の前にある、嫁ヶ島のあたりまで出て、速度を落としました。

嫁ヶ島



あとで調べると、これが日没約10分前。ここからが夕日ショウのハイライト
です。

宍道湖の夕日1

水上から眺める夕日は、非日常的であり、かつ幻想的でした。

宍道湖の夕日2

あとは、小生がくどくどご説明するより、画像を見るに如かずですね。

宍道湖の夕日3

宍道湖の夕日4

宍道湖の夕日5

島根半島の山の端に夕日が沈み、夜の帳が下りてきました。

日没直後の宍道湖

あとは、夕日の余韻をかみしめながら、

船尾より松江大橋を望む

第2乗船場へと帰還いたしました。

第2乗船場へ帰港したはくちょう号



小生、これほど夕空を眺めたことは、久しくありませんでした。間違いなく、
昨年同じ宍道湖で、夕日を見たとき以来だったと思います。

実は小生、この宍道湖サンセットクルージングに、以前一度乗ったことがあり
ました。ですが当時は、肝心の日没直前、無粋な雲に夕日が隠され、残念な
思いをしたのです。ですから、今回、ようやく思いが叶った次第です。

夕日と広い湖、それも湖上からの眺めというのは、他では得がたいものでは
ないでしょうか。天候など、条件はなかなか揃いませんが、チャンスがあれば、
是非ともこの夕日をご覧いただきたいと思います。おすすめです。



P.S.
この日の昼食は、今年も「うなぎ やくも」で「うな重」でした。ここの薄口
のタレは、濃口好きの小生でも、癖になるおいしさです。

やくものうな重1

やくものうな重2

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

テーマ: 中国・四国 - ジャンル: 旅行

ヴィクトリアマイルの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎5ザッハトルテ
○6ドナウブルー
▲4ハナズゴール
以下△1,8,11です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

NHKマイルCの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎18モグモグパクパク
○15エーシントップ
▲7ゴットフリート
以下△8,9,11です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

5月のご挨拶

ツツジの花

尾頭橋町内会長です。

いつもご愛読いただいている方も、今回が初めての方も、ご覧いただきまして
ありがとうございます。


先月4月は(実は3月も)、小生にとって激動の月でした。日常と非日常、安堵と
不安、希望と絶望・・・、そうしたものが、ないまぜになって押し寄せる日々
だったと思います。

そんな日々も、月が変わり、だんだんと落ち着きを取り戻しつつあります。
心の痛手はありましたが、日常生活の中、「日にち薬」で癒されるのではない
かと思っております。


そうした中、投稿が少なくなりながらも、先月は以前にも増して、拙ブログを
お読みいただいたようです。先日、7,000アクセス超えで、お礼を書かせて
いただいたところですが、本日現在、アクセス数はすでに7,500を超えており
ます。

アクセス数を増やすことが目的ではありませんが、多くの方にお読みいただけ
たことは、本当にありがたいことです。


さて、競馬の方はと言えば、春のG1シリーズ、依然として勝ち星なしです。
いつも申し上げます通り、小生は穴狙いゆえ、なかなか簡単には勝てません。
その中で、最も的中に近づいたG1が、桜花賞でしたので、オークスあたりで、
何とか的中できないものかと妄想しております。


それでは、今月も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲