FC2ブログ

WINS名古屋改築工事その後(21) ~7/5から4Fを閉鎖~

尾頭橋町内会長です。

昨日の宝塚記念も、例によってWINS名古屋で勝負した小生。突撃してみると、
入口にこのようなポスターが掲示されておりました。

4階フロア閉鎖を告知するポスター

読んで字のごとくですが、7/5(土)からWINS名古屋の4階フロアが閉鎖される
そうです。

たびたびご紹介してきた通り、現在WINS名古屋は、新館部分のみでの発売業務
を行っております。これは、改築工事開始前の約1/3のスペースに当たります。
新館部分は、2~6階の5フロアあるのですが、そこから更に1フロアを削ること
になります。

この時期にフロア閉鎖を行うのは、昨日の宝塚記念でG1シーズンが終わった
ことと、次週から中京開催が始まりファンが分散すること。この2点が重なる
ので、ちょうどいいタイミングなのでしょう。


ところで、上記ポスターには、7/5からフロア閉鎖することが書いてあるだけ
で、閉鎖理由や工事内容等について、一切の記載はありません。もちろん、
改築工事上の必要から閉鎖する訳でしょうが、記載がない以上、何を行うのか
は推測するしかありません。

素直に考えれば、次のように推測するのが自然でしょう。

  • 建設中の新しい本館部分との一体性を持たせるための改装工事

こう推測すれば、次はどうなるのかといえば、4階フロアの工事が終わり次第、
別のフロアの工事と、順々に閉鎖するのではないでしょうか?

ここで注目したいのが、初めに掲載したポスターの冒頭部分です。拡大して
みると次の通り。

4階フロア閉鎖を告知するポスター(拡大)

7月5日(土)『から』」と書いてあります(二重カギかっこは小生追記)。閉鎖
期間が1週間だけなら、こうは書かないでしょう。とはいえ、プレオープンは
今夏に予定されており、あまり時間はありません。

この記述を加味すると、フロアを順々に閉鎖するという、小生の推理が正しけ
れば、恐らく再来週あたりに何か動きがあるでしょう。ということで、まずは
動きの有無や、その内容を見極めたいと思います。



さて、建設工事中の新しい本館建物ですが、前回4/23にレポートした時点で、
足場が相当外されていました。ですから、外観だけでいえば大きな変化は見ら
れません。1・2階を除けば、完成形に近い状態です。

6/29のWINS名古屋躯体工事部分(1)

その2階部分にもう少し寄って撮ってみると、こんな感じ。

6/29のWINS名古屋躯体工事部分(2)

今夏に予定されるプレオープン後に、右側に写る旧・本館の残り部分を解体。
そして、手前の歩道橋と一体化したエントランスが新設され、2階部分とつな
がることになります。


本日のところは、以上です。また、何か動きがあればレポートいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



宝塚記念の皮算用(3)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎9ヴェルデグリーン
○1ホッコーブレーヴ
▲6ジェンティルドンナ
以下△7,11,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

宝塚記念の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速ですが、宝塚記念の皮算用の続きです。

前日オッズがJRAより発表されました。やはり、「三強」といわれているよう
ですが、その上位3頭のオッズは次の通りです。

  • ゴールドシップ  ・・・2.9倍
  • ウインバリアシオン・・・3.1倍
  • ジェンティルドンナ・・・4.6倍

現在も、多少の変動はありますが、概ね前日オッズと変わらない状況です。
小生算出予想人気とは、1,2番人気が逆転しているものの、この程度のオッズ
差ならば、当日の新聞記事の影響などで十分入れ替わり得る範囲でしょう。

前の記事で、こんなことを書きましたが、まさにその通りの展開になってきま
したね。

こういうときは上位人気が拮抗しそうで、ことによると、1番人気が単勝3倍
以上になるかも知れません。



今回は、早々と月曜日に皮算用を投稿しましたので、注目馬をまだ書いており
ませんでした。ということで、現時点における注目馬を挙げておきます。

ヴェルデグリーン
いきなり、前日最低人気を持ち出してしまいました(笑)。小生使用の某数値の
方は、メンバー中最低ではありませんので、それだけでおいしい訳です。休み
明けを嫌われたようですが、中日スポーツによれば、(3 0 0 2)と鉄砲巧者の
部類です。

同馬の重賞実績は、G2で2勝。ただし、その2勝がオールカマーとAJCCという、
中山2200mコース。今回の阪神2200mとは、他場で一番コース設定が似ています。
阪神自体は、3歳時に一度挑戦して敗れたきりですが、今回変わり身を見せて
も何ら不思議ではありません。ちなみに、オールカマー勝ちも休み明けでした。

カレンミロティック
今回、徹底した逃げ馬がいないので、ハナを切るのはヴィルシーナかこの馬
でしょう。特に前者は、前走マイルでも逃げていますので、枠順も合わせれば
その再現になるはずです。そうなれば、カレンは番手が濃厚。いずれにせよ、
コーナー4回のコース設定を考えれば、先行のアドバンテージは大きいです。

重賞実績の方は、昨冬のG2金鯱賞1勝のみですが、当時は重賞初挑戦の立場な
がら勝ち切りました。金鯱賞の舞台は、今回とコース形態の似た中京2000m。
阪神コースも、昨年芝1800mのレコードをたたき出しており、相性が悪いはず
はありません。


本日のところは、以上です。



P.S.
今更ながら、FIFAワールドカップについて一言。予選を戦ったグループCで、
日本のFIFAランキングは4チーム中最下位。それも、3番手のコートジボワール
23位に対して、日本は46位でした。他ならぬ主催者によるランキングがこれ
ですから、最初から予選突破は困難だったのではないでしょうか?

「史上最強」などの見出しも見かけましたが、あのマスコミの論調は何だった
のか・・・。そういえば、こういったことは、毎週の競馬報道で繰り返されて
いますね。そのおかげで、穴馬が作り出される訳ですから、小生にとっては、
ありがたいことですが。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

宝塚記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

昨日の両重賞、荒れましたね~。単勝1倍台の断然1番人気が揃って2桁着順と、
よもやの結末でした。特に、勝負した函館SSは、8番人気→6番人気と中位人気
同士の決着だったにもかかわらず、馬連は何と27,340円。小生にとっては、
またしても悔しい結果でした。今週から、また出直しです。


さて、今週の勝負レースは、もちろんG1宝塚記念。春季G1戦線の総決算となる
一戦です。

過去10年の宝塚記念を振り返ると、梅雨時ということもあってか、フルゲート
になったのは2007年の1度だけでした。その先例にならい(?)、今年も登録馬は
13頭と、若干寂しい頭数となりました。馬券的にはともかく、観戦の興味とし
ては、安田記念を制したジャスタウェイの回避が残念なところです。

とはいえ、頭数が少ない訳ですから、その分皮算用の密度を上げて、少しでも
的中に近づきたいと思います。


まだ月曜日ですが、買ったばかりの週刊競馬ブックを使い、今週も、小生算出
予想人気一覧を公開いたしましょう。( )内が予想人気です。

(1) ウインバリアシオン
(2) ゴールドシップ
(3) ジェンティルドンナ
(4) ホッコーブレーヴ
(5) メイショウマンボ
(6) デニムアンドルビー
(7) フェイムゲーム
(8) ヴィルシーナ
(9) ヴェルデグリーン
(10) トーセンジョーダン
(10) マイネルラクリマ
(12) カレンミロティック
(12) ヒットザターゲット


ゴールドシップ、ジェンティルドンナなどのG1馬を抑え、ウインバリアシオン
が予想1番人気と算出されました。

宝塚記念というレース、ここでG1初勝利となる馬が目立つのは、競馬ファンの
方ならよくご存知でしょう。10年以上前なら、サイレンススズカ、メイショウ
ドトウなど。近10年でも、アーネストリー始め3頭が、ここで初めての栄冠を
勝ち取りました。

そういう意味では、G1未勝利のウインバリアシオンが1番人気というのも、
納得がいく話ではあります。ただ、こういうときは上位人気が拮抗しそうで、
ことによると、1番人気が単勝3倍以上になるかも知れません。



次に、過去10年の宝塚記念における、穴馬傾向について見てみましょう。
(京都開催の2006年を除く)

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・0頭
  • 先行・・・3頭
  • 差し・・・6頭(うち2連対)
  • 追込・・・1頭

やや差し・追込馬有利にも見えますが、それほど顕著な傾向ではないでしょう。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・4頭
  • 中枠・・・2頭
  • 外枠・・・4頭(うち2連対)

こちらも、少々凸凹はありますが、穴馬発見の助けになるほど傾向が出ている
ようには見えません。


さすがにまだ月曜日ですので、個々の馬に関してはこれから検討いたします。
ということで、本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

函館SSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎4ツインクルスター
○2ストレイトガール
▲6フォーエバーマーク
以下△1,8,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

マーメイドSの回顧

尾頭橋町内会長です。

先の記事でも少々触れましたが、6/15のマーメイドSは、皮算用の通り購入し、
◎-○で的中いたしました!

マーメイドS馬券1

マーメイドS馬券2

ようやく、本当にようやく、長いトンネルを抜け出すことができました。どれ
ほど長いトンネルだったか、以下をご覧いただければ、理解いただけるのでは
ないかと思います。

  • 最後に的中したレース・・・2013/7/14 鶴ヶ城特別(複勝のみ)
  • 最後に皮算用が的中したレース・・・2013/3/3 弥生賞(総流しのみ)
  • 最後に勝負馬券が的中したレース・・・2013/2/5 きさらぎ賞

実質としては弥生賞以来の勝利ですから、実に1年3ヶ月ぶり。毎週参戦して、
この惨状ということで、負け数としては、60連敗を軽く超えたことになります。

特にこの春は、フェブラリーS、NHKマイルC、安田記念と、G1で馬連万馬券が
連発したにもかかわらず、まったくかすりもせず。穴党の小生としては、実に
悔しい思いが続きました。そんな中、G3ハンデ戦でひょっこり的中とは、小生
らしいような気がします。

レースは、いつものようにWINS名古屋で観戦していたのですが、あまりに久々
の軸馬好走で、直線で叫び声を出すことすら忘れていた有様。ようやくゴール
板を過ぎてから、「ヨシっ!」と小さくつぶやくことができた次第です。



コスモバルバラの好走要因を、小生なりにまとめると、こんなところだと思い
ます。

展開
隊列は縦長になりましたが、ラップを見るとスローペース。そこで、番手を
進んだコスモバルバラは、展開に恵まれました。

好騎乗
阪神2000mは、内回りでコーナー4回のコースですから、当然内々にこだわった
方がいい訳です。調教師の指示はあったでしょうが、大外枠から気合をつけ、
うまく単独で番手に収まったのは、岩崎騎手の好騎乗と言えます。

「牝馬は格より調子」
古くから伝わる競馬格言ですが、このメンバーで前走1着は、コスモバルバラ
とアイスフォーリスだけでした。それも、牝馬限定1000万以下と同条件。です
が、片や3番人気、一方コスモは全然注目されず、ブービーの13番人気。実は、
小生が軸として期待した大きな理由が、ここにあったのです。



さて、レース後より、電話やメールや、そしてコメントをいただき、本当に
ありがとうございました。そして、アンモン氏には、ブログで採り上げていた
だき、これまたありがとうございます。

いつものように、皮算用の投稿がレース直前になってしまい、ほとんど皆様の
お役に立てなかった点は、今回の心残りです。毎週、十分な予想時間が取れる
訳ではありませんが、これを糧に、今後さらに研鑽に励む所存です。

今週、まずは連勝・・・という訳にはいかないでしょうが、夏競馬の間に再度
スマッシュヒットを繰り出し、秋季G1を上昇ムードで迎えたいものです。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

馬友O氏との日本ダービー打上げ

尾頭橋町内会長です。

2件前の記事で、ダービー前々夜祭の話を書きましたが、そうなれば、次なる
は打上げの話ということになります。


昨年同様、日本ダービーは、WINS名古屋で馬友O氏と観戦でした。当日6/1は、
名古屋で猛暑日寸前の、最高気温34.9度。当然水分補給をしなくては、やって
いられません(笑)。

ということで、金山駅近くの「はなの舞」へ移動。早速、「生ビール」で乾杯
であります。猛暑日寸前の暑さに、小生、1杯目はほぼ一気飲み状態。あっと
いう間に、2杯目をおかわりしていました。

生ビール

おかわりといえば、入店早々馬友O氏が注文した「味噌串カツ」。O氏があっと
いう間に平らげ、まさかのおかわり。ビールの友にはちょうどいいということ
でしょう。

味噌串カツ

あとは、「ウィンナー盛合せ」と、はなの舞定番「羽根つき一口餃子」あたり。
他にも注文したような気もしますが、話に夢中で、撮り忘れ多数でした。

ウィンナー盛合せと羽根つき一口餃子


話はもちろん、この日の日本ダービー。小生は、ご承知の通りダメでしたが、
馬友O氏は、実に惜しい結果でした。O氏の勝負馬券は3連複で、1,2着馬の2頭
軸は完璧だったものの、3着がよもやの12番人気マイネルフロストで、残念な
結果に。ワイドBoxで押さえてはいたのですが、やはりトリガミでした。

馬友O氏によれば、1着ワンアンドオンリー、というより横山典弘騎手は、完璧
に読み切っていたそうで、まさに会心の予想です。馬単、馬連ならば1点的中
ということになるのですが、3頭目は難しいですね~。

O氏は、時に本命筋、時に穴狙いと、自在派に属する予想。穴目のときはとも
かく、本命筋で大きく狙おうとすれば、3連複など3頭馬券という結論になる訳
ですが、今回ばかりは裏目の結果でした。

先日も書きましたが、いい予想ができても、実際に馬券を獲り切ることがいか
に難しいか。これは、競馬ファンに共通する、永遠のテーマかも知れません。
そうした困難を乗り越えてこそ、勝利の美酒という桃源郷に酔いしれることが
できるのでしょう。



さて、入店時の予告通り、はなの舞を2時間で追い出された我々。栄へ移動し、
今回も「旬彩 三日月」へ突撃いたしました。調べてみると、これは昨年
ダービー後とまったく同じパターン。昨年は、三日月初突撃でしたが、改めて、
1年は早いものだと感じます。あっ、これは三日月侵入を図るO氏です。

旬彩三日月に突撃する馬友O氏

まずは、お約束通り「付け出し」を。小料理屋さんだけに、器もなかなか凝っ
ています。昨年初めて突撃したときは、器を見ただけでビビったものです。

付け出し

「刺身盛合せ」。コンパクトな器ですが、ご覧の通りしっかり五種盛りです。

刺身盛合せ

「筍のおひたし」。小生、筍やキノコなどは好物ですので、これはきっと小生
が注文したものに違いありません。

筍のおひたし

初めは生ビールでO氏と乾杯していましたが、気づくと「芋焼酎ロック」に。
O氏はといえば、いつもの清酒「賀茂鶴」で、盃を傾けておりました。

芋焼酎ロック

潰れることもなく、いい感じで酔っ払っていたせいか、まだまだ食べまくる
我々(笑)。こちらは、多分「ワカサギの唐揚げ」だったと思います。

ワカサギ(?)の唐揚げ

そして、「小海老のかき揚げ」に、

小海老のかき揚げ

「天ぷら盛合せ」。何だか、揚げ物ばかり食べていますね~。

天ぷら盛合せ

ということで、「ピリ辛こんにゃく」を。見かけではわかりませんが、ちゃん
とピリ辛です。

ピリ辛こんにゃく


結局この日は、途中二次会への移動時間があったものの、6時間ほど飲み続け
たのであります。毎週これをしていては、体を壊しそうですが、ダービーは、
年に1度の競馬の祭典。祭りの日ぐらいはOKでしょう。今日も、無事に競馬が
できたことに感謝しつつ、馬友との楽しいひとときでした。



P.S.
すでに昨日になりましたが、マーメイドSは、おかげ様で本線的中することが
できました。1年以上の長い長い連敗に、ようやく終止符です。回顧等につき
ましては、記事を改めます。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

マーメイドSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎14コスモバルバラ
○13ディアデラマドレ
▲2フロアクラフト
以下△1,6,9です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

日本ダービー前々夜祭 ~5/30のながさき苑~

尾頭橋町内会長です。

春季G1戦線も、最終戦の宝塚記念を前に、今週、来週は一休み。ということで、
久しぶりにながさき苑の記事を書くことにいたします。今回は、題名の通り、
5/30に突撃した際の話です。

5/30のながさき苑入口

記事は久しぶりですが、相変わらずほぼ毎週のルーチンワークとして、お邪魔
させていただいております。5/30といえば、日本ダービーの前々日。今宵こそ
は、マスターと競馬を語り尽そうと、小生、体調を整えての突撃です(笑)。

日本ダービーの新聞全面広告

ながさき苑へ突撃すれば、当然「三種の神器」を。ながさき苑のホープS氏が、
今日も飛び切り冷えたジョッキで、「生ビール」を出してくださいました。

生ビール

枝豆

餃子

続いては、「明宝ハム」。

明宝ハム

「ミニ皿うどん」。ん? ながさき苑にしては珍しくミニ? と思いましたが、
まだまだ序盤ですから、いきなり大皿一杯では、終了モードになってしまい
ますね。

ミニ皿うどん

こちらは、「焼肉サラダ」。

焼肉サラダ

そして、中華の定番「麻婆豆腐」。よそで麻婆豆腐をいただくと、四川を意識
してか、やたら辛いばかりのときも多いですが、ながさき苑でそのようなこと
はありません。

麻婆豆腐

この日のおすすめ品は、こんなメンバー。

おすすめ品ボード

そんな中から、「じゃがバター」と、

じゃがバター

「焼きナス」をいただきました。

焼きナス



このあたりで、一段落ついたマスターが合流してくださいました。マスターと
ともに登場したのが、「ホタルイカのバター焼」。ヤリイカののバター焼なら、
ボードに載っているおすすめ品なのですが、ちょっと捻りを利かせたそうです。
画像は曇っておりますが、でき立てということでお許しを。

ホタルイカのバター焼

ホタルイカもいいですが、何はともあれマスターと乾杯。小生、このあたり
までに結構飲んでいたと思いますが、マスター登場と、なみなみと注がれた
生ビールで、さらにテンションが上がります。

なみなみと注がれた生ビール

満を持して登場したのがこちら。マスターは、「姫ずわい蟹」と説明してくだ
さいました。この蟹が、

姫ずわい蟹

こんな風に変身。甲羅に注がれているのは、もちろん燗酒です。カニ味噌と
ともにいただく燗酒は、やっぱり贅沢ですね~。冬場なら、もちろん身体が
温まりますが、この時期、エアコンのかかった場所で飲むというのも、また乙
であります。

姫ずわいで燗酒

マスターとともに燗酒を平らげ、ほぐした蟹身を酒肴にビールをグビグビ。
小生、蟹のほぐし方は相当下手ですので、こちらは、もちろん向かいに座った
プロの手によるものです(笑)。

ほぐした姫ずわい



蟹をいただきつつの、本日の議題は、当然日本ダービー(東京優駿)であります。
と言いながらも、飲み食いしながらですから、ストイックに予想をするなどと
いう訳はありません。

昔のダービーの思い出やうんちくだったり、前の週のオークスの話に戻ったり、
皐月賞の話だったり、はたまた今季のG1の流れだったり・・・。マスターは、
競馬歴30年以上の大ベテラン。かたや小生にしても、15年目に突入している訳
ですから、話が尽きるはずもありません。

そんなマスターに聞いてみたのが、「ダービーと有馬は当てたい」かどうか
でした。そんな質問に、マスターは即答。有馬はどちらでもいいが、「1年の
中でもダービーだけは当てたい」ということでした。

小生は穴党ですから、極端な話、ダービーだろうが中京記念だろうが、穴馬券
が当たれば、何でもいいという考えです。ですが、競馬の1年は、「ダービー
(明け)に始まりダービーに終わる」という流れです。マスターは、数々の経験
をされて、こうした王道の見方に行き着かれたのではないでしょうか。


ああでもない、こうでもない、と語り合いながら、持参した新聞にはいつの間
にかいろいろな書き込みが・・・。

書き込みをした日本ダービーの新聞

結局この場では、マスターのダービー予想は、このあたりに落ち着きました。

◎5トゥザワールド
○6ショウナンラグーン
▲4アドマイヤデウス
△1サウンズオブアース
△11ハギノハイブリッド

予想印をご覧の通り、13イスラボニータは消しとのことでした。小生、大分
酔っ払っていたので自信はありませんが、フジキセキ産駒のダービー実績が、
主な理由だったと記憶しております。


その後も、マスターとの競馬話は夜遅くまで続き、ながさき苑の夜は更けて
いったのでした。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

17,000アクセス突破のお礼

尾頭橋町内会長です。

皆様のおかげをもちまして、拙ブログのアクセス数が、日にち変わって昨日、
17,000を突破いたしました。

先日の日本ダービー前後には、多くの皆様にお読みいただいたこともあり、
順調に約1ヶ月で、前回からの1,000アクセス上積みが実現いたしました。この
ところ、競馬予想以外の記事が書けていない状況ですが、そんな中でもご愛読
いただき、ありがとうございます。



G1シーズンということで、こうして皮算用に集中していた訳ですが、にもかか
わらずまったく結果を出せず、まさに忸怩たる思いであります。

前回のお礼記事のときが、NHKマイルC明け。このときは、断然1番人気が優勝
したものの、ブービー人気馬相手にクビ差辛勝でした。これはまさに、昨日の
安田記念とまったく同じ。ジャスタウェイは勝ちましたが、これを最後の最後
まで苦しめたのが、ブービー人気のグランプリボスでした。

不良まで悪化した馬場が影響したことは間違いないでしょうが、それでも、
事前の皮算用で、涙を飲んで消した馬に激走されては、何ともなりません。
それなりにいい予想ができても、実際に馬券を獲り切ることがいかに難しいか
・・・。これは、大いなる試練に違いありません。

まあ、深刻になったところで、予想もレースもやり直せる訳ではありません。
予想は楽しみつつ、結果については耐え忍び、いつか突き抜ける日が来ると
信じて待ちたいと思います。


それでは、今後も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。



P.S.
先日、久しぶりにBar finchへ突撃いたしました。その際、マスターF氏より、
同店のURLが変わったとお聞きしたので、昨日早速修正いたしました。変更の
対象は、サントリーが運営する"BAR-NAVI"というサイト上のページです。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

安田記念の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎11ショウナンマイティ
○10ジャスタウェイ
以下△5,13です。

馬連◎-○厚めに△2頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

安田記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

小生の予想通り、ここ愛知県でも一昨日から梅雨入りしました。梅雨入り当日
こそ、ほとんど雨は降りませんでしたが、やはり昨日は雨が降ったり止んだり。
雷を伴って、時折強く降る時間もありました。

何でも、昨日1日で6月1ヶ月分の雨が降った地域もあるそうです。昨夏あたり
の集中豪雨然り、この冬の太平洋側の大雪然り。梅雨入り早々、またも我々は
極端な気象に悩まされそうです。どなた様にも被害が及ばぬよう、小生、願う
のみです。



さて、今週の勝負レースは、安田記念です。府中G1、5週連続開催の、掉尾を
飾るレースであります。小生、安田記念ではあまり(一度も?)いい思いをした
ことがありませんので、今週は過去の振り返りを行わず、早速皮算用に入り
ましょう。


今年の安田記念、出走馬は17頭とフルゲート割れしました。週刊競馬ブックで
見ると、少なくとも過去10年、一度たりともフルゲート割れしたことはありま
せん。もう少し調べてみると、前回のフルゲート割れは1999年。個人的には、
競馬に手を染めて以来初めて、18頭立てでない安田記念を見ることになります。

そんな1999年当時の1番人気が、グラスワンダー。そして、キングヘイロー、
シーキングザパールと続きます。なるほど、豪華メンバーに怖気づいて、出走
馬が少なかったのでしょうか? しかし優勝馬は、4番人気エアジハードでした。
さらに4着に10番人気が飛び込むなど、意外に荒れ模様となったのです。

翻って今回。G1馬は9頭を数え、豪華メンバーといわれております。そういう
意味で、フルゲート割れは納得です。ただ、G1馬といいつつ「昔の名前で~」
的な馬も見受けられますので、こうした前評判を額面通り受け取ってよいかは、
若干疑問です。


そうした情勢を踏まえ、今週も、小生算出予想人気一覧を公開いたします。
( )内が予想人気です。

(1) 10 ジャスタウェイ
(2) 17 ワールドエース
(3) 13 フィエロ
(3) 16 トーセンラー
(5) 1 グランデッツァ
(6) 11 ショウナンマイティ
(6) 14 クラレント
(8) 3 カレンブラックヒル
(9) 8 ミッキーアイル
(10) 7 ホエールキャプチャ
(11) 9 ダノンシャーク
(12) 2 レッドスパーダ
(12) 5 エキストラエンド
(14) 4 リアルインパクト
(14) 6 グロリアスデイズ
(14) 12 グランプリボス
(14) 15 サダムパテック


前走ドバイへ遠征し、見事G1を優勝したジャスタウェイが、予想1番人気と
算出されました。同馬は、2着馬を1秒もちぎる圧勝。このパフォーマンスが
評価され、国際レーティングで、現在世界単独1位となっています。ですから、
この予想1番人気は、当然と言うほかありません。

予想2番人気は、ワールドエース。3歳当時はクラシック最有力ともいわれた馬
ですが、ダービー4着の後屈腱炎を患い長期休養。復帰後2戦目となる前走で
レコードと、見事な復活劇を演じました。ただ、何となくですが、先程書いた
1999年のキングヘイロー(11着)役に見えて仕方ないのですが。



続いては、過去10年の安田記念における、穴馬傾向について見てみましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・0頭
  • 先行・・・2頭
  • 差し・・・11頭(うち3連対)
  • 追込・・・1頭

分母云々を述べる必要もなく、差し・追込馬有利です。府中マイルのイメージ
通りですね。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・6頭(うち1連対)
  • 中枠・・・6頭(うち1連対)
  • 外枠・・・2頭(うち1連対)

こちらは、意外や外枠不利と出ました。年々馬場状態がよくなってきており、
コーナー2回のコースではありますが、内でロスなく進めた方が有利と考えら
れます。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • ショウナンマイティ
  • ダノンシャーク
  • リアルインパクト

「以上を踏まえて」と書きましたが、あまり踏まえていないような気も(笑)。
とりあえず、「逃げ・先行」かつ「外枠」という馬は除外して考えました。

種明かしをすれば、3頭とも過去の安田記念で好走した馬です。古典的ながら、
よくある穴パターンであります。そうなると、2012年2着のグランプリボスも
選びたいところですが、7ヶ月休養明けですので、涙を飲んでオミットいたし
ました。

ともあれ、レース本番まであと1日半。「世界一」のジャスタウェイの扱いも
含め、もう少し検討してみたいと思います。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

6月のご挨拶

名古屋・堀川に浮かぶゴンドラ

尾頭橋町内会長です。

いつもご愛読いただいている方も、今回が初めての方も、ご覧いただきまして
ありがとうございます。


いやはや、先週後半から暑くなりましたね~。ここ愛知県(名古屋)では、5/29
の木曜日から最高気温が30度を突破し、日曜などは猛暑日寸前の34.9度でした。
小生、汗かきですので、これからの時期はなかなか大変であります。

しかしそんな日は、コキコキに冷えた生ビールが実にうまい。日本ダービーと
いう絶好の酒肴もありましたので、小生自身、先の週末は間違いなく今年一番
ビールを飲んだと思います。


その日本ダービー、本命決着ということもあって、馬券はまたも残念な結果に
終わりました。◎に期待したサウンズオブアースは、1,2着馬と同様、絶好位
でレースを運べたのですが、直線力尽きた感じで後退。結果は11着でしたから、
残念ながら、現時点ではかなりの能力差があったことになります。

小生の皮算用で、せめてもの救いがあったとすれば、事前に挙げた注目馬の中
で、マイネルフロストが12番人気ながら3着に突っ込んだことです。仮に軸で
買ったとしても、馬券は獲れませんでしたが、こちらを中心視できなかった
詰めの甘さは、今後に向けた反省点でしょう。


ところで、冒頭の画像は、この時期らしいものということで、名古屋は堀川に
浮かぶゴンドラを載せてみました。以前からその姿は目にしていたのですが、
調べてみると、当地のNPO法人が、週末を中心に運航されているとのこと。
女性の漕ぎ手というのも、なかなかナイスだと思います。

ちなみに撮影した日は、「堀川フラワーフェスティバル2014」というイベント
の期間中でした。イベント会場でもある、この納屋橋付近は、こうした花々で
飾られ、春の終わりの街を一層華やかに彩っていました。

堀川フラワーフェスティバルを彩るハンギングバスケット

春が終われば、もう梅雨入り。愛知県の週間予報では、明日から週末にかけて
雨予報がずらりと並んでいます。恐らく、明日には梅雨入り宣言が出される
ことでしょう。高温多湿の時期です。どなた様も、くれぐれもご自愛ください。


それでは、今月も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

日本ダービー(東京優駿)の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎1サウンズオブアース
○13イスラボニータ
▲11ハギノハイブリッド
以下△3,5,10です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲