FC2ブログ

ジャパンCの皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎12タマモベストプレイ
○3ジェンティルドンナ
▲9イスラボニータ
以下△4,10,16です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

今日は、15:55発走なんですね~。
中京スポーツを見るまで、知りませんでした。

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



ジャパンCの皮算用

尾頭橋町内会長です。

先週のマイルCS、8番人気-3番人気の決着でしたが、馬連は3,890円。人気が
割れていたためか、難しい割に、それほど好配当ではありませんでしたね。
ただ、◎に期待したダイワマッジョーレは9着。人気以上には走ったものの、
配当云々の話も、所詮負け犬の遠吠えであります。



さて、巻き返しを図りたい今週の勝負レースは、ジャパンCです。当レースの
高額賞金や、凱旋門賞からのローテもあり、昨今では、豪華メンバーが集まる
ようになってきました。今年もその例に漏れず、事前の評判では「空前絶後」
とまで言われたメンバーが集まりました。

となると、穴党には旗色がよくありませんが、今週も、あくまで小生らしく、
勝負に挑みたいと思います。


本日すでに前々日発売が始まりましたが、小生なりの評価軸を持っておきたい
ので、いつも通り、小生算出予想人気一覧を公開いたします。
( )内が予想人気、次の数字が馬番です。

(1) 6 ハープスター
(2) 3 ジェンティルドンナ
(3) 9 イスラボニータ
(4) 10 ワンアンドオンリー
(5) 1 ジャスタウェイ
(5) 4 エピファネイア
(7) 8 デニムアンドルビー
(8) 15 スピルバーグ
(8) 16 フェノーメノ
(10) 2 アイヴァンホウ
(11) 7 アップウィズザバーズ
(12) 5 ヒットザターゲット
(12) 11 トーセンジョーダン
(12) 12 タマモベストプレイ
(12) 13 ディサイファ
(12) 14 サトノシュレン
(12) 17 アンコイルド
(12) 18 トレーディングレザー


外国馬を含め、G1馬は何と12頭を数えるメンバーですが、並み居る歴戦のG1馬
を抑え、3歳牝馬ハープスターが、予想1番人気と算出されました。前々日最終
オッズでは、4番人気の評価ですが、少なくとも、そうした人気に留まるとは、
とても思えません。

逆に、予想人気の方で意外なのは、ジャスタウェイ。日本馬としては、初めて
国際レーティング1位を獲得し、未だ単独トップをキープ。前走凱旋門賞では、
確かにハープスターに先着されたものの、タイム差はなし。そんな馬が、小生
予想通り5番人気なら、こんなおいしい話はありませんが・・・。



次に、過去10年のジャパンCにおける、穴馬傾向について見てみましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・1頭
  • 先行・・・5頭(うち1連対)
  • 差し・・・3頭
  • 追込・・・1頭

穴馬は、明らかに逃げ・先行馬有利。舞台となる東京競馬場は、一般論では
差し有利ですが、豪華メンバーということで、差し馬に注目が集まり過ぎるの
でしょうか?

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・5頭
  • 中枠・・・1頭
  • 外枠・・・4頭(うち1連対)

なぜか、中枠が不利のようです。今回、ジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、
ハープスターと内枠に集まってしまったのは、穴党にとって厳しいですね~。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • フェノーメノ
  • タマモベストプレイ
  • サトノシュレン

フェノーメノは、G1馬ながら、前走天皇賞(秋)で14着と負け過ぎです。しかし、
ステイゴールド産駒の難しい面が出たとも解釈できます。後者2頭は、逃げ・
先行馬。明らかに格下ですが、大穴の夢を託すなら、このあたりでしょう。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

WINS名古屋改築工事その後(29) ~名馬館オープンに伴い発売単位変更~

尾頭橋町内会長です。

現在改修工事中のWINS名古屋新館部分は、12/13(土)にオープンすることが、
発表されました。すでに先日の記事でつぶやきましたが(笑)、オープンととも
に、館名も新たに「名馬館」と名付けられます。

名馬館リニューアルオープンの告知ポスター


現地WINS名古屋では、上のポスターはもちろん、こんな感じでリニューアル
オープンが告知されています。オープン週の12/13・14には、キャンペーンも
行われるようですね。

WINS名古屋館内のリニューアルオープン告知の様子



JRAホームページで発表されたのは11/14でしたから、小生、以後2週にわたり
WINS名古屋へ突撃いたしました。ただ、館内には、上記ポスター以上の情報は、
特に見当たりませんでした。

ちなみに、そのホームページで発表された内容は、まとめると次の4点です。

  • 発売単位の変更
  • 新館を「名馬館」に改称
  • 営業エリアの変更
  • 2015年2月にエクセルフロアオープン

以下、各項目について、小生なりの視点でご説明いたします。



発売単位の変更


変更内容は、次の通りです。

  • 現行・・・全式別 200円以上100円単位
  • 12/13より・・・全式別 100円単位

WINS名古屋では、元々100円単位の発売を実施しておりました。しかし、一連
の改築工事に伴い、2013/1/12から現行の発売単位に変更されていましたので、
約2年ぶりの復活ということになります。

近隣では、中京競馬場や名古屋競馬場(J-PLACE名古屋)で、100円単位の発売
だったものの、やはり不便であることは確かです。特に、3連単が100円単位
で買えないことについては、小生の周りでも、ボヤく面々が何人もおりました。



新館を「名馬館」に改称


この件については、読んで字の如くですが、やはり新館にも愛称が付けられ
ましたね。

愛馬館命名の由来に、「愛知県の『愛』をとって」という件がありますが、
名馬館は、「名古屋市の『名』をとって」ということになるのでしょう。



営業エリアの変更
2015年2月にエクセルフロアオープン


詳しくは、たびたび触れております、JRAホームページをご覧いただきたいの
ですが、名馬館オープンということで、当然営業エリアは広がります。

目新しいところでは、4階に発売所が追加され、またシートサロン(無料席)が
設けられます。愛馬館には座席がありませんので、こちらも、2013年1月以来
ようやくの復活ということになります。

一方、「名馬館の一部は、改築工事中に伴いご利用できません」という記述の
通り、設置予定の下記2施設は、名馬館オープン時にはお預けとなります。

  • ファストフードプラザ(4階)
  • エクセルフロア(5階)

このうち、エクセルフロアは、2015/2/14(土)に運用開始と明記されています。
ファストフードプラザも、恐らくこれと同時か、その数週間前にオープンと
なるのでしょう。

また、金山側のエントランス階である2階、そして3階には、発売所等が設けら
れず、通路や観戦スペースのように、緩衝地帯的なエリアとなりそうです。


なお、営業エリアの変更に先立って、今週末11/29(土)から、愛馬館への連絡
通路として、金山側出入口の使用が可能となるそうです。金山側出入口を入る
と、必然的に名馬館を通るルートになります。ということは、名馬館の少なく
とも通路部分は、改修工事が終わった訳です。

11/29から金山側出入口の使用可能を告知するポスター



改築工事の節目となりましたので、例によって、全体の工事スケジュールと、
営業エリアの変遷表を改訂し、まとめにしたいと思います。

  • 2012年 6月 新館改修(旧本館のみで営業)
  • 2013年 1月 旧本館東側解体・新築(新館のみで営業)
  • 2014年 7月 旧新館再改修開始
  • 2014年 8月 プレオープン(愛馬館のみで営業)
  • 2014年12月 名馬館一部再オープン(ほぼ全館で営業)  ←間もなくここ
  • 2014年12月 旧本館西側解体と2階エントランス接続工事
  • 2015年 2月 エクセルフロアオープン(全館で営業)
  • 2015年 5月 全面リニューアルオープン

旧施設名本館(西側)本館(東側)新館
2012年6月営業営業工事中
2013年1月営業(一部)★工事中営業
2014年7月営業(一部)工事中営業(一部)
2014年8月営業(一部)営業工事中
2014年12月工事中営業営業(一部)
2015年2月工事中営業営業
2015年5月営業営業営業
新施設名エントランス愛馬館名馬館
(★ 本館(西側)の一部営業は、平日払戻所としての営業)

今回の発表で、2月のエクセルフロア運用開始をもって、全体のリニューアル
オープンという内容の記述を見かけます。ただ、工事期間は、元々2015年5月
ごろまでと告知されていますので、これは愛馬館・名馬館の全面オープンと
いう意味でしょう。

この後、2階エントランス接続工事が5月まで掛かり、これが完了して完工と
いう段取りと見られます。


本日のところは、以上です。また、何か動きがあればレポートいたします。



新エリア("名馬館")オープンに伴い発売単位を変更【ウインズ名古屋】
http://www.jra.go.jp/news/201411/111403.html

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

マイルCSの皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎6ダイワマッジョーレ
○13トーセンラー
▲10ロゴタイプ
以下△4,14,15です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

マイルCSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

先週のエリザベス女王杯は、◎に期待したグレイスフラワーがあえなく最下位
に撃沈。小生、穴狙いに徹しているとはいえ、厳しい結果でした。ただ、相手
5頭は、勝ち馬を含めすべて6着以内と、内容自体は悪くなかったと思います。
ということで、絶好球が来るのを、今週もひたすら待つことにいたします。



さて、今週の勝負レースは、マイルCS。競馬ファンの方なら先刻ご承知でしょ
うが、マイル路線は、もう何年も抜けた存在がいない状況。今回、昨年の優勝
馬も登場予定ですが、やはり一筋縄ではいかないようです。

早速今週も、小生算出予想人気一覧を公開いたします。( )内が予想人気です。
本日枠順が発表されましたので、馬番も書いておきます。

(1) 13 トーセンラー
(2) 8 フィエロ
(3) 9 ワールドエース
(3) 10 ロゴタイプ
(3) 11 クラレント
(6) 14 グランプリボス
(6) 15 ミッキーアイル
(8) 3 グランデッツァ
(9) 12 ダノンシャーク
(10) 5 レッドアリオン
(10) 16 タガノグランパ
(12) 7 エキストラエンド
(13) 2 エクセラントカーヴ
(14) 6 ダイワマッジョーレ
(15) 1 ホウライアキコ
(15) 4 サダムパテック
(15) 17 サンレイレーザー


やはり昨年の優勝馬、トーセンラーが予想1番人気と算出されました。同馬は、
今回と同じ京都外回りを、距離を問わずに滅法得意としています。その上、
勝った昨年と同じ、京都大賞典からの臨戦。素直に考えれば、堅い1番人気と
思われます。

ただ、その京都大賞典は2400m。今回は、そこから800mの距離短縮となります。
現に、昨年は同じローテを踏んで優勝した訳ですが、1つ年齢を重ね、同様に
対処できるとは限りません。また今年は、春2戦、秋1戦しか使っておらず、
重箱の隅かも知れませんが、レース勘の点でもいささか心配です。


今回の予想人気で、一つ特徴的な点は、上位人気で同順が多いことです。予想
3番人気が3頭、6番人気も2頭が並んでいます。先程、抜けた馬がいないと書き
ましたが、どうやら上位混戦の様相を示しそうです。



こちらもいつも同様、過去10年のマイルCSにおける、穴馬傾向について調べて
みました。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・2頭(うち1連対)
  • 先行・・・3頭(うち1連対)
  • 差し・・・6頭(うち1連対)
  • 追込・・・1頭

若干、逃げ・先行馬が有利にも思えますが、差異としては参考程度と見るべき
でしょう。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・5頭(うち1連対)
  • 中枠・・・5頭
  • 外枠・・・2頭(うち2連対)

明らかに、外枠の頭数が落ち込んでいます。ただし、外枠の穴馬はすべて連対
を果たしていますので、完全無視まではできません。



それでは、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • ダノンシャーク
  • エクセラントカーヴ
  • ダイワマッジョーレ

ダノンとダイワは、昨年の2,3着馬。ここまで人気が落ちれば、狙いごろです。
エクセラントカーヴは、昨年の京成杯AHで、1分32秒を切るタイムで優勝。
今回予想される速い時計に、対応できる素地は十分あるはずです。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

エリザベス女王杯の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎8グレイスフラワー
○5ヌーヴォレコルト
▲2フーラブライド
以下△1,3,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

WINS名古屋改築工事その後(28)

尾頭橋町内会長です。

あぁ、「名馬館」ですか・・・。
予想はしていませんでしたが、予定調和ですね~。

詳細は、また後日。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

エリザベス女王杯の皮算用

尾頭橋町内会長です。

今日は、天気予報通り寒くなりましたね~。ここ愛知県では、11月下旬並みの
最高気温だったとか。小生、通勤では1枚余分に着込みましたが、昨日までは
比較的暖かかっただけに、さすがに堪えます。パブロフの犬と言われようとも、
こんな日に温かい鍋を思い出すのは、日本人として当然の条件反射ですね(笑)。



さて、秋季G1は1週中休みでしたが、今週からは、有馬記念までノンストップ
です。読者様の中で競馬ファンの皆様、お互い気合を入れてまいりましょう。
そんな今週末の勝負レースは、エリザベス女王杯であります。

まずは早速、今週も小生算出予想人気一覧を公開したいと思います。
( )内が予想人気です。

(1) ヌーヴォレコルト
(2) メイショウマンボ
(3) ラキシス
(4) ディアデラマドレ
(5) ショウナンパンドラ
(6) アロマティコ
(6) スマートレイアー
(8) キャトルフィーユ
(9) ブランネージュ
(10) ヴィルシーナ
(11) フーラブライド
(11) ホエールキャプチャ
(13) サングレアル
(14) オメガハートロック
(14) グレイスフラワー
(14) コウエイオトメ
(14) サンシャイン
(14) レッドリヴェール


今年のオークス馬、ヌーヴォレコルトが予想1番人気と算出されました。次位
は、昨年のオークス馬、メイショウマンボ。週刊競馬ブックでは、「対峙する
新旧オークス馬」などとの見出しも見受けますが、まさにその通りの予想人気
です。

ただ、この2頭、いずれも前走で敗れているのも事実。実績馬ではありますが、
「牝馬は格より調子」という競馬格言もありますので、それほどの信頼は寄せ
られないと見るべきでしょう。

逆に、そのヌーヴォレコルトを降した、ショウナンパンドラがこの予想人気
通りなら、こちらの方がむしろお勧めになります。もっとも、小生が狙うほど
の人気薄ではありませんが・・・。



こちらもいつものG1同様、過去10年のエリザベス女王杯における、穴馬傾向に
ついて調べてみました。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・1頭(うち1連対)
  • 先行・・・1頭(うち1連対)
  • 差し・・・7頭(うち1連対)
  • 追込・・・0頭

2009年の「行った行った」決着という大波乱はあったものの、基本的には穴馬
も差し有利と考えるべきでしょう。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・1頭
  • 中枠・・・5頭(うち2連対)
  • 外枠・・・3頭(うち1連対)

上記の差し有利とも関連がありそうですが、内枠は不利な傾向です。



以上を踏まえ、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • ヴィルシーナ
  • フーラブライド
  • グレイスフラワー

このうちヴィルシーナは、本当に2桁人気になるのかという思いもありますが、
予想人気通りなら面白い存在です。近2走も、いずれもG1で1,3着と、調子の面
でも問題ありません。休み明けと逃げ脚質が、不安点と目されているようです
が、逆張りの観点からは、是非不安点が喧伝されてほしいものです。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

みやこSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎9ラガートモヒーロ
○5クリノスターオー
▲16アスカノロマン
以下△2,7,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

WINS名古屋改築工事その後(27) ~平日払戻所の移転~

尾頭橋町内会長です。

先週、今週と、いつものようにWINS名古屋で馬券勝負し、結果は、例によって
例のごとく敗退でした。こちらは先週の画像なのですが、愛馬館に入って早々、
気になるポスターを見つけました。

平日払戻所の場所変更を告知するポスター

まあ、読んで字の如しですが、11/10(月)より、平日払戻所の場所が愛馬館2階
に変わるそうです。

平日払戻所は、いまだ取り壊されていない、旧本館西側部分で営業しています
(上の画像×印の建物)。それが移転する訳ですから、素直に考えれば、その
部分がいよいよ解体工事に入るとも考えられます。


ただ、旧本館西側部分には、平日払戻所だけでなく、WINS名古屋の建築主でも
ある、名古屋友豊(株)の事務所も入っています。当該事務所の移転先は、愛馬
館の造りから考えると、現在改修工事中の新館部分(上の画像薄緑色部分)しか
ありません。

新館再オープンは12月の予定ですから 名古屋友豊(株)の事務所移転も必然的
にそのタイミングでしょう。

ということは、先日推測した通り、旧本館西側部分の解体工事は、年末の新館
再オープンと入れ替わる形で始まると考えられます。今回の平日払戻所移転は、
解体工事準備のための動きではないでしょうか?
(今年7月に、新館の一部を先行して閉鎖したときと同様な手法)


本日のところは、以上です。また、何か動きがあればレポートいたします。



[おまけ]

こちらは、夜の闇に浮かび上がる、WINS名古屋の姿。現状、WINS名古屋は夜間
に営業することがありませんので、結構レアな画像だと思います。種明かしを
すれば、18時ごろの様子なのですが、さすがに11月、日が短くなりましたね。

夜の闇に浮かぶWINS名古屋

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

11月のご挨拶と記事700件目のお礼

2014年名古屋まつり郷土英傑行列の織田信長

尾頭橋町内会長です。

いつもご愛読いただいている方も、今回が初めての方も、ご覧いただきまして
ありがとうございます。

時は巡り、2014年も早や11月となりました。仮装というより、コスプレに彩ら
れたハロウィンも過ぎ、代わって到来した寒波に追い立てられるように、街は
クリスマスの装いに変わろうとしています。もう少しだけ、秋に浸っていたい
と思っていても、時の流れはまことに容赦がないものです。

そんな先月10月も、変わらぬご愛読をいただき、ありがとうございます。


また、本記事をもちまして、おかげ様で記事数が700件目に到達いたしました。

前回600件目への到達は、今年の2/12でした。そのときに、次の100件に1年も
掛からないようにしたいと書きましたので、その最低目標は達成できました。
が、9ヶ月あまりでの100件ですから、逆算すれば月10件強の投稿です。

投稿ペースは、ブログ管理人それぞれの事情や考え方次第ではあります。です
が、拙ブログの10月を振り返ってみると、皮算用と月頭のご挨拶以外には、
わずか1件しか投稿できておりません。差し当たっては、皮算用以外の記事も
ご提供できるよう、頭と指先を柔らかく保ちたいと思います。



さて、秋季G1戦線も、今週は一休み。先日の天皇賞(秋)は、またも重賞未勝利
馬によるG1制覇となり、ここまでの4戦すべてのG1で、重賞初優勝という珍事
になっています。ただ、珍事の割に、馬連はスプリンターズSの7,360円が最高
と、穴党の小生には不完全燃焼が続いております。

この秋残りのG1で、穴が出やすいのは、恐らく下馬評通りマイルCSでしょう。
しかし、チャンピオンズC(旧JCダート)、朝日杯FSと、今秋は施行条件変更と
なるG1が2レースもあります。

いずれも、直線の長いコースに変わるので、一般には穴が出にくくなると見ら
れるでしょうが、それこそが狙い目と、小生密かに楽しみにしております。

2014年も残り2ヶ月を切り、状況は厳しいですが、何とか1勝をもぎ取り、ここ
しばらくの低空飛行を脱出したいものです。そのためには、小生自身納得でき
る予想を、毎週愚直に積み重ねていく所存です。


今後も、引き続き「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

天皇賞(秋)の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎7サトノノブレス
○15イスラボニータ
▲9フェノーメノ
以下△13,14,16です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲