FC2ブログ

お好み焼きとドリミネーション ~長崎・広島の旅初日~

尾頭橋町内会長です。

激闘(?)・有馬記念も終了し、今年も長崎・広島の旅にやってまいりました。
初日の本日12/29は、ほぼ移動日。

京滋バイパスの風景

混雑する山陽道を避け、中国道を爆走して、約6時間で広島へとやってまいり
ました。こちらは、広島ICから市街へと向かう、通称「祇園新道」。上の高架
は都市高速ではなく、「アストラムライン」という新交通システムです。

広島・祇園新道にて

チェックイン後、早速腹ごしらえに。昨年突撃した店を目指し、広島の繁華街、
流川(ながれかわ)界隈へ向かいます。

夜の流川界隈

突撃したのは、「八昌」というお店。八昌は、他にも店舗があるので、こちら
の店は「流川八昌」と呼ぶようです。小生はまだ突撃したことがありませんが、
八昌は名古屋にも存在するそうで、一度機会があれば行ってみたいものです。

流川八昌

これから移動する訳ではありませんので、心置きなく「生ビール」を。

生ビール

いただいたのは、お好み焼き「そば肉玉」に、トッピングで「イカ天」を追加。
ここでいうイカ天とは、生のイカでなく、袋入りのおつまみでよくあるイカ天
なのです。ネットからのにわか知識でしたが、なるほど香ばしくて、ビールが
進みます。

お好み焼き そば肉玉プラスイカ天

流川から平和大通りへ出ると、今年もやっていました。「ひろしまドリミネー
ション2015
」という、ライトアップ企画です。

ひろしまドリミネーション2015 1

暖かいとまではいきませんが、平年より気温は高く、また休日の方も多いよう
で、なかなかの人出でした。

ひろしまドリミネーション2015 2

明日は、最終目的地・長崎へと向かいます。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



有馬記念の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎16マリアライト
○5アドマイヤデウス
▲12リアファル
以下△2,4,6です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

有馬記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

遂に、有馬記念の皮算用を行う時期となりました。1年の締め括りに向かって、
カウントダウンのスイッチを押したような気分です。しかし、時間を戻すこと
は誰にもできません。有終の美を目指して、突き進むのみです。


早速ですが、今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想
人気、次の数字が、昨日発表された馬番です。

(1) 4 ラブリーデイ
(2) 12 リアファル
(3) 15 ゴールドシップ
(4) 11 キタサンブラック
(5) 9 サウンズオブアース
(6) 7 ゴールドアクター
(7) 13 ルージュバック
(8) 3 ラストインパクト
(9) 6 アルバート
(10) 5 アドマイヤデウス
(10) 8 ワンアンドオンリー
(12) 2 ヒットザターゲット
(12) 14 ダービーフィズ
(12) 16 マリアライト
(15) 1 オーシャンブルー
(15) 10 トーセンレーヴ


ジャパンCに引き続き、ラブリーデイが予想1番人気と算出されました。その
ジャパンCは3着に敗れたものの、ゴールドシップに早めにまくられ、人気を
背負っていただけに、これに合わせて早仕掛けになったもの。今年だけで重賞
6勝、うちG1を2勝と、一番手の評価は当然と思われます。

ただし、すでに前々日発売も行われ、上位4頭が単勝1桁人気と混戦模様。上記
ジャパンCでも、若干の距離不安がささやかれただけに、100mとはいえ更なる
距離延長から、前のめりにはなりにくいところでしょう。



では、例によって、過去10年の有馬記念における、穴馬傾向についても見て
みましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・0頭
  • 先行・・・3頭(うち1連対)
  • 差し・・・8頭(うち3連対)
  • 追込・・・4頭(うち1連対)

逃げ馬ゼロはともかく、追込馬が15頭中4頭を占める点は、明らかなる特徴で
しょう。今回の舞台となる中山コースは、先行有利が定説と思われているだけ
に、盲点になりやすい差し・追込馬が、穴の使者となるものと考えます。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・3頭(うち1連対)
  • 中枠・・・8頭(うち3連対)
  • 外枠・・・4頭(うち1連対)

ご覧の通り、中枠有利。昨年の優勝馬ジェンティルドンナの4番に象徴される
ように、内枠有利、そして外枠不利がこれまた定説と思われています。これが
人気に反映しないはずはなく、内枠は人気過剰気味。不利な外枠も、出現度数
は意外に多く、要は乗り方次第ということのようです。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • アドマイヤデウス
  • ワンアンドオンリー
  • マリアライト

上記傾向通り、差し馬で固めてみました。アドマイヤデウスは、ジャパンCで
は番手でしたが、同じコースで勝った日経賞では中団を進みました。後者2頭
はG1馬。それぞれ事情があるにせよ、人気を落とし過ぎではないでしょうか?


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

ブログ5周年のお礼

行く手にかかる虹

尾頭橋町内会長です。

お陰をもちまして、昨日、拙ブログが開設5周年を迎えました!
いつもご愛読いただいている方も、今回初めての方も、ありがとうございます。

アクセス数などのお礼記事でも、いつものように書いておりますが、こうして
周年を迎えられるのは、やはり皆様のご愛読の後押しがあってこそです。極端
な話、記事1本だけ書き5年間放置していても、5周年と強弁することは不可能
ではありませんが、頻度はともかく、それなりに更新しつつの月日ですから。

その頻度ですが、特にこのところ落ちておりまして、申し訳ございません。
せっかくの機会ですので、事情を一部書いておきますと、実は11月初めから、
何年かに一度レベルの仕事のピークが到来。折悪しく、そのタイミングで風邪
を引き、半月ほど無理がきかず、そのしわ寄せが先日まで及んだ次第です。

そのせいで、チャンピオンズC、阪神JFと、G1恒例の事前皮算用すら書けず、
小生自身、非常に残念な気持ちでありました。

ただ、「先日まで」と書きました通り、仕事のピークも、先週末あたりでよう
やく一段落。爆買いならぬ、「爆書き」とはいきませんが、何とか記事を書け
る態勢にはなりました。今週は有馬記念もありますので、まずは従来のペース
で投稿していきたいと思います。



そういえば、今日はクリスマスイヴですね(笑)。メリークリスマス!

街はクリスマス一色ですが、今年は今一つ気分が出ないイヴであります。小生
が、いわゆる非リア充というのはともかく、ここ愛知県では、今日は小春日和
と言っていいほどの暖かさ。一昨日は冬至だったはずなのですが・・・。

これでは、ホワイトクリスマスどころか、インディアン・サマー・クリスマス
(←長い)ですね~。なるほど、こんな曲名では気分も出ないでしょう。ちなみ
に、本日の名古屋の最高気温は、17.6度だったそうです。

先日見かけた記事によれば、気象庁は「高温に関する異常天候早期警戒情報」
というものを発表したとか。内容を引用させていただくと、次の通りです。

気象庁は、12月21日「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表。沖縄地方
は12月28日頃から、近畿や四国、九州北部、九州南部、奄美地方は12月29日頃
からの約1週間、かなりの高温が予想される。暖かい年末年始だが、農作物の
管理などに注意。

おー、この暖かさ、まだまだ続きますか。ちょうどこの期間、例年通り西への
ツアーを予定しているのですが、やはりありがたいですね。何より、道中の雪
を心配しなくてもいいので、移動の疲れが少なく済みそうです。

とはいえ週間予報等を見ると、日曜日あたりを底に、今季一番の寒波が訪れる
ようです。寒暖の変動が大きいですから、皆様風邪など引かぬようご自愛くだ
さい。



さて、競馬の方ですが、先日の朝日杯FSは、人気の2頭が強かったですね~。
ただ、期待したユウチェンジが4着に健闘。同馬にクビ差先着した、シャドウ
アプローチの方を、事前に候補に挙げつつ◎にできなかったのは残念でしたが、
最低限の収穫はあったレースでした。

で、その前日土曜日に行われた重賞、ターコイズSではどえらい万馬券が出現。
馬連は54,690円、3連単は何と300万円近い大荒れでした。その大波乱の片棒を
担いだ勝ち馬は、小生が秋華賞で期待したシングウィズジョイ。うーん、何と
いうか先物買いであります。

小生、本命馬が先物買いになるケースがたびたびあり、今回の有馬記念で上位
人気確実のラブリーデイも、実はその該当馬なのです。元をただせば、2013年
の有馬記念で本命に狙った馬。先のシングウィズジョイと違って、今回本命に
狙ってもおいしくはありませんが、個人的には十分マークしたいところです。

有馬記念は、泣いても笑っても今年2015年の最終戦。小生の買い方で的中すれ
ば、年間収支プラス圏内に入るでしょうが、この一戦でと焦ってもいいことは
ありません。有馬独特の雰囲気は楽しみつつも、普段通りの気持ちを忘れずに、
今週も予想したいと思います。


最後に繰り返しになりますが、読者の皆様、これまでのご愛読ありがとうござ
いました。今後も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

朝日杯FSの皮算用(3)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎6ユウチェンジ
○11エアスピネル
▲10タイセイサミット
以下△2,3,15です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

朝日杯FSの皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、前記事を踏まえて、現時点における小生の注目馬を挙げておきます。

  • シャドウアプローチ
  • ユウチェンジ
  • サイモンゼーレ

どうも、人気薄、先行馬、中枠をすべてキレイに満たす馬はいないようです。
正直絞込みには悩みましたが、このあたりにしたいと思います。

シャドウアプローチは、小生の予想人気で7番人気でしたが、現時点では12番
人気。やや外枠は痛恨ですが、先行脚質でもあり、注目馬に挙げました。先行
馬では、サイモンゼーレも同様。ユウチェンジは差し馬ですが、中枠馬で一番
魅力があると判断しました。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

朝日杯FSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

先週の阪神JF、2着に10番人気が入り、馬連3,500円と中穴決着になりました。
1番人気-10番人気決着という字面の割には、配当が伸びなかったので、小生と
しては不幸中の幸いと言えます。

今秋のG1戦線は、ジャパンC、チャンピオンズCの連続万馬券が象徴するように、
荒れた決着続き。馬連の平均配当を計算すると、5,000円を優に超えています。
実際、馬連10倍未満の配当は一度もなく、それだけに、本命党の皆様も、苦労
なさっていると想像いたします。

そんな本命党の苦労は、穴党の小生にとってチャンスであるはずなのですが、
2度も出た万馬券を落としているようでは、不調と言うほかありません。今年
も残すところあと2週ですから、年内に獲れる確率は高くありませんが、最終
戦の有馬記念まで、諦めずに進みたいと思います。



さて、今週の勝負レースは朝日杯FSです。長年中山1600mで行われてきたこの
G1、昨年から何と阪神へと移設。外回りコースという点では、中山も阪神も
同じですが、直線の長さなどまったく違い、従来の傾向はほぼ通用しなくなり
ました。

そのためか、阪神初年度だった昨年は、馬連14,050円と高配当に。今回も、穴
馬券出現の期待を持って、予想したいと思います。


まずは、今週もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想人気
です。

(1) エアスピネル
(2) イモータル
(3) リオンディーズ
(4) ボールライトニング
(5) アドマイヤモラール
(6) シュウジ
(7) シャドウアプローチ
(8) ショウナンライズ
(9) ハレルヤボーイ
(10) ウインオスカー
(10) タイセイサミット
(10) ユウチェンジ
(13) コパノディール
(13) サイモンゼーレ
(13) スリラーインマニラ
(13) ツーエムレジェンド


エアスピネルという馬が、予想1番人気と算出されました。朝日杯FSは、今年
デビューの2歳馬によるレースですから、全馬なじみのないのはある意味当然
です。

そんな中で、このエアスピネルは、前哨戦の一つであるデイリー杯2歳Sを圧勝。
すでに先週の競馬ブック誌上から、高評価の記事を見かけるほどでした。おま
けに同馬は、母が秋華賞馬エアメサイアという、実にわかりやすい良血。人気
になる要素は満載です。

蓋を開けた今週、某サイトの予想オッズでも単勝1点台という人気。いわゆる
一本かぶりの状況です。今週も、終わってみれば呆気に取られるほど強かった、
というオチもあり得ますが、それでも、デビューたかだか3戦目の馬に、これ
ほどの信頼を置いてもいいものか・・・。



いつもなら、ここで過去10年の朝日杯FSにおける、穴馬傾向について検討とこ
ろですが、先述の通り、昨年から阪神に移設され、過去の傾向は使えない状況。
ただ、先週の阪神JFは、同じ阪神1600m。外回りコースになって、今年で10年
を数えました。

そこで、多少無理筋ですが、この10回の阪神JFの傾向、プラス昨年の朝日杯FS
の結果から、穴馬傾向を探りたいと思います。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・0頭
  • 先行・・・6頭(うち2連対)
  • 差し・・・3頭(うち2連対)
  • 追込・・・3頭(うち1連対)

先行馬と、差し・追込馬とで出現度数が同じですから、先行馬が比較的有利と
判断できます。ただし、追込馬3頭というのは、普段あまりない傾向ですから、
無欲の追込一発にも警戒しておく必要はありそうです。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・4頭(うち1連対)
  • 中枠・・・6頭(うち3連対)
  • 外枠・・・2頭(うち1連対)

ご覧の通り、中枠>内枠>外枠という結果。迷ったら、外枠の馬を軽視という
スタンスがよさそうです。


ちょっと中途半端ですが、ここで時間がなくなりましたので、小生の注目馬は
また改めて書きたいと思います(実は、まだ3頭に絞れていないのですが)。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

阪神JFの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎12ウインミレーユ
○2メジャーエンブレム
▲3マシェリガール
以下△6,7,11です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

チャンピオンズCの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎12クリノスターオー
○2サウンドトゥルー
▲16ロワジャルダン
以下△1,11,13です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

12月のご挨拶

名古屋三井ビル新館前のクリスマスツリー1

尾頭橋町内会長です。

いつもご愛読いただいている方も、今回が初めての方も、ご覧いただきまして
ありがとうございます。


最近、競馬予想記事ばかりで、殺風景でありましたので、ご挨拶ぐらいは画像
から始めてみました。冒頭のクリスマスツリーは、先日名古屋駅前で見かけた
ものです。

今年も早や師走。読者の皆様、どういった風物に年末をお感じになりますか?
実際のところ、時と場合によるのではないかと思います。それでは、そうした
風物の中で、一番を選ぶとしたら何でしょうか?

小生の場合は有馬記念・・・、と言いたいところですが、一番はクリスマス
イルミネーションですね。特に最近は、ハロウィン終了と入れ替わりに始まる
ようで、11月初旬という、おそらく最も早い時期から見かける年末の風物です。
そんなに早くから、追い立てなくてもいいような気もするのですが・・・。


ともあれ、イルミネーションをそこかしこで見かける12月。小生、この時期は
「煌きの季節」なのではないかと、最近感じております。

これはもちろん、イルミネーションからのイメージなのですが、クリスマス
ツリーにも、金の玉を始めとして(笑)、煌きをイメージする金色を多用してい
ますね。(ちなみに、クリスマスツリーの玉飾りは、本来は赤色なのだとか)

また、煌きといえば、「一瞬の煌き」という決まり文句があるほどで、ひと
ときの儚さが想起されます。年末のこの時期、人々は煌きの中に、歳月の儚さ
をもイメージしているのかも知れません。

名古屋三井ビル新館前のクリスマスツリー2



例によって競馬の方ですが、先日のジャパンC、ギリギリとはいえ馬連万馬券
となりました。ああ、それなのに・・・。

穴馬傾向から、先行馬中心に勝負したものの、差し馬同士の決着とまったくの
空振り。ただ、今回は上位人気3頭が、それぞれ3・8・10着と振るわず、それ
が故の万馬券でした。

小生が期待したカレンミロティックは、今回逃げの手に。同馬は速めのペース
を刻み、3コーナー過ぎには、後続を約5馬身引き離していました。このあたり
で小生、もしかしての期待にモニターの前で膠着状態。残り400mまでは先頭
だったのですが、残念ながらお約束通り後方馬群に飲まれてしまいました。


12月を迎え、今年のG1、すなわち今年の勝負レースもあと4戦。常識的には、
一発逆転は困難となりました。もちろん、最終戦の有馬記念まで、年間プラス
を諦めるつもりはありません。

だからと言って、スタンスを変えてまで当てに行ったり、増してや金額を増額
する気は、さらさらありません。あくまで自然体で、できる限り自ら納得の
いく予想を続けたいと思います。


それでは、今月も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲