FC2ブログ

大阪杯の皮算用

尾頭橋町内会長です。

昨年までなら、今週は事前皮算用はお休みだったのですが・・・。そう、今年
から、新しいG1ができました。それが、今週の大阪杯。とはいえ、新たなるG1
だからといって、特段の高揚感はないですね~。チャンピオンズCのように、
地元中京のレースでしたら、同じ新規G1でも全然違うのですが(笑)。


おっと、本日もあまり時間がありませんので、さっさと進めたいと思います。
まずは、今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想人気、
次の数字が、本日発表された馬番です。

(1) 14 マカヒキ
(1) 5 キタサンブラック
(3) 7 サトノクラウン
(4) 13 ヤマカツエース
(5) 12 アンビシャス
(6) 1 ミッキーロケット
(7) 4 ステファノス
(8) 6 サクラアンプルール
(9) 11 マルターズアポジー
(10) 9 ディサイファ
(11) 8 ロードヴァンドール
(12) 2 アングライフェン
(12) 3 スズカデヴィアス
(12) 10 モンドインテロ


何と同点で、予想1番人気としてマカヒキとキタサンブラックが並びました。

今さら小生が書くまでもありませんが、マカヒキは昨年の日本ダービー馬。
そして、結果は出なかったものの、昨秋には凱旋門賞にも挑戦した馬です。
一方キタサンブラックは、昨年のJRA年度代表馬。昨年は春天とジャパンCを
勝ち、他のレースもすべて馬券対象だった堂々たる実績馬です。

どちらか片方にジャッジするとすれば、小生の考えではマカヒキとなります。
週刊競馬ブックの予想印では、マカヒキ[◎=6名、○=3名]、キタサンブラック
[◎=3名、○=8名]となり、本命という意味合いからはマカヒキが相応しいこと。
何よりも、見出しに「マカヒキ」と書いてあるのが決め手です。


そんなマカヒキ。確かに、すべての競馬関係者の憧れである、日本ダービーを
勝った大看板です。しかし、馬場が合わなかった等の理由があるにせよ、凱旋
門賞を惨敗。そして、復帰戦の京都記念も3着敗退。同様にダービー後昔日の
面影のない、ワンアンドオンリーを想起させると言っては言い過ぎでしょうか?

2400m級の距離になると、若干の不安もあるそうですので、2000mへの距離短縮
は吉でしょう。今回、堂々と復活勝利を挙げる可能性も十分ありますが、1番
人気というローリターンでそれに賭けるのは、割が合わないと考えます。


やはり、ここで時間切れとなってしまいましたので、続きは明日にでも書く
予定です。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



高松宮記念の皮算用(3)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎17ナックビーナス
○6セイウンコウセイ
▲11スノードラゴン
以下△2,7,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

高松宮記念の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、前記事に引き続き高松宮記念の事前皮算用を行いたいと思います。
いつものように、過去10年の高松宮記念における、穴馬傾向についても見て
みましょう。

とはいえ、改装後の高松宮記念は過去5年分しかなく、サンプル数にいささか
不安があります。そこで、同じ中京1200mのG3CBC賞が、過去5回行われていま
すので、その傾向との合わせ技で算出してみたいと思います。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・2頭
  • 先行・・・1頭(うち1連対)
  • 差し・・・5頭
  • 追込・・・2頭(うち1連対)

先行馬がやや少ない嫌いはありますが、脚質別の有利不利はほぼなさそうです。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・2頭
  • 中枠・・・3頭(うち1連対)
  • 外枠・・・5頭(うち1連対)

極端な偏りではありませんが、それでも外へ行くほど有利と言えます。

ちなみに、高松宮記念だけの傾向では、(内・中・外)=(1・1・2)となっており、
これにCBC賞を足しての結果が上記の数字です。最終週の高松宮記念に対し、
CBC賞は開幕週。芝コースなので、傾向が大きく違いそうなものなのですが、
どちらも大差ないというのは面白いものです。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • トーキングドラム
  • ナックビーナス
  • スノードラゴン

外枠から2頭、中枠から1頭という形になりました。前者2頭は、外枠から素直
に選びました。後者は唯一中枠ですが、明日の雨予報が気になり、重馬場得意
の戦績を重視しての選択です。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

高松宮記念の皮算用

尾頭橋町内会長です。

今日も、ここ愛知県では風が強かったですね~。小生もその気がありますが、
花粉症の方には辛い天気だったと思います。ただ、朝晩は相変わらず冷える
ものの、昼間はまあまあ暖かくなってきました。結構前に東京で桜の開花宣言
が出ていたと思いますが、愛知県の桜便りも楽しみです。



さて、今週から春のG1戦線が再開。競馬の世界でも、いよいよ春本番です。
そんな今週のG1は、高松宮記念。拙ブログを書き始めたころは、地元唯一のG1
などと枕詞をつけていましたが、3年前からそうでなくなりました。それでも、
小生にとっては、やはり一番心躍るレースの一つであります。


まずは、今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想人気、
次の数字が、昨日発表された馬番です。

(1) 3 レッツゴードンキ
(2) 7 レッドファルクス
(3) 12 メラグラーナ
(4) 9 シュウジ
(5) 6 セイウンコウセイ
(6) 13 ソルヴェイグ
(7) 2 フィエロ
(8) 14 トーキングドラム
(9) 15 ヒルノデイバロー
(10) 11 スノードラゴン
(10) 18 ワンスインナムーン
(12) 8 バクシンテイオー
(12) 10 クリスマス
(12) 17 ナックビーナス
(15) 1 ティーハーフ
(15) 4 ラインスピリット
(17) 5 レッドアリオン
(17) 16 トウショウピスト


一昨年の桜花賞馬、レッツゴードンキが予想1番人気と算出されました。同馬
は前走、2月の京都牝馬Sを優勝し、これが件の桜花賞以来となる3勝目。ここ
だけ書くと、1番人気は疑問ですが、短距離重賞で好走を重ねており、昨年
後半以降の復調からしても、納得できないことはありません。

ただ、桜花賞馬ということで、必要以上に人気を被りやすいことも事実です。
また、レースで諸々不利があったとのことですが、スプリントG1で今一つだっ
たことも踏まえれば、いささか信頼性に欠けると思います。


残念ながら、ここで時間切れとなってしまいましたので、続きは明日にでも
書きたいと思います。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

スプリングSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎5エトルディーニュ
○11トリコロールブルー
▲10ウインブライト
以下△2,8,9です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

今回は、万馬券にとても届かない買い目になってしまいました。
◎は現状8番人気(出走11頭)ですので、穴馬券ではありますが・・・。

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

東日本大震災から6年に思う

2017/3/11の夕陽

尾頭橋町内会長です。

少し日にちが経ってしまいましたが、先日3/11、東日本大震災発生から6年目
を迎えました。改めまして、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
そして、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。


大震災発生から丸6年ということは、当時亡くなられた方々の七回忌に当たり
ます。残された方の心の持ちようにもよるでしょうが、一般に七回忌あたりに
もなれば、亡くなられた方を思い出す回数も少なくなってまいります。

そうした意味で、七回忌という習わしは、故人を思い出すにはよい頃合いなの
だと思います。そして、故人を思い出すということは、我が身を振り返ること
にもつながり、そうしたことを通じ、心の平安を保つことができるのかも知れ
ません。

ただ、先の大震災はあまりにも被害が大きく、すでに復興できた向きもあるで
しょうが、ニュース等で見聞きする限り、復興にはまだまだ道半ばです。福島
第一原発に至っては、廃炉まで30~40年掛かるそうですから、道半ばどころか、
入口に立てたのかさえよくわからない状態です。

復興という、(恐らく)あるべき未来に向け、このように道程はそれぞれです。
だからこそ、七回忌というマイルストーンで少しでも心の平安を取り戻すこと
は、また未来へ歩を進めるためにも、意味のあることだと思います。



さて、先の3/11は土曜日でしたので、中央競馬の開催日。この日14:46には、
開催各競馬場で黙祷が捧げられたそうです。

競馬において東日本大震災当時を振り返ってみると、大震災直後の3/12,13の
開催はすべて中止。中山・福島競馬場も被害を受けたため、春の中山開催は
震災以降中止。また、福島では同年の開催がすべて中止となりました。

中山競馬場は、同年6月に福島の代替開催という形で再開できましたが、福島
競馬場に至っては、再開は翌年4月開催までずれ込んだのです。他にも、WINS
新宿が建て替えに追い込まれる等の施設面、皐月賞が東京で行われる等の番組
面等々、甚大なる被害や影響がありました。


あれから6年。今年は、来月の大阪杯、12月のホープフルSと、新たに2レース
がG1に加わります。混乱の2011年からすれば、復興を超えたさらなる発展を
遂げています。

G1昇格については賛否あるようですが、大震災後の日々を思えば、まずは素直
に新たなるG1を迎えたいと思います。そしてもちろん、毎週当たり前のように
競馬を楽しめるという、この僥倖をかみ締めつつ、今週、そして来週以降も
皮算用に取り組みたいと思います。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

フィリーズレビューの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎10ラーナアズーラ
○15レーヌミノル
▲2アズールムーン
以下△9,16,17です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

弥生賞の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎2テーオーフォルテ
○7コマノインパルス
▲9ダイワキャグニー
以下△1,3,5です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

グランド・マザー・カレー2017

尾頭橋町内会長です。

今年もCoCo壱番屋では、冬期恒例の「グランド・マザー・カレー」が、限定
メニューとして提供されていました。過去形で書いたのは、今年の提供期間が、
残念ながら終了したからです。ちなみに、1/17(火)~2/28(火)の約1ヶ月半と
いう期間でした。


毎年書いておりますので、おわかりの方はおわかりでしょうが、小生、この
カレーが大好物であります。今季も、恐らく10回ほどいただいた気がします。

グランド・マザー・カレー1

バラ肉とごろごろのジャガイモが特徴のこのカレー、ネーミングから連想する
通り、どこか懐かしい味です。

グランド・マザー・カレー2



今年のトピックスとしては、新登場「グランド・マザー・カレー特製スパイス」
です。最近のCoCo壱番屋は、従来からあったとび辛スパイス以外にも、醤油や
甘口ソースなるものも店内に登場し、調味料を充実させているようです。この
スパイスも、そんな流れで開発されたと推測できます。

グランド・マザー・カレー特製スパイス

食べているときに小難しいことは考えたくないので、早速振りかけてみました。
適度に振りかければ辛過ぎることもなく、香ばしさが増す感じがしました。
単純に、おいしいと思います。甘口ソース・命、という方でなければおすすめ
です(期間が過ぎてしまったので、来年もあれば、ですが)。



グランド・マザー・カレーといえば、忘れてはならないのがイヤースプーン。
「創業39周年を迎えお客様に『感謝』の想いを込めてキャンペーンを開催」と
いう触れ込みですので、39周年に因み、やはりサンキューなのでしょうか。
イヤースプーン5種類を、各39,000本(計195,000本)のプレゼントだそうです。

グランド・マザー・カレーのメニュー

小生、今年は出足好調で、最初数回の突撃で、なぜか同じ"Handle gold"が2本
当たったのですが、

イヤースプーンHandle gold2本

その後1ヶ月ほどは鳴かず飛ばずに。終了直前に"Mirror style"が当たって、
計3本という成果でした。ネットで見ると、当選確率15%という試算もあるよう
ですから、もしそうなら御の字ですね。

イヤースプーン2種3本


何度も触れた通り、2017年のグランド・マザー・カレーは終わってしまいまし
たが、来年はCoCo壱番屋創業40周年。恐らく、2018年もグランド・マザー・
カレーが登場すると信じ、約1年は長いですが、楽しみに待ちたいと思います。

グランド・マザー・カレーの幟が立つ店先

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

3月のご挨拶

さくらTRAIN

尾頭橋町内会長です。

いつもご愛読いただいている方も、今回が初めての方も、ご覧いただきまして
ありがとうございます。


今年も「逃げる」ように2月は過ぎ去り、3月となりました。読者の皆様も、
ほぼ同じように感じていらっしゃるのではないでしょうか? 小生自身は、仕事
が繁忙期ということもあり、忙しさにかまけているうちに、気づけば月数だけ
がすげ変わったように感じております。

今日の当地愛知県は、予報よりも早く昼過ぎから雨が降ってきました。先月中
旬あたりは、積雪の日もあって寒さが続きましたが、暖かいとまでは言わない
にせよ、寒さは間違いなく緩んできました。今日の雨も、冷たい雨という感じ
ではないですね。

先月の初めに立春を迎えてからは、二十四節気でいえば、雨水、啓蟄(今年は
3/5)と、だんだん春めく呼び名になってきます。啓蟄の次は春分。春分の次は、
高松宮記念ですね(笑)。仕事は相変わらず繁忙期ですが、間もなく訪れる桜の
季節、そして春季G1を楽しみに、3月を乗り切りたいと思います。



さて、その競馬ですが、2017年いまだ片目すら明かずです。

先々週のフェブラリーSは、ニシケンモノノフに期待しましたが、14番人気5着
と健闘するも結果は残念でした。同馬が、残り2F付近で2馬身近く抜け出した
ときには、「ノリ! 残せ~!!」と声が出ましたが、やはり府中の直線は長い。
まあ、先行馬唯一の掲示板確保でしたから、予想的には満足です。

しかし、先週の阪急杯は、馬連万馬券出現にもかかわらず、情けない結果に
・・・。7番人気1着のトーキングドラムは、辛うじて押えたものの、4番人気
2着のヒルノデイバローは抜け。獲れなかったという結果はもちろんですが、
予想としてもダメダメでした。

ここまで参戦した8レース中、3レースで馬連万馬券が出現しているのですから、
気分的にはブルーであります。ですが、過ぎ去ったレースを悔やんでも、今更
馬券が取れる訳でもありません。次の万馬券出現の折には、獲り逃がさぬよう、
まずは納得のいく予想を積み重ねたいと思います。



ところで、冒頭の画像は、この時期名鉄が運行しているラッピングトレインで、
「さくらTRAIN」といいます。外装もそうですが、車内もこんな感じ。

さくらTRAINの車内1

さくらTRAINの車内2

受験シーズンも終盤となり、受験生の方はあと一踏ん張りだと思います。1人
でも多くの方が志望校に合格できるよう、小生も陰ながら祈念いたします。
(そもそも、拙ブログの読者様に受験生はいない??)


それでは、今月も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲