FC2ブログ

天皇賞(春)回避のお知らせ

尾頭橋町内会長です。

急用のため、本日の天皇賞(春)は勝負できなくなってしまいました。

皮算用を楽しみにしていた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。
また、来週よろしくお願いいたします。

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



天皇賞(春)の皮算用

尾頭橋町内会長です。

先日のフローラS、個人的には非常に悔しい結果に終わりました。軸馬選択が
最終的に二者択一となり、捨てた方の馬が優勝、拾った馬は16着でした。開幕
週の内枠は最大限警戒していたつもりだったのですが・・・。WINSに来ていた
馬友O氏と合流し、レース後はともにヤケ酒をかっ食らっておりました。

連敗自体はともかく、万馬券を逃し続ける状況に、なかなか今週こそはと意気
が上がりません。ですが、最近穴決着が頻発しているということは、万馬券が
発生しやすい場に入っていると信じ、今週も狙っていきたいと思います。



そんな今週の勝負レースは、天皇賞(春)です。春季G1も、先週は1週休みでし
たので、言わば後半戦の口開けとなるレースです。春天は、2012,16年と獲れ
ていますので、小生としては相性のよい一戦であります。


まずは、今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想人気、
次の数字が、昨日発表された馬番です。

(1) 15 サトノダイヤモンド
(2) 3 キタサンブラック
(3) 1 シャケトラ
(4) 6 シュヴァルグラン
(5) 16 レインボーライン
(6) 9 ディーマジェスティ
(7) 7 アルバート
(7) 12 ゴールドアクター
(9) 13 トーセンバジル
(10) 5 ファタモルガーナ
(10) 8 タマモベストプレイ
(10) 10 アドマイヤデウス
(13) 2 ラブラドライト
(13) 4 スピリッツミノル
(13) 11 プロレタリアト
(13) 14 ワンアンドオンリー
(13) 17 ヤマカツライデン


昨年の菊花賞、有馬記念を勝った、サトノダイヤモンドが予想1番人気と算出
されました。今回は、同馬とキタサンブラックとの「二強」との下馬評がもっ
ぱらですが、週刊競馬ブックの予想印からは、サトノが1番人気となります。

正直、小生の感覚でも、キタサンとどちらが1番人気になるかはわかりません。
ただ、初めての直接対決となった有馬記念では、上記の通りサトノが優勝して
いますので、この予想1番人気自体は納得がいきます。


ただ、この二強比較で話を進めれば、キタサンは現に昨年の春天で距離3200m
を克服していますが、サトノダイヤモンドは3000mまでしか経験がありません。
たった200mですが、これが影響しないとは限りません。

また枠順も、15サトノダイヤモンドに対し、3キタサンブラック。長距離だけ
に枠順の影響は少ないとの見方もできますが、逆に、G1だけに少しのロスが
命取りとも言えます。



では、いつものように、過去10年の天皇賞(春)における、穴馬傾向についても
見てみましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・0頭
  • 先行・・・3頭(うち2連対)
  • 差し・・・11頭(うち2連対)
  • 追込・・・1頭

逃げ・追込という極端な脚質はふるわないようですが、いつもの分母の話から
すれば、先行馬と差し馬はほぼ拮抗しているようです。むしろ、連対数を勘案
すると、先行やや有利とも見ることができます。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・10頭(うち3連対)
  • 中枠・・・3頭
  • 外枠・・・2頭(うち1連対)

これを内枠有利と言わずして、何を内枠有利と言うのでしょう。いろいろな
解釈はできますが、さすがに京都の開幕2週目。コース内側の芝状態も、まだ
十分に良好です。また、コーナー6回のレースだけに、外枠の距離損はやはり
大きいです。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • ファタモルガーナ
  • ラブラドライト
  • スピリッツミノル

何が何でも内枠狙いです(笑)。と言いますか、人気薄かつ内枠という条件を掛
けると、この3頭に絞られるのです。ここからどれを選ぶかは、これまた悩ま
しいところですが・・・。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

フローラSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎18ピスカデーラ
○12ディーパワンサ
▲14フローレスマジック
以下△4,5,9です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

皐月賞の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎12アメリカズカップ
○11アルアイン
▲16クリンチャー
以下△8,13,15です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

桜花賞の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎9ゴールドケープ
○14ソウルスターリング
▲15アドマイヤミヤビ
以下△4,16,18です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

桜花賞の皮算用

尾頭橋町内会長です。

4月も今日で早や1週間。月初めに行われた大阪杯からも、1週間ということに
なります。新設G1の最初の勝者は、1番人気キタサンブラック。2着に7番人気
ステファノスが入ったものの、まずまず平穏なレースで、穴党の小生は空振り
に終わってしまいました。


さて、今週のG1は桜花賞。当地愛知県の桜も昨日満開を迎え、今年はまさに
その名の通りのG1となりました。

まずは、今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想人気、
次の数字が、昨日発表された馬番です。

(1) 14 ソウルスターリング
(2) 15 アドマイヤミヤビ
(3) 6 リスグラシュー
(4) 16 ミスパンテール
(5) 8 カラクレナイ
(6) 12 アエロリット
(7) 1 ミスエルテ
(8) 2 ライジングリーズン
(9) 4 ジューヌエコール
(10) 10 レーヌミノル
(10) 13 ヴゼットジョリー
(12) 9 ゴールドケープ
(13) 5 ベルカプリ
(13) 7 ショーウェイ
(13) 11 アロンザモナ
(13) 17 ディアドラ
(13) 18 カワキタエンカ


昨年末の阪神JF勝者ソウルスターリングが、予想1番人気と算出されました。
阪神JFを勝った実績ももちろんですが、前哨戦のチューリップ賞も、順当に
勝利。その勝ち時計1.33.2は、この10年の桜花賞のどの勝ち時計よりも速い
そうで、予想1番人気は当然でしょう。

ただ、すでに出ている実オッズでは、単勝1.6倍と一本かぶりの状態。強いの
は認めるとしても、デビュー5戦目の3歳牝馬にここまでの支持を与えていいか
どうかは、やはり疑問です。


例によって(?)、ここで時間切れとなってしまいましたので、続きは明日に
でも書きたいと思います。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

新年度のご挨拶

4/1の寒緋桜

尾頭橋町内会長です。

いつもご愛読いただいている方も、今回が初めての方も、ご覧いただきまして
ありがとうございます。


まずは無事に新年度を迎えたということで、昨年度もご愛読いただきまして、
重ねてありがとうございます。すっかり、週1ブロガー(G1時期は週2)と化して
いる小生。ですが、以前に比べ伸びはやや緩やかなものの、変わらず回るアク
セスカウンターに、元気をいただいている次第であります。

以前にも増して筆の遅くなっている小生ですので、今後投稿数を劇的に増やす
とは、さすがにお約束しづらいところです。とはいえ、せっかくこうして発信
する場を持たせていただいている訳ですから、ちょっとした折に短文でも投稿
できたらと考えております。

いささか虫のいいお願いではありますが、今後とも拙ブログを温かく見守って
いただけますと幸いです。



さて、冒頭の画像は4/1に見かけた寒緋桜(かんひざくら)です。「寒」という
文字が示す通り、一般的なソメイヨシノと違って、3月ごろまでが開花時期だ
そうです。当地愛知県の4/1は、午前中雨に祟られた寒い1日でしたので、雨に
濡れた寒緋桜は、まさにこの日にお似合いでした。

雨に濡れた寒緋桜


ところが、その翌日である昨日4/2、競馬帰りに名古屋の桜の名所・鶴舞公園
へ行ってみると、こんな感じでした。

桜が五分咲きの鶴舞公園

さすがに満開とはいかないものの、五分咲きというところでしょうか。写す木
を選べば、こんなショットまで撮れました。

中にはほぼ満開の桜も

この木はほぼ満開。昨日は天候もよく、昼間は気温も上がったので、ピークと
まではいかないものの、鶴舞公園はなかなかの人出でした。

それにしても、わずか1日前には雨と寒さに震えて、いささか気分の重い年度
明けでした。それが、好天と五分咲きのソメイヨシノに、すっかり気分も回復。
天候やら見るものやらによって、人の気分はいとも簡単に変わる訳で、考えて
みれば面白いものです。



競馬の方は、気分晴れやかとはまいりませんね~。昨日の大阪杯は、2着に7番
人気ステファノスが突っ込んだものの、馬連は2,320円。JRAプレミアムがつい
ての配当ですが、何とも微妙な決着でした。

期待したディサイファは10着。人気よりは走ったものの、見せ場らしい見せ場
はありませんでした。穴馬傾向から先行策を期待したものの、実際には中団の
位置取り。切れる脚もないので、この時点でアウトでした。上記ステファノス
は、好位につけての結果だっただけに、この位置取りの差は残念でした。

2017年、未だ片目も明かずと厳しい状況ですが、幸い春季G1が始まり、気分は
悪かろうはずがありません。直近の桜花賞、皐月賞は小生の苦手レースですが、
どこかでいい巡りが来ると信じ、気長に穴狙いを続けたいと思います。


それでは、本年度も「尾頭橋町内会長の皮算用」をよろしくお願いいたします。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

大阪杯の皮算用(3)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎9ディサイファ
○5キタサンブラック
▲13ヤマカツエース
以下△4,7,14です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

大阪杯の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

前記事に引き続き、いつものように、過去10年の大阪杯における、穴馬傾向に
ついても見てみましょう。大阪杯は昨年までG2でしたが、時期や阪神2000mと
いう条件には変わりがありませんので、そのまま傾向を見ることにいたします。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・1頭
  • 先行・・・5頭(うち2連対)
  • 差し・・・5頭(うち2連対)
  • 追込・・・1頭

逃げ・先行馬と差し・追込馬がまったく同数となりました。差し・追込馬を
無視できる訳ではありませんが、いつもの分母の話から、逃げ・先行有利と
なります。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・5頭(うち1連対)
  • 中枠・・・3頭(うち1連対)
  • 外枠・・・4頭(うち2連対)

微妙に内枠有利にも見えますが、特記すべき傾向まではなさそうです。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • ディサイファ
  • ロードヴァンドール
  • モンドインテロ

前者2頭は、穴馬かつ逃げ・先行馬です。ディサイファは、G2では2勝を挙げて
いる実績馬。昨年は、安田記念、マイルCSとマイルG1に参戦しましたが、結果
はいずれも着外。一昨年末以来に得意の2000mに戻り、ここは期待が持てます。

ロードヴァンドールは、生きのいい4歳馬。重賞未勝利ではありますが、年初
に準オープンを卒業し、G3を4着→G2を2着と力をつけてきています。同馬も、
2000mは得意ですから、成長度に乗ってみる手はあります。

後者のモンドインテロは、差し馬からピックアップしました。今回のメンバー
には、マルターズアポジーに、先のロードヴァンドールと2頭の逃げ馬がいて、
これにキタサンブラックが絡めば厳しい展開も予想されます。モンドインテロ
は、長距離が主戦場だけに、スタミナ比べになれば浮上の余地があります。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲