FC2ブログ

天皇賞(秋)の皮算用(3)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎18シャケトラ
○2サトノクラウン
▲12ステファノス
以下△6,7,9です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



天皇賞(秋)の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

前記事を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • シャケトラ
  • サクラアンプルール
  • ディサイファ

狙おうとしていた馬が中枠に入ってしまい、残念ではあるのですが、めげずに
内・外枠から穴馬をピックアップいたしました。

今回も、穴馬傾向をもう少し深掘りしてみると、小生使用の某数値が低い馬の
好走は、極めて厳しいことがわかりました。前者2頭は、数値的には一応合格
点の範囲に入っています。

また、今日の東京・芝は良馬場で推移したのですが、降り続く雨にすでに稍重
まで移行しています。台風22号が近づく中、馬場の悪化はあっても好転はない
でしょう。後者は、その重馬場巧者として選びました。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

天皇賞(秋)の皮算用

尾頭橋町内会長です。

また台風、また週末ですか。皆様ご存知の通り、台風22号が先日発生しまたも
日本列島をうかがう様子です。一たび台風が発生すれば、その付近は引き続き
発生しやすい気象条件ですから、連続して発生、そして接近するのも道理では
あります。

現在の進路予報を見る限り、22号は日本の南海上を南岸に沿って進みそうで、
上陸しない可能性の方が高そうです。とはいえ、進路予報を見ても、週間天気
予報を見ても、週末の降雨はほぼ間違いないようです。


台風被害は困りますが、少なくとも競馬に関しては、先日の菊花賞同様穴党の
付け入る余地が出てきそうですね。先週の登録馬発表時点では、小生、あまり
気合が入りませんでしたが、俄然ヤル気が出てまいりました(笑)。

ということで、今週もG1事前皮算用であります。



まずは、今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想人気
です。出走馬確定は明日10/26ですが、除外対象馬等は割愛しておきます。

(1) キタサンブラック
(2) リアルスティール
(3) サトノクラウン
(4) ステファノス
(5) サトノアラジン
(5) ソウルスターリング
(7) マカヒキ
(8) ネオリアリズム
(9) シャケトラ
(10) グレーターロンドン
(11) ヤマカツエース
(12) ミッキーロケット
(13) カデナ
(13) サクラアンプルール
(13) レインボーライン
(16) ディサイファ
(16) ロードヴァンドール
(16) ワンアンドオンリー


G1・5勝馬、キタサンブラックが予想1番人気と算出されました。まあ、これは
メンバー中最上位の実績ですので、当然の予想人気でしょう。同馬は現在5歳
ですが、3歳秋のセントライト記念を勝って以来、G1・G2ばかりを走って12戦
[7-2-2-1]と素晴らしい成績。G1・5勝も、この7勝のうちに含まれています。


そのキタサンブラックの不安点を挙げるとすれば、一つはまさに今触れた成績
にあります。3歳秋のセントライト記念優勝以降ということは、約2年も好調が
続いたことになります。5歳秋を迎えて、力の衰えも気になりますが、むしろ
それより、長い好調期がどこまで続くかの方が心配です。

もう一つは、冒頭触れた週末の雨予報です。同馬は、重・不良馬場でのレース
経験はありませんが、2度の宝塚記念はいずれも稍重馬場。その2戦とも連対を
外しており、中でも今年の宝塚=前走では、9着に敗れました。天皇賞(春)での
レコード勝ちも考え合わせると、緩い馬場は苦手という危険性が高いです。

今回も蛇足ながらもう一つ。不安点はありつつも、今回のキタサンブラックは、
小生狙い目と思っておりました。前走敗れて人気落ちしつつ、今回は適条件に
戻るからです。ところが、先日発表された同馬の年内引退で、今回再び人気が
上がりそう。となれば、穴党的には前のめりになれません。



では、いつものように、過去10年の天皇賞(秋)における、穴馬傾向についても
見てみましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・1頭
  • 先行・・・3頭(うち1連対)
  • 差し・・・5頭(うち1連対)
  • 追込・・・1頭

いつもの分母の話からすれば、若干逃げ・先行馬が有利となります。とはいえ、
あくまで若干というレベルですから、脚質要因は参考程度に捉えた方がよさ
そうです。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・5頭(うち1連対)
  • 中枠・・・1頭
  • 外枠・・・4頭(うち1連対)

これは明らかに中枠不利。その理由は判然としませんが、今回の舞台となる
東京芝2000mは、スタート直後に2コーナーがある特殊なコースです。中枠馬は、
内外から挟まれて、不利になりやすいのかも知れません。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

菊花賞の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎9クリノヤマトノオー
○12ミッキースワロー
▲16アルアイン
以下△4,10,15です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

菊花賞の皮算用

尾頭橋町内会長です。

台風21号、どうやら嫌なコースを進みそうですね~。あの伊勢湾台風のようだ
という会話も、小生の身近で聞くほどです。なるほど台風の強さといい、進路
といい、調べてみると確かにそれを思わせるような台風です。

このままの勢力と進路を保てば、残念ながらある程度の被害は避けられない
かも知れません。それでも、少しでも被害が少なく済むよう願う限りです。


この台風、今週の菊花賞にもまず間違いなく影響することでしょう。接近の
タイミングが悪く、開催が延期になってしまうのは困りますが、進路予想と
にらめっこする限り、今のところは延期まではなさそうです。

となれば、重~不良馬場での競馬が予想され、穴党としては狙いごろのレース
になると期待が持てます。先週、史上初の重馬場となった秋華賞は、今一つ
荒れませんでしたが、2週連続の雨中競馬でどんな結末になるか楽しみです。



まずは、今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内が予想人気、
次の数字が馬番です。

(1) 12 ミッキースワロー
(2) 13 キセキ
(3) 16 アルアイン
(4) 8 サトノアーサー
(5) 11 サトノクロニクル
(6) 15 ダンビュライト
(7) 10 ベストアプローチ
(8) 5 トリコロールブルー
(9) 2 ウインガナドル
(10) 4 クリンチャー
(10) 6 マイネルヴンシュ
(10) 14 ポポカテペトル
(13) 1 ブレスジャーニー
(13) 17 プラチナヴォイス
(15) 3 スティッフェリオ
(15) 7 アダムバローズ
(15) 9 クリノヤマトノオー
(15) 18 マイスタイル


前哨戦のセントライト記念を勝った、ミッキースワローが予想1番人気と算出
されました。同馬は、春のクラシック戦線には乗れませんでしたが、夏を越し
てのG2勝利。それも、休み明けとはいえ皐月賞馬のアルアインを下してのもの
ですので、人気になるのも道理でしょう。


ただ、ミッキースワローに関しても、やはり不安点は存在します。一つは距離
経験。同馬は、デビュー以来2200mまでしか距離経験がありません。ダービー
出走馬は、当然もう1F長い2400mまで距離経験があり、他にも2600mまで走った
馬もいる中で、3000mという距離を考えると、1~2Fの差とはいえ不安です。

もう一つは、すでに降り続く雨。同馬は、前走上り33.4秒という切れ味で差し
切りました。これはメンバー中でも上位の上りで、同馬の大きな武器でしょう。
しかしこの武器は諸刃の剣で、雨でレース上りが36~37秒台にでもなれば、
良さが全然生きてきません。

蛇足ながらもう一つ書けば、今回は皐月賞馬がいるものの、日本ダービーの
上位3頭が不在と低調なメンバー。前々日オッズでは、1番人気(アルアイン)の
単勝が何と7.1倍。こんな状況では、そもそも今回の上位人気自体が信頼でき
ないと言わざるを得ません。



では、いつものように、過去10年の菊花賞における、穴馬傾向についても見て
みましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・1頭
  • 先行・・・2頭(うち1連対)
  • 差し・・・6頭(うち2連対)
  • 追込・・・1頭

これこそ満遍ない分布で、残念ながら脚質傾向はなさそうです。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・5頭(うち2連対)
  • 中枠・・・4頭(うち1連対)
  • 外枠・・・1頭

こちらは明らかに外枠不利の傾向です。長距離戦らしく、コーナー6つとなる
レースですので、外々を回ってはロスが大きいのでしょう。内・中枠の差異に
ついては、何とも言えないところです。今日のレース結果で、傾向が見出せる
ようなら、それを加味するというスタンスで行きたいところです。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • クリンチャー
  • マイネルヴンシュ
  • クリノヤマトノオー

スプリンターズSのとき、枠順傾向に反した禁じ手を打ち、やはり裏目に出ま
したので、今回は素直に外枠(具体的には7,8枠)を消しました。

それでも穴馬候補が6頭ほど残るので、穴馬傾向をもう少し深掘りしてみると、
前走トライアル組に対し、条件戦組が頭数で拮抗していたのです。今回の出走
馬の前走を見ると、

  • 条件戦・・・4頭
  • トライアル・・・12頭
  • その他重賞・・・2頭

となり、割合からは条件戦組有利と判断できます。後者2頭は、そんな中から
選びました。

前者については、というより後者2頭も同様ですが、不良馬場も想定される中、
血統的に重馬場適性のありそうな馬を選んでおります。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

秋華賞の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎5ブラックスビーチ
○14ディアドラ
▲17ポールヴァンドル
以下△1,4,8です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

毎日王冠の皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎5ヒストリカル
○4アストラエンブレム
▲1ソウルスターリング
以下△3,9,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

スプリンターズSの皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎15シュウジ
○8レッドファルクス
▲9メラグラーナ
以下△1,3,11です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲