FC2ブログ

チャンピオンズCの皮算用

尾頭橋町内会長です。

先週は事前皮算用をアップできず、もしご覧いただこうとした読者様がいらっ
しゃいましたら、申し訳ございませんでした。小生自身も、先週は予想時間が
なかなか取れず、追い込まれた状況での買い目決定でした。

結果本命決着で、穴党にとっては最初から答がなかった訳ですが、そもそも
やっつけで買い目を決めても、当たる訳がないですね。ちなみに、小生本命
サウンズオブアースは、実績を考えればなかなかおいしい人気でしたが、勝ち
馬から1.5秒差と、人気通りの惨敗でした。

あっ、それでも相手は何と着順通りでしたから、やっつけで予想するのもたま
には「アリ」かも知れませんね。



さて、先週の反省、というより愚痴はこのぐらいにして、今週は中京。今年も
クリスマスソングが街中に流れる中、我々の地元開催がやってまいりました。
となれば、第4回中京競馬唯一(?)の呼び物、G1チャンピオンズCであります。

今年の出走馬16頭中、G1(Jpn1)馬は6頭で、豪華メンバーとまでは言わないに
せよ、ちゃんとしたメンバーは揃ったと思います。それだけに、本命決着の
危険性(笑)は結構高そうなものの、一昨年は馬連万馬券が飛び出しているので、
穴馬出現の期待は十分可能です。


いつものように、まずは今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。
( )内が予想人気、次の数字が本日発表された馬番です。

(1) 14 サウンドトゥルー
(2) 11 アウォーディー
(3) 13 テイエムジンソク
(4) 2 ケイティブレイブ
(5) 12 カフジテイク
(6) 1 コパノリッキー
(7) 7 ロンドンタウン
(8) 15 アポロケンタッキー
(9) 4 ノンコノユメ
(9) 9 ゴールドドリーム
(11) 8 グレンツェント
(12) 3 ミツバ
(12) 6 モルトベーネ
(12) 10 キングズガード
(15) 5 メイショウスミトモ
(15) 16 ローズプリンスダム


昨年のチャンピオンズC優勝馬、サウンドトゥルーが予想1番人気と算出され
ました。同馬は、前走JBCクラシックも勝っており、この予想人気は至極順当
なところでしょう。


そんなサウンドトゥルーの不安点を挙げるとすれば、まずは脚質。今回の舞台
となる中京ダート1800mは、先行有利がほぼ定説となっております。昨年優勝
時も後方2番手を進んだように、同馬は差し・追込脚質。何かに足元をすくわ
れる危険性は常にあります。

その脚質とも関係するのですが、昨年は、すべてがうまく噛み合った印象が
あります。レース映像を見ると、8番枠からうまく内に潜り込み、コースロス
を抑える競馬。直線ではやや強引に外に持ち出し、そこから切れ味を活かして
突き抜けました。今年は14番だけに、外を回して同じ競馬ができるでしょうか?

あと一つ、チャンピオンズCとなって3年、7歳以上は一度も連対していないの
です。掲示板までに広げても、初年度の5着ワンダーアキュート(当時8歳)が
唯一の例です。このところ、競走馬がより高齢まで力を発揮できるようになっ
てきたものの、気になる事実ではあります。


さて、小生そろそろ眠くなってまいりました(笑)。集中力も切れてきました
ので、本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
スポンサーサイト



ジャパンCの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎5サウンズオブアース
○1シュヴァルグラン
▲2レイデオロ
以下△4,8,12です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

マイルCSの皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎6ダノンメジャー
○12イスラボニータ
▲11エアスピネル
以下△2,3,5です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

マイルCSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

寒くなりましたね~。ここ愛知県(名古屋)の今朝の最低気温は、今季最低だっ
たそうで、なるほど寒いはずです。鍋だ、ラーメンだと、温かいものが食欲を
そそり、とはいえまだ秋ですから旬の食材も豊富で、これまた食欲をそそって
しまいます。脂肪の貯蓄に気をつけなくては・・・(笑)。

そんな脂肪の増える時期ではありますが、小生の懐の方はと言えば、増える
どころか「JRA銀行」への積立預金が止まりません。先日のエリザベス女王杯
でも苦杯をなめ、遂に丸1年の連敗を達成してしまいました。

こんなときでも、今週こそは的中をと意気込んでいては、大体ロクなことは
ありません。JRA銀行のATMの調子が悪いぐらいに考えて、今週も焦らずマイ
ペースに、穴馬探しを楽しみたいと思います。



さて今週のG1は、マイルチャンピオンシップ(マイルCS)です。今週もそれなり
に実績馬は出走しますが、G!馬は4頭、さらに複数回勝った馬は内1頭(2回)と、
やや低調なメンバーであることは否めません。故に、穴馬出現のチャンスでは
ありますが、いざ馬連万馬券を狙おうとすると、ハードルは低くなさそうです。

そうした状況だけに、下馬評はやはり混戦模様。本命党の方々は、馬券の組み
立てに苦労しそうですね。こんなときこそ、穴党の腕の見せ所と信じ、皮算用
を繰り出してまいりたいと思います。


いささか前置きが長くなりましたが、まずは今回もG1恒例小生算出予想人気を
公開いたします。( )内が予想人気、次の数字が本日発表された馬番です。

(1) 11 エアスピネル
(2) 12 イスラボニータ
(3) 7 レッドファルクス
(4) 5 サトノアラジン
(5) 18 ペルシアンナイト
(6) 4 サングレーザー
(7) 8 マルターズアポジー
(7) 10 クルーガー
(9) 13 グランシルク
(10) 9 レーヌミノル
(10) 16 ウインガニオン
(12) 14 ガリバルディ
(13) 1 ブラックムーン
(13) 2 アメリカズカップ
(13) 3 ヤングマンパワー
(13) 6 ダノンメジャー
(13) 15 ムーンクレスト
(13) 17 ジョーストリクトリ


前哨戦の1つである富士Sを優勝した、エアスピネルが予想1番人気と算出され
ました。同馬は、4歳となった年初からマイル路線を歩んでいますが、昨年の
牡馬クラシックでは、4,4,3着と常に好走してきました。G1優勝はないものの、
そうしたバックボーンと、前哨戦勝利の調子の良さから、然るべき人気です。

その上驚いたのは、ムーア騎手への乗替。1週前の段階では、武豊騎手の予定
だったのですが、例のスキャンダルの件、というよりは先週の落馬の影響なの
でしょう。とはいえ、世界的名手の1人であるムーア騎手が、その1週前段階で
空いていた訳ですから、乗替の是非を問われれば、小生は是と考えます。

ちなみに、上記予想人気は、月曜発売の週刊競馬ブックの予想印から算出して
いますので、この乗替は反映しておりません。いや、うがった見方をすれば、
競馬ブックはこの乗替を予想していたのかも・・・??


そんなエアスピネルの不安点、最大のものはやはり実績不足でしょう。3歳時
は、距離適性今一つのクラシック路線を歩んだから、というのは確かに理解
できますが、それでも、G1未勝利は未勝利。低調なメンバーながらも、G1で
1番人気の重責を背負うのは、荷が重いように思えます。

もう一つは、優勝した前走富士Sは、不良馬場だったということです。同馬は、
春のマイラーズCで1/2馬身差敗れたイスラボニータを、富士Sで逆に2馬身ちぎ
り捨てました。不良馬場で強かったということは、今回予想される良馬場では、
いつもの決め手不足や、詰めの甘さを見せかねません。



では、いつものように、過去10年のマイルCSにおける、穴馬傾向についても
見てみましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・2頭(うち1連対)
  • 先行・・・2頭(うち1連対)
  • 差し・・・6頭(うち1連対)
  • 追込・・・1頭

いつもの連対馬の話、また連対数を勘案しても、逃げ・先行馬有利と見るべき
です。もちろん、上記割合的に差し・追込馬無視は危険ですが、優先すべきは
前の組でしょう。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・6頭(うち1連対)
  • 中枠・・・3頭
  • 外枠・・・2頭(うち2連対)

これは内枠有利ですね~。外枠の2頭とも連対は気になりますが、やはり優先
順位は、内枠ということになります。



以上を踏まえて、現時点における、小生の注目馬を挙げておきます。

  • アメリカズカップ
  • ヤングマンパワー
  • ダノンメジャー

今回の選択理由は単純で、上記穴馬傾向通りに内枠の先行馬を選んだところ、
この3頭になった次第です。逆に言えば、ここから本命馬を選び出すのは難し
そうですが・・・。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

エリザベス女王杯の皮算用(2)

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎18エテルナミノル
○16ヴィブロス
▲11ディアドラ
以下△5,7,17です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

エリザベス女王杯の皮算用

尾頭橋町内会長です。

11月も2週目に入り、クリスマスツリーの点灯式といったニュースも聞こえる
ようになりました。昨今の商戦は、ハロウィーンを過ぎればクリスマスとなる
訳ですが、そういった商戦もまた一つの風物詩。今年も、気忙しい季節を迎え
つつあるのは、確かなようです。

そんな時期、競馬の方は中1週のインターバルを経て、今週からは、年末まで
休みなくG1が続きます。今週、秋季G1後半戦のスタートは、エリザベス女王杯
です。



早速ですが、まずは今回もG1恒例小生算出予想人気を公開いたします。( )内
が予想人気、次の数字が本日発表された馬番です。

(1) 16 ヴィブロス
(2) 12 スマートレイアー
(3) 17 ルージュバック
(4) 10 ミッキークイーン
(4) 11 ディアドラ
(6) 5 モズカッチャン
(7) 7 クイーンズリング
(8) 6 リスグラシュー
(9) 4 クロコスミア
(10) 13 ジュールポレール
(11) 1 クインズミラーグロ
(12) 2 ハッピーユニバンス
(12) 3 トーセンビクトリー
(12) 8 タッチングスピーチ
(12) 9 デンコウアンジュ
(12) 14 ウキヨノカゼ
(12) 15 マキシマムドパリ
(12) 18 エテルナミノル


昨年のG1秋華賞、そして今年のG1ドバイターフを優勝した、ヴィブロスが予想
1番人気と算出されました。同馬は、今触れた通りG1・2勝馬であり、この実績
は出走馬中最多タイ。うち1勝は、牡馬相手、それも海外というアウェーでの
勝利ですから、価値は絶大です。この予想人気も当然と言うべきでしょう。

また、同馬の全姉は、G1ヴィクトリアマイルを2勝したヴィルシーナですから、
血統背景も十分過ぎるほどです。蛇足ながら、そのヴィルシーナ同様、同馬の
馬主も、大魔神こと佐々木主浩氏であります。


そんなヴィブロスの不安点を当たるとすれば、初距離と折り合い不安という
ことになります。同馬は2000mまでしか距離経験がなく、たかだか1Fの差では
ありますが、未踏の距離です。

初距離となった理由は、それと裏腹な折り合い不安が推測されます。優勝した
秋華賞でも、かなり折り合いを欠いてのものですから、そこから約1年で成長
を見せてはいても、出たとこ勝負ということは確かです。



では、いつものように、過去10年のエリザベス女王杯における、穴馬傾向に
ついても見てみましょう。

脚質別では、次のようになりました。

  • 逃げ・・・2頭(うち1連対)
  • 先行・・・2頭(うち2連対)
  • 差し・・・6頭
  • 追込・・・0頭

連対馬の分布も考え合わせれば、明らかに逃げ・先行有利です。ただ、今年は
10月がご存知の通り雨続き、極悪馬場での競馬続きでした。先週からBコース
に変わった京都・芝ですが、先週もあまり前残りは見られませんでした。今回
は、例年と違う傾向になるかも知れませんね。

一方、枠順ではこの通り。

  • 内枠・・・1頭
  • 中枠・・・6頭(うち3連対)
  • 外枠・・・3頭

いつも枕詞に付けてしまうのですが、「なぜか」中枠が有利です。18頭フル
ゲートになることも多く、揉まれやすいことによって、内枠の成績がよくない
のかも知れません。


本日のところは、以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲

みやこSの皮算用

尾頭橋町内会長です。

早速、今週の穴馬券です。

◎2サルサディオーネ
○4トップディーヴォ
▲15エピカリス
以下△3,5,16です。

馬連◎-○▲厚めに△3頭
馬連◎-総流し

以上です。

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲