FC2ブログ

天皇賞(秋)ツアー(2) ~天覧競馬の日~

尾頭橋町内会長です。

今日の愛知県は、11月としてはそれほど冷え込まず、昼間もまあまあの暖かさ
でした。しかし、この陽気は取りも直さず雨の予感で、明日の女王杯は、雨中
の決戦になるのでしょうか? エリザベス女王杯が良馬場以外で行われれば、
何と1979年の第4回以来ということになります。


さて、少し日にちが開きましたが、今回は秋天ツアーの話の続きです。

前日「福はうち」でしこたま飲んだこともあり、さすがに朝早くには起きられ
ませんでした。ということで、府中で宿泊したにもかかわらず、東京競馬場へ
は9時ごろの到着。

この日の天気は、午後から崩れそうな予報。ですが、朝のうちは傘も不要で、
また曇りがちということで冷え込みもあまりなく、競馬場への道程はまずまず
気持ちのいいものでした。

東京競馬場正門付近

ぴったり閉じられた東京競馬場の正門。門に飾られた装飾も立派です。この後、
あのやんごとなきお方はここを通られるのでしょうか?

東京競馬場の正門

本日の記念入場券を購入。考えてみれば、余分に買わない限り、半券付きの
状態は入場するまでのものです。入場券の絵柄は、当然ながら昨年の勝ち馬
トーセンジョーダン。今年も小生の軸馬がこうなることを願いつつ、入場
いたしました。

近代競馬150周年記念 第146回天皇賞記念入場券



G1、それも秋天当日ですので、9時の到着ではやはり席は埋まっていました。
上記の通り空模様も怪しかったので、屋外観戦は諦めて、屋内に席を確保。
このあたりでちょうどタイミングよく、馬友U氏と合流いたしました。

ちなみに、確保した場所は、この日行われていたヱヴァンゲリヲンのイベント
がちょうど見える場所でした。イベントに来ていた人数をざっと見ても、どれ
ほどの集客効果があったかは疑問ですが、イベントで集客すること自体は悪い
ことではないと思います。ただ、投資効果があるのかどうか・・・。

ちなみに、イベントの画像は全然撮っておりませんでした。ヱヴァンゲリヲン
に興味がないということもありますが、正直、現場ではバタバタだったのです。

大体ご想像がつくかと思いますが、

福はうちでしこたま飲む
→ 宿でバタンキュー
→ 早起きもできず
→ 結局宿で予想できず
→ 現場で予想に忙しい

といった次第。ただの飲んだくれですね。

もっとも、こういうパターンは何も今回に限ったことではなく、いつもの遠征
の過ごし方です。小生、現場では飲んだりせず、結構ストイックに競馬に取り
組むのですが、その分競馬の前後は全然ストイックではありません。予想
ばかりしていたら、せっかくの遠征が楽しくなくなってしまいますから。

まあ、こういうこともすべて含んだ上での旅打ちと思っています。



ということで、10時台になってようやく予想にエンジンが掛かり始め、

昼食をはさんで、

昼食のカツカレー

食後に馬場側へ出てみると、早くも午前中に雨が降り始めたようです。午後
から本降りになれば、馬券的に面白いことになるかも、と小生楽しみになって
きました。

昼休みの馬場前


さらに予想を続け、ようやく一段落したころには15時近くになっていました。
このころになると、秋天出走各馬がパドックで周回を始めています。パドック
派の馬友U氏は、人込みをかき分けてパドックを見に行きました。パドック派
ではない小生は、定位置でマークシートを塗ったりして留守番です。

・・・U氏が戻ってきました。小生が様子を聞くと、第一声で、

「エイシンフラッシュが絶好に見えた」

絶好とまでは言わなかったかも知れませんが、本当にこういう一言でした。
小生の記憶によれば、エイシンフラッシュは元々パドックでよく見せるタイプ
の馬ですが、結果を見れば、馬友U氏の慧眼には恐れ入ります。ですが、その
時点では当然結果を知る由もありません。


戻ってきたU氏と入れ替わりに、小生は馬券購入へ。日が日だけに当然投票所は
混み合っていましたが、少しでも空いた発売機を探してウロウロ。すると、
とある張り紙が貼ってある発売機を見つけました。

そこで購入した馬券がこちら。

近代競馬150周年記念・メモリアル投票券 表面

近代競馬150周年記念・メモリアル投票券」です。表面には、このように
今年おなじみの近代競馬150周年記念のロゴが入っています。

裏面はというと、

近代競馬150周年記念・メモリアル投票券 裏面

有名な馬のイラストが入っていました。後で調べると、顕彰馬のイラストなの
だそうです。

こちらの馬券、10/27,28という日付限定、また当日も発売機限定だったそう
です。小生、こういうことはまったく調べずに府中を訪れたのですが、秋天
突撃のよい記念になりました。



さて、馬券も購入し、ようやく馬場へ突撃です。

馬場前へ出てみると、この日のイベントで「伝統馬事芸能」の紹介が行われて
いました。こちらは、岩手県の「チャグチャグ馬コ」です。

チャグチャグ馬コ

馬場へ出たころには眼前を通り過ぎた後でしたが、福島県の「相馬野馬追」も
登場していました。

相馬野馬追

ただ、このイベントはあくまでも馬事芸能の「紹介」で、実演がなかったのは
残念でした。本馬場内で、それも秋天発走前の短い時間でのイベントですから、
仕方がないといえばその通りなのですが。

それでも、この日来場されていた、やんごとなきお方は、いつものしぐさと
表情で拍手を送られていました。あっ、画面越しとはいえ、小生皇族を間近で
見たのは初めてです。

伝統馬事芸能に拍手される両陛下


イベントが終わり、いよいよ天皇賞(秋)の発走。

G1ファンファーレを演奏する航空自衛隊航空中央音楽隊

あいにくの雨混じりの天候のためか、立錐の余地がないというほどではあり
ませんでしたが、

秋天発走直前の馬場前1

振り返ると、やはりG1。相当な観客の熱気です。

秋天発走直前の馬場前2

スタートが切られ、予想通りシルポートが引っ張る展開。向正面~3,4角では
馬群を大きく引き離して、観客を沸かせましたが、

大逃げするシルポート

直線お約束通り馬群に沈みました。

小生が期待したトランスワープは、中団を回っていたのですが、こちらも直線
馬群に飲み込まれ、姿を見失ってしまったほど。結果は、何とも残念なことに
ブービー負けでした。



ご存知の通り、優勝したのは一昨年のダービー馬エイシンフラッシュ。その
日本ダービー以来の勝利が、この秋天でした。

秋天優勝馬 エイシンフラッシュ

鞍上のミルコ・デムーロ騎手、天皇・皇后両陛下の前でどうするのかと皆が
興味を持って見ていると、馬上から降りて拝礼。これには、満場の観客も、
もちろん小生も拍手を送りました。

両陛下に拝礼するM.デムーロ騎手

以前の天覧競馬では、松永幹夫騎手が馬上から深々と拝礼する姿が感動を呼び
ましたが、さすが世界を股に掛けるM.デムーロ騎手。感動ももちろんでしたが、
実に画になる男だと感じた次第です。


両陛下がご退場になり、

天皇・皇后両陛下のご退場

あとはいつもの口取りと表彰式でした。

エイシンフラッシュの口取り

そんな表彰式を、小生は呆然としながら見ておりました。ということで、馬券
の結果ですが、小生は皮算用の通り購入し、ここまで述べてきた通り完敗。
パドックでエイシンフラッシュの好調を見抜いた馬友U氏に期待したのですが
・・・、最後に同馬を外してしまったそうで、こちらも残念な結果でした。



表彰式の後は、

府中競馬正門前駅への通路

いつもの通り新宿へ移動して、競馬打上げでした。

生ビール

突撃したのは、今回も新宿西口の「てけてけ 新宿総本店」。看板メニューの
「博多水炊き」をいただきつつ、

博多水炊き1

博多水炊き2

調子に乗っていろいろ注文したら、小さめのテーブルが料理で一杯になって
しまいました。

料理で一杯のテーブル


打上げを終えて、小生は東京駅へ。丸の内駅舎の復原工事が完成したばかり
でしたが、

東京駅丸の内駅舎保存復原完成のポスター

時間にそれほど余裕もなく、若干雰囲気を味わった程度で新幹線ホームへ。

東京駅新幹線ホーム

「みかんアイス」を食べながら、帰宅の途に就いたのでした。

みかんアイス

▲「尾頭橋町内会長の皮算用」トップページへ戻る▲
関連記事
スポンサーサイト



Comment

いよ!旅打ち

旅打ちの醍醐味は、馬券の結果より、飲んで騒いでウマ友との語り合いだと思います。
楽しそうな様子が伝わってきますよ。
私は、東海公営と中京で今年は終わってしまうようです。ダカラ「小旅打ち」ばかりです。(笑)

2012.11.25 (Sun) | 競馬若 #- | URL | 編集

Re: いよ!旅打ち

> 競馬若さん

コメントありがとうございます!

確かに、現地でなくては味わえないこととして、現場の臨場感も大切ですが、
馬友との語り合いがあった方が遥かに楽しめるし、記憶にも残ると思います。
もっとも、小生の場合的中率が低く、なかなか楽しみと馬券が両立しないの
ですが(苦笑)。

小生、今年は旅打ちの機会が結構多かったので、あとは来週からの中京で細々
と楽しみたいと思います。

2012.11.26 (Mon) | 尾頭橋町内会長 #- | URL | 編集

Post comment

Secret